IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

感謝の気持ちの伝え方|贈り物の選び方・感謝の気持ちを伝えるコツ

ライフスタイル

社会人、学生など関係なく、相手に感謝の気持ちを伝えるというのはとても大事なことです。相手の手をわずらわせてしまった時、親切にしてもらった時など、感謝するだけでなくちゃんと感謝の気持ちを伝えることが重要です。今回は感謝の気持ちの伝え方を紹介します。

更新日時:

感謝の気持ちの伝え方

直接言葉で伝える

常日ごろの感謝の気持ちを伝える方法として、言葉はとても重要で手っ取り早いツールと言えるでしょう。逆に言えば、どんな伝え方をするにしても、言葉が基本となっていると言えます。かしこまった形式で伝えるのも重要ですが、ちょっとした節目のタイミングで感謝の気持ちを伝えるようにしておくと、お互いにとってより良い関係を今後も続けていくことが出来ます。これは家族や恋人、友人のようなごく近しい関係であってもそうですし、仕事で関わるような相手であっても同様です。 いくつかフレーズの例をピックアップしてみましょう。たとえば、「おかげさまで助かりました」というお礼の言葉は、幅広いシーンに取り入れることが出来る表現です。極端なことを言えば、デパートで買い物をするとき、売り場が分からないあなたに対応してくれた店員さんに対して使うことが出来る言葉でもあります。相手の名前が分からず、これまでの関係性もないような相手の手助けによって、あなたが救われることは多々あるでしょう。ちょっとしたタイミングで、「ありがとう」「おかげさまで助かりました」という言葉を贈ることが出来ると、お互いに気持ち良く分かれることが出来ます。 「○○さんのおかげです」といった表現も、感謝の気持ちを表すには効果的です。前述したような店員さんに使うこともできますし、長くお世話になった仕事関係の人に感謝の気持ちを伝える言葉としても取り入れることが出来るでしょう。ずっと面倒を見ていてくれた上司、困難を共に乗り越えて来たチームのスタッフ、良い取引が出来た相手先の担当者など、色々な相手と日々ふれあい、感謝の気持ちを述べるシーンがあるでしょう。「ありがとうございます」は基本ですが、「この結果を出すことが出来たのも、○○さんのおかげです」と言われれば、相手も「頑張って良かった」「力を尽くした甲斐があった」と感じることが出来ますし、今後のエネルギーやモチベーションに繋げていくことも出来るはずです。特に、相手の名前を呼ぶことによって、親密度をアップさせることが出来ますし、より心に響く感謝の気持ちに変換することが出来るのです。 かしこまったシーンであれば「恩に来ます」「足を向けて眠れません」といったフレーズも、深い感謝の気持ちを伝えるのにおすすめです。気軽に伝えるお礼の気持ちだけではなく、よりしっかりとした重みのある表現になります。ただし、相手やシチュエーションによってはふざけた雰囲気になってしまうこともありますから、厳かさは忘れないようにしたいところです。

手紙を書く

手紙は感謝の気持ちを伝えるのにぴったりのツールです。今はメールや電話などのツールが発達していますから、わざわざ筆をとり、手紙を書くこともなかなかありません。迅速な連絡事項であれば、むしろそちらの電子形態の方が、スムーズかつ的確で、トラブルも極力少なくお互いの意思疎通をすることが出来ます。感謝の気持ちも、手紙より早く相手に伝えることは出来るでしょう。 しかし、手紙を書くという手間暇をかけること自体が、相手に対して感謝の気持ちを伝える意味を持って来るのです。手書きでもプリントでもこれは同じことです。紙を選び、文字を尽くして、相手に感謝の気持ちをつづり、それをポストに投函するという手間や時間をかけたというところから、既に感謝の気持ちをたっぷりこめられているというわけです。 手紙を書く上では、言葉遣いはもちろんのこと、便箋や封筒、はがきの正しい使い方も必須になります。マナーにのっとって手紙を出すことも、感謝の気持ちを伝える大切なポイントとになっていることを忘れないようにしましょう。季節ごとに適した絵柄の便箋や封筒を選んだり、宛名を正しく書くようにしたり、時世の挨拶にこだわったりして、風情を込めるのも手紙ならではの魅力だと言えるのです。手紙は出産祝いの返信や、栄転後のお礼など、かしこまったシーンでも取り入れることが出来ます

プレゼントを用意する

お礼を伝える上で、最も大切なのはもちろん感謝する気持ちそのものですが、その気持ちをより分かりやすく相手に伝えるためには、プレゼントも有効な手段です。相手が喜ぶものを選んで贈るということは、古くから感謝の気持ちを伝えるためにとても重要な方法のひとつなのです。プライベートはもちろん、ビジネスシーンにおいても、相手に合わせたプレゼントを贈ることは、お礼の伝え方として定評があります。むしろ言葉だけの感謝の気持ちでは、失礼にあたってしまうシーンもあるので気を付けましょう。 商品券やギフトカードなどの金券類は、幅広いシーンで使用できるお礼の品物です。やはり色々な場所で使用しやすいため、相手の好みが分からないときにも便利です。ビールギフトや図書カード、自治体限定の商品券など、相手にニーズに更に合わせた金券類も人気があります。ただの金一封を包むよりも失礼がなく、プレゼントとしての形も取りやすいです。ラッピングにこだわったり、相手がよく使うタイプのギフトカードを用意したりすると良いでしょう。映画の鑑賞券や特定のチェーン店で使える金券などは喜ばれる傾向があります。ベビーギフトなども定番です。 食べ物も幅広い層に対応できるプレゼントです。感謝の気持ちを伝えるための特別なギフトもたくさん売られていますし、四季折々のネタも取り入れやすいため、選択肢が豊富でしょう。賞味期限が長いものを選べば、相手の負担にもなりにくいです。 アルコール類も、昔から感謝の気持ちを伝えるプレゼントとしては長く人気があります。ビールセットなどはお客さんに出すことも出来るので、特別ビール好きの人ではなくても喜ばれる傾向にありますし、もちろんお酒が好きな相手にはぴったりのギフトです。日本酒や焼酎、ワインなどは銘柄のこだわりも反映できますから、アルコール仲間などにもプレゼントしやすいと言えるでしょう。値段も幅広く、複数種類をセットにするという方法もあるので、予算に合わせた品物をゲットできるというメリットもあります。 軽いご挨拶程度のお礼であれば、タオルやせっけんなども人気があります。理想は相手にアレルギーがないことを確認しておくことや、苦手な香りがない確認した上でのプレゼントですが、なかなかそうもいかないことが多いため、無理なく万人受けしやすいものをチョイスすると良いでしょう。引っ越しのご挨拶でタオルや手ぬぐいを配ることがありますが、のしをつけたり、魅力的な柄をチョイスしたりすると、プレゼント感をぐっとプラスすることが出来ます。近年はオリジナルの柄や、名前を入れられるサービスなども展開されています。

パーティーや会食をする

食事の場を用意することは、感謝の気持ちを伝える方法のひとつとして人気があります。お互いに時間を共有することが出来るので、気持ちの摺合せがしやすいのです。感謝の気持ちを伝える相手を食事に招待する楽しみがあります。母の日や父の日に、小さな子どもが頑張って食事を作るのと同じで、とっておきの食事を食べてもらうというのは、心からの感謝を伝えるとても重要な方法なのです。 自宅でホームパーティーをするのも良いですし、会食の場をセッティングするのも良いでしょう。いつもより少し良いレストランを予約するのもおすすめです。また、特別金額が高くなくても、特別感が出やすいメニューは良いでしょう。焼肉やなべ物など、記念日などに取り入れやすいオーダーもおすすめです。

感謝の気持ちを伝えるコツ

相手がしてもらって嬉しいことを考える

感謝の気持ちを伝えるためには、押し付けがましくなってしまってはいけません。プレゼントも手紙も食事への招待も、あなたがお礼の気持ちを伝えたくて行っていることが、かえって相手の負担になってしまっては意味がありません。お酒が嫌いな人に対して、アルコールのプレゼントを贈ってしまっても、「感謝の気持ちを伝えた」という事実は発生しますが、思いやりに欠ける行動だと考えられてしまうこともあります。 大切なことは、あなたが感謝の気持ちを伝えたことによって、相手もまた「この人にああいった対応をして良かった」と思えることです。お礼の言葉ひとつをとっても同様で、相手の負担にならない範囲でも伝え方、贈り方を意識するようにしましょう。プレゼントは相手の好みを考え、置き場所や消費期限、アレルギーや家族との兼ね合いなども考えられるのが理想です。

マナーや常識を考慮する

手紙でも挨拶でも、言葉のマナーは非常に重要です。感謝の気持ちを伝えるために、マナーの方を欠いてしまっては、折角の気持ちに傷がついてしまって勿体ないというものです。必要以上にかしこまり、肩肘に力を入れすぎてしまう必要はありませんが、失礼がないような言葉遣いを常に意識することは大切です。 特にビジネスでお世話になった人などに対してし、社会人のマナーを持って対応するようにしましょう。企業の代表として感謝の気持ちを伝えるようなシーンでは、あなたのマナー違反が、勤務先全体の印象を著しく低下させてしまう危険性もあるということを知っておいてください。

ふさわしくないプレゼントに注意しよう

どんなに感謝の気持ちを伝えるつもりでも、実はマナー違反のプレゼントの品というのは存在します。もちろん、相手によって気にしないこともありますし、お互いが合意の上であれば贈っても失礼にあたらないケースはありますが、そういった確認や、事前に相手からのリクエストがない場合などは、避けられるようにするのが無難です。 まずハンカチです。感謝の気持ちを伝えるお礼の品として非常に多く使用されていますが、結婚祝いや一般的なお祝いのお礼や感謝としては、「手巾」という意味から、「手切れ」という不吉な方面を連想させてしまうということで避けられることがあります。縁切りの意味を持ってしまったり、「今後もう二度とあなたには会いたくない」というマイナスイメージを抱く人もいます。ご遺体の顔における白い布のイメージから、白いハンカチはまず避けるようにしましょう。 また、刃物も縁切りの品物として知られています。一般的には、結婚のお祝いのように、結ばれたばかりの二人を切り裂くというニュアンスを持ってしまうプレゼントに使用しないのがマナーです。同様に、感謝の気持ちを伝える大切なシーンで、関係性の切断を連想させてしまうため、リクエストがない限りは避けておくのが良いでしょう。

語呂を意識するのを忘れないようにしよう

感謝の気持ちを伝えるときは、お祝いを伝えるのと同じくらい、語呂について気を配るようにしてください。不吉なものを連想させてしまうアイテムを贈ったり、手紙に使用したりするのは避けるのが一般的です。イベントごとであれば、吉日を狙うようにするのも方法のひとつです。「死」「苦」などの音を連想させることから、「4」「9」の数字も避ける傾向にあります。お祝いの席のプレゼントして、シクラメンが適していないのは、この音列から来る印象のためです。プレゼントにお花を贈る際には、気に留めておけると良いでしょう。

相手のお礼に反応するのを忘れない

あなたが伝えた感謝の気持ちに対して、相手もまた感謝を伝えてくれます。お礼の言い合いになってしまいますが、相手からお礼を伝えられたら、一言でもその内容について反応を返すようにしましょう。あなたの感謝の気持ちに対して、相手からのレスポンス方法は様々です。食事に招待して、お礼の手紙を贈ってくれる人もいるでしょう。 その場合は、お礼に対して一言電話でもメールでも反応をしておくことが大切です。お礼を受け取りっぱなしにせず、「受け取ってもらえてよかった」という意思を伝えておくと、お互いの関係にも良い作用が働きやすいのです。

感謝の気持ちは工夫して伝えるようにしよう

いかがでしたか? 感謝の気持ちを伝える方法は、ここまでで紹介したもの以外にも、まだまだたくさんのものが存在しています。プレゼントと一口に言っても、相手や内容によって適しているものは異なっています。相手を思いやり、心からの感謝をきちんと伝えるために、言葉と気持ちを込めましょう。そして、より良い感謝の気持ちの伝え方が出来るように工夫を重ねるようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング