IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

就活でマツエクはあり?就活の際のマツエク本数と長さ

就活マナー

みなさんマツエクにトライしたことありますか?最近では就活でマツエクをしていく方が増えているんです。今回は就活で使えるマツエクについてご紹介します。おすすめなデザインや本数に、業界別で使い分けたいマツエクについても学んでいきましょう!

更新日時:

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

印象アップなマツエクは大人気

髪型を変えるような感覚で目元の印象が変わる「マツエク」。みなさんはトライしたことがありますか?メイク好きな女性やファッションに敏感な方だと一度は考えたことがあるではないでしょうか?目元がぱっちりと見えることで顔全体の印象もアップするマツエクは、今年代と問わず大人気なんです。 最近ではマツエクだとわからないくらい高品質のエクステンションが出ており、パッと見ただけでは自まつげと区別がつかないのもあるんですよ。アイメイクに時間をかける必要もなくなるため、忙しい毎日を送る働く女性を中心に定番人気なのも納得がいきます。 今回は、そんな便利でよりキレイになれるマツエクを就活で活かすテクニックとおすすめのデザインや本数についてご紹介していきます。就活だからと言ってノーメイクでや薄すぎるメイクは逆にマイナスポイントになることも。さっそく就活で自分の魅力がアップするマツエクを学んでいきましょう。

就活でマツエクしても大丈夫?

面接のときのメイクは女性にとっては悩みの種でもありますよね。着ていくものはスーツと割と決まっていますが、メイクはどれが正しいというものはないので受ける会社の面接官が求めるイメージにあわせなくてはいけません。そんなときに就活用としてマツエクを利用する方も結構いるんですよ。おしゃれの一環として大人気なマツエクもデザインを変えるだけで就活用のメイクに一役買ってくれるんです。 特に目元は人の印象を大きく左右する顔のパーツでもあります。このアイメイクをちょっと変えるだけでも面接で好印象を持たれるか、逆に印象が薄くなってしまうかが変わってくるのです。マツエクはメイクをする時間が省けるだけでなく、与えたい印象によってデザインを変えるだけで顔全体のイメージが変わります。さっそく就活用マツエクの魅力をチェックしていきましょう。

就活用マツエクが面接官に好印象を与えることもある!

普段のファッションとしてマツエクを楽しむ際は、目がぱっちり見えるようにまつ毛が長く見えるようなデザインを選びがちです。バサバサのお人形さんのようなマツエクは就活用には向いていませんが、デザインによってはナチュラルなまま、目元をキレイに見せてくれるマツエクもあるんです。 濃いメイクは面接での印象を悪くしますが、さりげない長さのキレイなマツエクなら逆にアイメイクに力を入れる必要がなくなるので、とても自然な顔立ちになり面接でも好印象をもたれやすいんです。

就活マツエクのポイントその1「与えたい印象で本数を変える」

就活用にマツエクを使うとき、相手に与えたい印象によってマツエクの本数を変えるのがおすすめです。ここでは就活で好印象を持たれやすいマツエクの本数について印象別にご紹介していきます。

やさしい印象にしたいとき

就活中のマツエクのポイントは、いかに自まつげとなじませるかが大事になってきます。ファッション用として使うマツエクは本数が多いほど目元をぱっちりと見せることができ素敵ですが、就活中は面接官が抱くあなたのイメージが重要です。 やさしい印象のたれ目にした方にはマツエクの本数は「60本」がベストです。通常よりも本数は少なめですが、このくらいの本数だとマツエクと自まつげの区別がつかないくらい自然な仕上がりになります。 さらにアイライナーを使う必要がなくなるので、ナチュラルメイクを好む業界に最適ですし、たれ目にすることでやさしい印象を相手に持たせることができるので、受付や人とコミュニケーションを取ることが多い職種などに向いています。

キャリアウーマン度を上げたいとき

外資系やキャリアアップのための就活では、責任感や信頼感が求められます。やさしい印象の女性らしいメイクもいいですが、この場合はしっかりと目元を強調しつつナチュラルに仕上げるのがおすすめです。 目力を自然に入れたいときはマツエクを「80本」にするのがポイントです。本数を増やすことで、マツエクだけでマスカラやアイライナーを使わなくても目力がでます。シンプルに見せつつ顔立ちをはっきりと見せたいときに便利なマツエクの本数なんです。 さらに、アイシャドウをすることでより大人なイメージに近づくことができるので営業や、開発など男性が多い職場で活躍する職種にぴったりです。

美容に力を入れていることをアピールしたいとき

普段の就活ではいかにナチュラルに自然なメイクができるかがポイントですが、美容系やアパレル系の業界では、メイクに力を入れていることもアピールする必要があります。やりすぎずでも自分をキレイに見せてくれる方法を知っているということを面接時に見せておくととても有利です。 美容に関心があるとアピールしたいときマツエクの本数は「100本」にしておくのがおすすめです。仕上がりはマスカラをに度塗りしたような見た目になります。普段の面接ではイメージダウンしそうですが、美容系またはアパレル系ならこれくらいでもいいでしょう。 100本は多いと感じやすいですが、アイメイク以外のメイクを少しナチュラルにするだけで全体のバランスが取れ目元がくっきりと見えるようになります。自然に見えることに越したことはありませんが、あえてきちんとメイクをしているということをアピールしたいときにはマツエクの本数を少し増やしてみるのもポイントです。

就活マツエクのポイントその2「デザインで美しさアップ」

就活用のマツエクは与えたい印象によって本数を変えるのがおすすめだとご紹介しましたが、同じくデザインにもこだわるとより面接でいいイメージを与えることができます。最近マツエクにはカールによって違う印象を与えてくれるデザインが揃っています。どのくらいマツエクをカールさせるかによって本数は同じでも全く違うイメージになるので、就活の際にはどのようなデザインを選ぶのかについても知っておいたほうがいいでしょう。 ここでは今定番人気のマツエクデザインに含め、就活の際に使いたいおすすめマツエクデザインをご紹介していきます。

一番人気はCカール

基本的に、マツエクのカールのデザインは三種類。Dカール・Cカール・Jカールと分かれています。Dカールのマツエクはデザインの中でもっともカールを効かせたものです。まつげがしっかり見えるのがポイントですが、つけすぎるとメイクが濃く見えたり不自然に見えることがあるのでまず就活用のマツエクとしては向いていません。 ファッション用で使うマツエクとして一番人気といえばやはりCカール!こちらのマツエクのカールはちょうどピューラーでまつげをカールさせたような状態に見せることができるのでDカールほど強調されませんが目元をぱっちりと見せることができます。 女性らしく、かわいらしく見せたいときはこのCカールがおすすめですが就活用に使うには少し幼く見えすぎてしまうというマイナス面もあります。就活で着ていくのはスーツが基本。髪型もシンプルに見せなくてはいけないので目元だけ可愛くなりすぎてはバランスが悪くなってしまいます。普段のおしゃれとしてはCカールもおすすめですが、就活用のマツエクとして考えるときはできるだけ自然に、でも目元がしっかりと見えるようなデザインを選ぶことが大事です。

就活面接で美しくみせてくれるJカール

カール度が一番弱いJカール。自まつげに一番近いデザインで、他のマツエクデザインよりも自然な仕上がりになります。カールは弱いですが、魅力は伏せ目にしたときに綺麗に見えること。就活で使えるマツエクはJカールで自然に作るのがポイントです。見せたい印象によって本数は変えつつ、Jカールにデザインは固定して就活に挑みましょう。就活中に挨拶をしてお辞儀をするような場合や、ちょっとした面接でのしぐさがマツエクのおかげでより綺麗に見えますよ。

就活マツエクのポイントその3「面接ウケするマツエクの長さ」

就活中に面接官に好印象を持たれるようなマツエクのデザインはJカールですが、長すぎるとメイクが濃く見えがちです。Jカールがいかに奥ゆかしいカールデザインでも、長さが大事です。日本人の自まつげの長さは7mm以下と言われています。その自まつげの長さに合わせてマツエクも短く仕上げるのが就活用のマツエクのポイントです。 目元に奥行きを出すには短め8mm と9mmの長さの違うものをミックスしてつけるとより立体的に仕上がる上に、自然な奥ゆかしさがでますよ。

太さにも気をつけて

最後にJカールマツエクをより魅力的に見せるにはまつげの太さにも注目しましょう。日本人の自まつげの平均的な太さは0.12mmと言われています。最近ではマツエクの太さまで自由に選ぶことができるのは魅力的ですよね。 ポイントは自まつ毛と同じ太さにすること。マスカラやアイライナーをつけない目元にしたいのなら、太さを0.15にするといいでしょう。それなら就活の際にアイメイクに力を入れずとも自然で綺麗な目元にすることができます。ただしマツエクの太さを太くすればするほどまつ毛用の接着面が小さくなり取れやすくなるので、スタッフの方に相談しながら自分のまつ毛の太さにあったものを選んでみましょう。

志望の業界に合わせて就活用にマツエクとメイクも変えよう

就活のメイクは志望の業界に合わせて変えるのが基本です。自然なメイクはどのような業界でもマイナスにはなりませんが、印象が薄くなってしまい就活中自分をアピールするにはプラスにもなりにくいでしょう。 面接にしていくメイクは、面接官に与える印象に大きく関わります。面接官は大抵の場合20代後半から60代を中心に構成されています。そのような年代の人が求める業界のイメージを想像しながら就活用のメイクを考えてみるのがポイントです。そこで業界別にトライしたいマツエクを使った、おすすめのメイクアップ方法を学んでいきます。

金融業界は誠実さが大事

メイクで印象を変えたい業界といえば、金融業界です。金融業界は古くから続く業界でもあり形式やルールを守ることが大事な業界とも言えます。金融業界の会社での就活用メイクでは「誠実さ・謙虚さ」がポイントです。 全体てきに幼くみえすぎず、クリーンで健康的に見えるような格好が好まれます。個性を出すのも大事ですが、他の業界と比べるとしっかりとした規律を守るような組織が多いのでスタンダードなスーツや髪型を心得ておきましょう。

メイクは凛々しさが基本

金融業界への就活用メイクのポイントは凛々しさ。顔のシルエットを綺麗に出すことで誠実さや凛々しさをアピールしましょう。眉毛はいつもよりやや太めにでもナチュラルに仕上げるのがポイントです。眉毛を自然な太さに描くことで、普段よりもくっきりとした顔立ちになり意思の強さも感じられるようになります。 チークやリップの色は自然なほんのりピンクのものにし、凛々しさと同じく健康的な若々しさも出せるようにしましょう。口元はリップライナーを使いくっきりと出すことで口角を上げて、明るい印象にすると効果的です。

マツエクはJカールで謙虚に

自然に仕上がるマツエクのJカールは金融業界の就活用メイクにばっちりです。自然な目元にしつつ、謙虚な印象も与えてくれます。固いイメージを持たれがちな金融業界では、バサバサなマツエクはマイナスのイメージになります。自まつげとマツエクの長さは同じに合わせてアイメイクは控えめに大人な印象にまとめましょう。

ブライダル業界は女性らしさも大事

ブライダル業界では、清潔感や健康的なメイクも大事ですが女性らしさを出すこともポイントです。ブライダル業界は特に女性が顧客の仕事も多くコミュニケーション力や親しみやすさが重要となってきます。パッとみたときに知的で華やかな印象になるようにしましょう。

メイクはほんのリピンクでやさしい印象にしよう

誠実さや謙虚さよりも、親しみやすさや女性らしさを強調てきるようなメイクがおすすめです。眉毛は自然な太さでやや明るめにしても良いでしょう。チークやリップはほんのりピンクがおすすめです。アイメイクは優しい印象になるようにたれ目気味に明るいナチュラルなアイシャドウで仕上げてもいいでしょう。

マツエクはCカールでもOK!

就活用のマツエクはJカールがおすすめですが、ブライダル業界などの美容にも力を入れているようなところではデザインもCカールにして目元をくっきりしてもいいでしょう。カールが綺麗に見えるCカールのマツエクは女性らしさを出すのにぴったりなデザインです。メイクが濃くならないように本数や長さは自まつげと同じにし、優しい印象を出せるようにしましょう。

美容系でのヘアスタイルは知的な女性をイメージ

ブライダル業界やアパレル業界など、美容に力を入れていることをアピールする必要がある面接では、ヘアスタイルもかっちりしたスタイルよりもフェミニンで女性らしいスタイルの方が好まれやすいです。 すっきりと髪型をまとめてしまうのもいいですが、それでは少し固いイメージになってしまいます。誠実さや信頼感が出るためそのような髪型でもいいのですが、特に普段大人っぽいと言われるような顔立ちの方は髪型を半分下ろした状態のハーフアップでもいいでしょう。前髪は自然の横に流れるようなスタイルをつくるとより女性らしくやさしいイメージになります。

外資系企業への面接はさらにメイクに注意

金融業界やブライダル業界とは別にさらにメイクに気をつけたいのが外資系企業です。日本とは違い、メイクに決まりや傾向はありませんが「信頼感」がでるかどうかがポイントです。キャリアアップのために外資系に転職をする方も少なくありません。面接を一緒に受ける候補者たちが必ずしも自分と同じ年齢だとは限らないこともメイクの参考にしておきましょう。 また面接では謙虚さや清潔さも大事ですが、自分らしさを出せるようなメイクをしてみましょう。皆同じようなメイクをしなくてはいけないわけではありません。自分の顔立ちをよく観察し、どのようにメイクやマツエクを施せば面接で表現したいイメージになるのか自分なりに考えてみるのも大事です。ここでは外資系企業での就活中にトライしたいメイクの特徴やおすすめのマツエクについて学んでいきます。

若く見えるメイクは逆効果?

若々しく、フレッシュさがでるようなメイクが好まれやすい日本の企業に対して信頼感やキャリアを感じさせるような印象が大事にされる外資系の企業では、若く見えるメイクが逆効果になるときもあります。他の候補者が日本人でない場合もあります。外資系での就活では日本人は本来の年齢よりも若く見られがちです。外資系企業での就活や面接ではいかに大人な印象を与えられるかに気をつけてメイクをしてみましょう。 眉毛はしっかりと少し長めに書くことで輪郭をはっきりみせるようにします。目元は全体のバランス見てナチュラルにしてもいいでしょう。アジア人以外の候補者がいる場合、目鼻立ちがくっきりしているような方が多く日本人は普段のメイクでは印象が薄れがちです。アイメイクはアイシャドウを使って立体感を出すのがポイントです。チークやリップは、印象が明るくなるように明るめのカラーを入れてはっきりとした顔立ちに仕上げましょう。

マツエクは信頼感の出るデザインを選ぼう

外資系企業でのメイクで活躍するのがマツエクです。顔立ちをしっかりとみせるには、目元をくっきりと見せたいところ。マツエクを使ってナチュラルに見せつつ、面接感の印象に残るような雰囲気を出すのがポイントです。 おすすめはJカールを本数を多めにし、目元をはっきりするスタイル。長さが自まつげよりも長すぎるとかえってメイクが濃く見えてしまい幼く見えがちです。あくまでもナチュラルなまつげを目指しつつ、目力がつくようにマツエクを使ってみましょう。 Jカールは、ぱっと見ただけではなかなか目立ちませんが面接のような対面する形で話をする際に奥ゆかしさや、大人らしさがでるので幼く見えがちな日本人でも落ち着いた女性の印象を出すことができます。メイク道具を上手に使いこなすことで、女性らしい強さが現れるような顔立ちに仕上げてみましょう。

髪型も大人な印象に

メイクやマツエクと同じように、髪型もできるだけまとめてすっきりと輪郭が見えるようなスタイルにしておきましょう。基本的に他の企業と比べるとこのような髪型が好まれる!というような傾向が掴みにくいですが、髪を下ろしたままのスタイルやハーフアップなどのスタイルはどうしても日本人は幼く見えがちです。できるだけ顔のパーツがはっきりと見えるようなスタイルを目指して髪型もコンパクトにシンプルにまとめるのがおすすめです。

就活中はマツエクのお手入れにも気を配ろう

せっっかく魅力的なマツエクを使っても就活中にお手入れせずなんだかマツエクがボサボサに見えてしまってはもったいないですよね。マツエクのお手入れはまずは自まつげを丈夫に健康にさせることが大事です。接着剤でマツエクを自まつげにつけている状態なので、自分のまつげ自体が弱っていたり、すぐ抜けたりしてしまうと逆にマツエクもつけづらくなってしまったり、すぐに取れてしまう可能性があります。 最近ではマツエクと一緒に自まつげに塗って使えるまつ毛用の美容液があるのをご存知ですか?基本的にはヘアケア製品のようなもので、まつ毛自体に栄養がいくようにマスカラブラシのようなタイプで販売されています。 マツエクをしてみようかなという前にまずは自まつげのお手入れをして、自分のまつ毛を健康に保つことから始めましょう。マツエクをした後も美容液などでケアを怠らないのが大事です。無駄にこすったり、マスカラをつけたあとに無理やりメイクを落としたりしないようにしましょう。

マツエクで面接を突破しよう

いかがでしたでしょうか?今回は就活中に使えるマツエクについてご紹介しました。マツエクはファッションのツールとして使われていますが、意外に就活でも活躍する便利なメイクアップアイテムなんです。ポイントはマツエクのカールのデザイン・本数そして長さです。就活の際のマツエクは、できるだけ自然に見えるように本数や長さは自まつげに近いものを選びましょう。さらに志望の業界が求める人材のイメージによってマツエクのデザインを変えるのもポイントです。 基本的にJカールは、奥ゆかしさや大人な印象を出すことができるので就活の際一番おすすめのカールデザインですが、美容に力をいれていることをアピールしたい場合や女性らしさを最大限に生かしたいときなどには定番人気のCカールを使ってもみてもいいですね。 マツエクは、メイクをする際のアクセントでもあります。大事なのは面接官にとって印象に残るような雰囲気を出せているかということです。マツエクだけに頼らず面接でのイメージや業界で働く女性などを観察して、メイク全体を業界に合わせて上手に変えてみるのもいいでしょう。ぜひマツエクを就活にしていきたいと考えている方、参考にしてみてくださいね。

就活は一人で悩まず「エージェント」に相談しよう!

就活に関して少しでも不安な面がある方は「キャリアパーク」を利用してみましょう。 経験豊富なプロのキャリアアドバイザーがエントリーシートの添削や企業ごとの面接対策も行ってくれて、綿密なフィードバックをしてくれます。また、面接時に気をつけるべき点も事前に把握することができるので、仕事を勝ち取る強みになります。 就活は今後の人生を決める重要な選択です。納得の行く就職活動にするために「キャリアパーク」に相談してみましょう。

関連タグ

アクセスランキング