IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

トレーダーの年収と業務内容(証券/IT/金融)・業務時間・必要な資格

職種研究

「トレーダー」という職業をご存知でしょうか。簡単に言えば商人と言う意味ですが、商人にも証券、IT、金融など様々な分野があります。このトレーダーとはどのような仕事をしているのでしょうか。トレーダーの仕事内容、業務時間、必要な資格について、ご紹介します。

更新日時:

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

トレーダーとは(証券/IT/金融など)

トレーダーって?

トレーダーというのは、言葉をそのまま理解するならばね日本語にすれば商人という意味になります。或いは具体的にピンポイントでいうならば、貿易商などをそう呼ぶことが多くあります。 或いは金融関係であれば仲介をする人、或いはITも含めたトレーダーというのは個人とレーダーと呼ばれることもあります。そのような意味合いがいくつもあるのがトレーダーというものになります。

金融や証券で見れば

トレーダーというのは金融や証券という意味で見るのであれば金融ディーラーと顧客の投資家とを仲介する金融会社社員のことを指すことが多いです。こうした商売というのは、今では当たり前のようにITを使っています。ですから、今時はわざわざITトレーダーなんて言葉は使うことがないといっても過言ではないでしょう。ちなみに昔は電話やファクシミリを駆使して、世界中と取引をしていました。それが今ではコンピュータネットワークを使って誰でも簡単にトレーダーのようなこと、ほぼ同じことができるようになっています。 但し、この場合はあくまで金融ディーラーとしての役割ではなく、自分は売買をする側になります。

デイトレーダーとは

デイトレーダーとは、主に個人投資家で、株式や債券、先物取引などを一日単位以下で取引している人をいいます。それこそ、数秒単位で売買を成立させることもあります。こうした手法のことをスキャルピングと呼びます。 一度に何度も何度も取引をするわけですから、手数料に関する部分がとても大事であり、どこの証券会社を選ぶのか、というのがとても重要になっています。 昔は一律で株式取引の手数料が決まっていたのですが、現在では手数料は完全に自由化されており、それこそ何度取引をしても定額、というプランもあるわけです。 また、インターネットがとても高速になった、というのも理由になります。そのような背景があるので今では副業的にデイトレードをしている人もいるくらいであり、こうした金融取引がとても盛んになっているのです。あくまで投資は自己責任になりますが、それでも基本的には儲けることができるチャンスが広がっているといえるでしょう。

結局トレーダーってなんなの?

いくつかのトレーダーの定義があるわけですが、基本的に一般にトレーダーといいますと一般的に投資銀行や証券会社などの金融系企業で働く人で、金融ディーラーと顧客の投資家の仲介をする人を指します。トレーダーとして働いています、といえばまずはこの人たちが思い浮かべることでしょう。ですから、まずトレーダーといいますと金融関係の会社に勤めており、ディーラーと投資家の仲介をする仕事をしている人、という認識でよいでしょう。

どんな仕事?

仕事はディーラーと投資家を繋ぐこと

トレーダーの仕事はディーラーと投資家を繋ぐことにあります。 売買の注文がどんどんくるわけですが、当然、それが成立するのかどうか、というのはまた別問題です。 手早く、それに相応しい処理をして取引自体を成立に持っていくことがとても大事な仕事になります。それらのことを上手く捌くことが出来る人がよいトレーダーといわれるのです。

とにかく朝が早い

トレーダーの1日というのは、まずは一般的な会社員に比べて相当に早く活動をすることになります。取引が始まるのが基本的に9時から15時の間になります。ですから、その前に世界的なニュースや或いは様々な動向などをチェックする必要性があるからです。その日の取引に関する方向性をある程度決める必要があるのです。 もちろん、いざ市場が始まった後に色々と変化があるでしょうが、その都度、微調整していく必要がありますがまずは朝のうちに夜に起きたことをすべて把握して、どのような雰囲気で市場が始まるのか、ということを予想することから始まるわけです。 日本では深夜で市場が開いていないとしても海外では昼間ということがあるわけですから、そこの動静は確実にチェックしておかないといけないのです。 まずは、朝、それも午前5時くらいには起きて、メールチェックをすることになります。その後、社内にいるアナリストやディーラーと一緒にミーティングをてし、前日の市場の動静、動向を検討して、今日の経済の方向性を予想します。そして、いざ午前9時から、取引開始になります。マーケットのの動きを常に確認して、売買の注文を受ける、ということになります。 個別銘柄の値動きを伝えていくこともあるでしょう。ちなみに11時半から市場が昼休みに入ります。つまりは、トレーダーもここで昼休みに絶対に入ることになります。そして、12時半から再開、15時に市場が閉まるまで同じようなことを続けることになります。では、15時に仕事が終わるのか、というとそうでもなく、まだまだ伝票の整理がありますし、お客のもとに直接出向いて運用に関する提案をしていったりして営業成績を得ようとすることもあるでしょう。もちろん、今日の値動きの分析などをすることもあります。 大よそ、19時くらいまでには退社することが多いです。

トレーダーの買取・買取時間

9時~15時

市場が開いている時間が当然、買取等の時間になります。ですから、取引をする時間帯はそこになる、といえるでしょう。これは世界的にやっている市場をメインにしている場合は別です。例えば為替市場などはどこかしらで同じものが確実に取引されていますから、言い方を変えますと24時間フル稼働といえます。

どうやってトレーダーになるの?

トレーダーですが、当然ながら各種金融関係の企業に勤めることからはじまるわけですが、こうした企業の採用条件というのは当然のように大卒になります。つまりは、少なくとも大学にいっていることがトレーダーとして働く為には必須、ということになりますから、これは覚悟しておきましょう。 では、どの学科がよいのか、となりますが、それはやはり金融関係になります。 金融工学とかマーケティングなどであれば最適であるといえるでしょう。 志望動機などもかなり的確に妥当なものを書くことができるようになりますし、採用される可能性としてはこうした学科が最も高いといえます。 後は実は数学関係がよく採用されることでも知られています。とにかく分析をすることが重要になってきますから、数学的センス、というのがとても大事になるからです。そこまで採用の段階で、就職試験において、大学で学んだ金融関係の知識自体が問われることはないのですが、それでもあったほうがよいことではあります。また、金融に興味がある、ということはアピールしておくとよいでしょう。

資格は必要か?

特にトレーダーになるための資格というのはないです。ですが、MBAなどを持っていると少なからず評価されることでしょう。また、証券アナリスト、ファイナンシャル・プランナーあたりは持っていることが当たり前にもなります。 最初から採用される段階で証券外交員などの資格を持っていることもないでしょうし、求められることもないですが実務を通じて学んでいき、スキルアップ、キャリアアップのために取得することはよいことでしょう。

トレーダーを目指す

トレーダーというのは金融において必須の役割を果たしています。金融という業界自体、高給になりますからトレーダーもかなり稼ぐことができる人も多いです。トレーダーとして働くためにはまずは最低でも大卒になります。できれば金融系の学科、そうでないとしてもそうした知識は持っていた方がよいでしょう。 朝が早い仕事ではありますが、それでも市場での荒波を乗り越えた先に様々なやりがいとそして報酬があるのです。 遠い話であり、一握りではありますが独立出来る人もいます。そうしたキャリア先があることもトレーダーのよいところ、魅力の一つでしょう。

転職すると給料・年収が上がるってホント?

入社していくらスキルを身につけても、スキルに見合った給料を払われるのではなく、その会社で行われ続けている昇給制度で、少しずつ給料が上がることがほとんど。 身につけたスキルは、現職よりも、転職時のほうが高く評価されやすいので、転職によって年収が上がります。「でも、自分のスキルってそんなに評価されるかなぁ」という疑問は、転職エージェントに聞くことができます。 どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

関連タグ

アクセスランキング