IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【男女別】内定者懇親会での服装は私服?スーツ?

内定後

皆さんは「内定者懇親会」に着ていく「私服」について迷ったりしたことはありませんか?もしくは、これから「内定者懇親会」が控えていて、どんな「私服」を着て行けば良いか迷っている人はいませんか?今回は、「内定者懇親会」に着ていく「私服」についてご紹介していきます。

更新日時:

「内定者懇親会」とは

皆さ私生活の中で時々服装のチョイスに迷う時なんかありませんか?例えば、好きな人とのデートの際や友人の結婚式に招待客として招かれた際なんかに、一体どんな服装でいけば良いのか迷うことが多いと思います。そんな中で、「内定者懇親会」に参加する際に、着ていく服装で迷ったなんて経験がある人はいませんか?もしくは、これから「内定者懇親会」に参加する予定だけど、どんな服装で行ったらいいかわからないという方も少なくないと思います。 今回は、そんな「内定者懇親会」に着ていく服装について焦点を当てて様々観点からご紹介していきたいと思います。まずは、「内定者懇親会」とは何なのかについて見ていきましょう。

「内定者懇親会」とは内定者同士やで仲を深めるイベント

では早速ですが、「内定者懇親会」とは何なのかについて見ていきたいと思います。 「内定者懇親会」とは、簡単に言うと、「内定者同士や上司の方々と仲を深めるイベント」のことです。「内定者懇親会」とは、内定先の企業が主催する内定者のためのイベントのことです。同期や企業の先輩など、多くの人と顔合わせを行い仲を深めてもらうイベントなんです。 開催する側である会社によって形態は様々ですが、内定者同士の仲を深める催し物を執り行う企業も少なくありません。「内定者懇親会」に参加してもらって、会社の雰囲気や同期の顔を覚えて、企業の印象と内定者のやる気をアップするのに役立ちます。 しかし、多くの内定者や企業の人間と顔を合わせる初めての機会ですから、就活生でも社会人としてのマナーを守ったうえでの参加が重要です。

内定者に確実に入社してもらうためのイベント

「内定者懇親会」は内定者同士や上司の方々とコミュニケーションを取ってもらい、仲を深めてもらうというのももちろん大事なことなのですが、企業側として「内定者懇親会」を開く最大の目的というのは、実は「なるべく多くの内定者に入社してもらうため」なんです。 企業側は、時間・労力・経費をかけて優秀な学生を選んだのですから、なるべく全員に入社してもらいたいものです。そこで「内定者懇親会」を開いて、先ほども言ったように内定者同士や上司の方々と顔を合わせ、実際にコミュニケーションを取ってもらうことで、会社と内定者とのつながりを強くし、内定者が会社に対して「思い」を強くしてくれることを願っています。また、その会社の魅力をできるだけ内定者たちに伝えて、より入社してくれる人を増やすのが最大の目的なのです。

「内定者懇親会」の日程・流れ

続いて、「内定者懇親会」で実際にどんなことが行われるのか、「内定者懇親会」の日程・流れについて見ていきたいと思います。 まず最初に、入社日に至るまでの流れや過ごし方に関する注意点の通知が行われます。以下がその入社日に至るまでの流れや過ごし方に関する注意点の通知の主な内容です。 ・会社の大まかな説明 ・入社日までに準備すべき書類などの説明 ・事前研修の案内 ・配属先発表日の告知 ・入社段階での内定者の扱いについて その後一人一人の自己紹介やグループワークが行われて、他の同期や先輩方と顔合わせをします。そして最後により仲を深めていくために食事会が行われます。 食事会の形式は様々で、一般的な飲食店で開かれたり、ホテルや会社のフロアなどを用いてパーティ形式でおこなわれるケースもあります。参加した内定者たちは、ここで食事を楽しみつつ、先輩社員や役員との交流で会社の雰囲気をイメージしたり、入社後も印象に残ってもらえるようアピールの場として活用するのが良いでしょう。

「内定者懇親会」に参加する際の服装マナー

ここまでで、「内定者懇親会」がどんなものなのかについてなんとなくわかってきたところで、今度は今回のテーマでもある「内定者懇親会」に参加する際の服装マナーについて見ていきたいと思います。

会場が会社の場合は私服ではなく男女ともスーツ

では早速ですが、「内定者懇親会」に参加する際の服装のマナーについて見ていきたいと思います。 先ほども言ったように、「内定者懇親会」というのは、会社、飲食店、ホテルなどその会社によって開催される場所は様々です。その中で、会社で開催される「内定者懇親会」に参加する場合は男女ともに私服ではなく「スーツ」で参加するのが一般的です。 普段職場では従業員みんなが「スーツ」で勤務しているという会社が多いので、その場に違和感のない「スーツ」で参加するのが良いでしょう。

会場が飲食店やホテルの場合、「私服」の指定がある場合はスーツでなく私服

一方で、会場が会社ではなく、飲食店やホテルなどで開催される場合は、基本的に私服で参加するのがマナーです。飲食店やホテルなどで「内定者懇親会」が開催される場合、人事にも内定者たちに気楽に楽しんでもらいたいという思いがあります。 その意思に反するように、「スーツ」を着ていくのはマナー違反です。カジュアル場で行われる「内定者懇親会」には、参加者側もカジュアルな服装で参加するのが良いです。 また、「私服でご参加ください」などとあらかじめ「私服」の指定があるのであれば、それに従いましょう。

私服での参加の場合は「ビジネスカジュアル」・「オフィスカジュアル」を意識

ここまでで、「スーツ」で参加すべき場合と「私服」で参加すべき場合の違いについてわかったところで、実際に「私服」で参加する場合はどのような服装で行けばよいのでしょうか。 いくら「私服」で参加すると言っても、カジュアル過ぎる服装というのは、マナー違反でもあります。そのため、「私服」で参加する場合は「ビジネスカジュアル」・「オフィスカジュアル」を意識してコーディネートするのが良いでしょう。 では、その「ビジネスカジュアル」・「オフィスカジュアル」とはどういった「私服」なのでしょうか。男女別にご紹介していきたいと思います。

「ビジネスカジュアル」・「オフィスカジュアル」 ~男性~

まずは、男性の場合の「ビジネスカジュアル」・「オフィスカジュアル」な服装ついて見ていきたいと思います。以下に、男性の「ビジネスカジュアル」・「オフィスカジュアル」のポイントをまとめてみました。 ・黒・灰・茶色のジャケット ・シャツ(白が無難だが、薄い青・ピンク・灰なども可) ・スラックス・チノパン ・革靴(茶色・黒) この4つを組み合わせればとりあえず無難に着こなせるでしょう。ボトムスがジーパンだと少しカジュアルな印象になりすぎるので、ここではあまりおすすめしません。この組み合わせの「ビジネスカジュアル」・「オフィスカジュアル」であれば、硬すぎる印象も、ダラけすぎた印象にもならず、「内定者懇親会」に参加する「私服」としてふさわしいと言えるでしょう。

「ビジネスカジュアル」・「オフィスカジュアル」 ~女性~

続いて、女性の場合の「ビジネスカジュアル」・「オフィスカジュアル」な服装について見ていきたいと思います。以下に、女性の「ビジネスカジュアル」・「オフィスカジュアル」のポイントをまとめてみました。 ・ジャケット ・ブラウスorシャツ ・灰・茶・紺・黒などの地味な色のスカート・パンツ ・地味な色のパンプス この4点を押さえておけば、無難な「ビジネスカジュアル」・「オフィスカジュアル」ファッションになります。女性の場合は、自由度が高いので、個性を出したい人は、先輩社員の私服を採用ページ等で調べて、そのラインにあわせたファッションなどをチョイスすると良いでしょう。 ちなみに、「私服」で「内定者懇親会」に参加する際に鞄を持っていく場合は、「レザー生地の鞄」などをチョイスし、「ビジネスカジュアル・オフィスカジュアル」に合うものを持っていくと良いでしょう。

「内定者懇親会」には開催される場所によって適切な服装を

いかがでしたでしょうか?今回は、「内定者懇親会」に参加する際の服装について見てきました。 「内定者懇親会」に参加する場合は、開催される場所によってその場に合った服装を心がけることが大切です。

関連タグ

アクセスランキング