IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ディレクターの年収と仕事内容・会社での役割と役職

職種研究

ディレクターとはどんな職業か知っていますか?ディレクターと言うと、映像作品における監督をイメージする人が多いでしょう。しかし、近年ではWEBディレクターなど他の業界でも使われています。今回はそんなディレクターについて紹介します。

更新日時:

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

ディレクターとは

どんな仕事?

実はディレクターというのは意味合いとしては色々とあるのですがまずは定義としては、監督全般を指すことになっています。 例えば多くの場合は映像作品における監督のことをディレクターといいます。ですから、ディレクターといいますと映画なりテレビなどの監督である、というイメージを持つ人が多いです。大よその場合、それは間違った解釈ではないです。 しかし、最近ではWEBディレクターなどもよく使うようになっていますから、必ずも映像作品などにおける監督役、という意味ではなくなっているといっても過言ではないでしょう。

どんな風に理解しておけばよいのか

しかし、まず間違いなく、ディレクターというのは監督をする人になります。 監督というのは、要するに管理職以上、ということになります。全体の指示、把握、企画などをする、という人になります。ディレクターをしています、といいますとまず、それなりに高い地位である、ということはどんな場合でも是となります。この点はまず間違いないことであるといえるでしょう。

アニメのディレクター

アニメ業界においてもこの呼称を使われることがあります。アニメ業界の場合は、多くの場合、そのまま監督という言葉を使うことが多いのですが、シリーズを通して行う場合などにシリーズディレクターなどと交渉することがあります。 また、監督の上にさらにその監督を監督することになる『総監督』というのが置かれることもあります。これはアニメの制作が細分化されているからです。それぞれに監督ともいえる全体を見渡す人が必要になっているからであり、それらの監督をさらに上から見る必要があるので総監督が置かれるわけです。

WEBディレクターとは

最近になってかなり使われるようなってきたWEBディレクターですがまず、そもそもディレクターという意味からどんなことをするのか、ということはよくわかるでしょう。つまりは、WEBの企画、サービスなどにおけるディレクション業務をする人になります。まさに監督的、指揮する人になります。クライアントの要望と制作スタッフを繋ぐ役であり、調整をしたり、進行状況を確認したり、品質管理などをすることになります。 プロジェクトメンバーの人選からすることもありますし、スタッフは最初から用意されていることもあるでしょう。とにかく、Webサイト制作などにおける監督なわけです。それがWEBディレクターになります。ちなみに多くの場合、プロジェクトを同時進行をしていることが多いので、WEBディレクターというのは、非常に厳格であり、効率がよい管理をしないといけないのです。 また、コンテンツの企画、或いは拡充などをしないといけないわけであり、多くの場合、プランニング業務もやっています。さらには当然ながらITの技術的な知見も求められるので、はっきりいってかなり大変になります。 例えばこれは映画とかテレビのディレクターにもいえることになります。プランナー職とプロデューサー職と兼任していることがテレビのディレクターなどには多いのですが、これがWEBディレクターにもいえることになります。かなり厳しいのですが、要するにディレクター職というのはどんな業界であっても管理監督をする人になりますから、仕事としては大変なのです。

ディレクターとはどのような役職?

役職としては高目

現場におけるディレクターというのは非常に高位であるといえます。役職としてはまさに現場における責任者クラスであることは確かであり、さすがに下っ端のディレクターというのは存在しないといってもよいでしょう。あくまで個人間での影響力の強さの差などはあるでしょうが、ディレクターという地位はあくまで管理職であるわけですから、決して低い地位ではないのです。 そして、それは要するに責任者である、ということにもなります。全体的に責務があるわけですから、企画・立案・制作に関与する必要性がある、ということです。ほぼ実務に関する部分すべてに何らかの関わりがあるのが、ディレクターという役職になります。その現場に限ってではありますが、最も発言力があるといえます。

ディレクター目線の意味

どんな意味

よくディレクター目線という言葉があります。これは作っている側、或いは管理している側の目線、という意味です。 映画などを評論するときに使う人もいますが、それが正しい目線といえるのか、というのは微妙なところです。 何故かといいますとそもそもそうした映像作品というのは、あくまで見ている一般人の感想ことが大事であるからです。 或いはWEBサービスにおいてもそうです。ディレクター目線でこのWEBシステムはこうした設計思想で作られており、予算的には~ということもあるでしょうが、 あくまでこれも重要であるのはそのシステムが客観的にどうなのか、ということには繋がっていないからです。 但し、身内間、つまりは同業界人間であればよく話しになります。要するに自分であるならばどうするのか、という想定、ディレクター目線で検討することにはその場合には意味があるのです。 しかし、マニアなどはとにかくこうしたディレクター目線というのが楽しいという側面があるのです。やはり通ぶることができるわけですし、一般人のディレクター目線というのはなくならないでしょう。但し、これが一方的に悪いわけではなく、そこから本当にその手のディレクターを目指す人もいますし、要するにディレクターの思考をトレースしようとする行為になりますから、自身がそちら側に行く気が本気であるならば、ディレクター目線というのは、意外と意味がある行為になります。 また、制作物に関しての企画会議などにおいて、現場との衝突の際に経営よりの考えをすることをディレクター目線と呼ぶことがあります。意外と意味が多くあるので使い分けることが重要です。

会社におけるディレクター

地位が高いのは確か

会社におけるディレクターといってもその会社の規模によって大きく違うことではあるのですがやはり管理職以上であることは確かでしょう。ちなみに英語名でいえば取締り役級のことをディレクターと呼ぶことになります。正確には、ディレクターということになります。Senior Managing DirectorとかManaging Directorなどと呼ぶようになっています。 ですから、少なくとも何人かを纏めているのがディレクターになります。まして、経営に参加するような地位の人も英語ではディレクターとなるわけです。このことからも会社におけるディレクターというのは、少なくとも企画に携われるレベルの地位であり、また、場合によって経営参画できるレベルの地位であることもある、といえるわけです。ディレクターという地位が不動であることもありますし、或いはその企画のみ、任命されることもあります。 役職として確たるものてあることもありますし、そうではなく企画ごとに発生する役職、という場合もあります。このはあたりは業種によっても違いますし、会社によっても違うことでしょう。

ディレクターを目指そう

少なくともディレクター職があるような仕事の場合、まずはそこを目指す人が多いです。例えば映画などであればやはりディレクターというのは花形になります。もちろん、演出やライトなどをずっとやっていくこともありますが、管理職、監督という意味ではやはり目指したいところはディレクターとなることでしょう。 映画に限ったことではなく、どんな仕事をしているにしてもチームで動くような場合は監督役を目指すのが一つの正しいキャリアの方向性であることは確かといえるからです。これは間違いなくいえることになるでしょう。そして、コネクションなども大事になりますから周りとの関係にも注意しましょう。

転職すると給料・年収が上がるってホント?

入社していくらスキルを身につけても、スキルに見合った給料を払われるのではなく、その会社で行われ続けている昇給制度で、少しずつ給料が上がることがほとんど。 身につけたスキルは、現職よりも、転職時のほうが高く評価されやすいので、転職によって年収が上がります。「でも、自分のスキルってそんなに評価されるかなぁ」という疑問は、転職エージェントに聞くことができます。 どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

関連タグ

アクセスランキング