IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【公務員試験】面接での自己PRの答え方と例文|社会人経験のPR法

更新日:2020年11月08日

ビジネスマナー

なりたい職業で上位にいつも上位に上がる公務員、ここでは公務員試験の面接での自己PRの書き方、例文、公務員への転職の歳の自己PR、責任感や協調性を自己PRする場合、社会人経験を自己PRに使う場合などについてお話をさせていただきます。

公務員試験の面接での自己PRの書き方

公務員(市役所)の自己PRの書き方

都道府県庁職員と同様に市役所職員の担当業務は多岐にわたります。市役所職員の担当業務は窓口業務を中心であり手続き・申請・相談・問い合わせなどで市民に直接応対する仕事が大部分を占めます。市役所職員は、市民との心の触れ合いに仕事のやりがいを見出していない場合がほとんどです。ですから市役所職員志望者の自己PRとしては、初対面の人とでも積極的に会話ができる外向的な面と人に関心のある人間好きであることなどをアピールすることが有利に進みます。その市への愛着なども大きなメリットになります。

公務員(事務)の自己PRの書き方

公務員は public servant(公僕)でしたが現在では義務意識(奉仕の精神)よりも給与待遇に関しての権利意識が増大蓄積しています。そんな中で現在では過分な公務員給与や非効率的な業務体制の改善が進んでいます。地方公務員の事務系職員は、地方行政全般に精通したゼネラリストが好まれます。ですから地方行政全般をトータルに考える広い視野の持ち主が歓迎されます。ですから一分野にこだわらず、自治体発展の構図を思い描いて、その事業に参加していく態度が大切です。

公務員(消防士)の自己PRの書き方

消火・消防活動と人命救助に当たる消防士についてお話します。実は他の消防職員(事務職・専門職・救急隊員など)と、正規の公務員ではありません。消防士の採用試験は、東京消防庁のほか、全国の消防本部で実施されます。文書ではなく面接で自己PRを行なわせる消防本部が多いようです。採用試験の申し込み時に自己PR文の提出を求めるところ増えてきているようです。自己PRではどれだけやりがいのある仕事と感じているか、明快に伝わる文章を書きましょう。

公務員(警察官)の自己PRの書き方

警察官の職域には、5つの警察部門があります。 ○地域警察・・・地域に密着し、市民の安全を守る。交番・パトカーでの勤務中心。 ○刑事警察・・・凶悪化・巧妙化する刑事事件の解決に挑む犯罪捜査の専門集団。 ○交通警察・・・交通事故から市民の生命を守り、安全な交通社会の実現をめざす。 ○生活安全警察・・・銃器、薬物、少年非行など市民生活に有害な問題を取り締まる。 ○警備警察・・・要人警護、イベント警備等のほか、女性犯罪の捜査や災害救助も。 警視庁やどの警察本部でも、警察学校での初任研修を終えて現場に配属するときには、できる限り本人の希望の職域に配属する傾向が強いようです。自己PRでは、自分がどの職域のどんな仕事に感心や適性があるかのアピールが大切です。

教員の自己PRの書き方

教員採用試験の受験者に対して自己PR文の提出を求める教育委員会や学校が多くあります。大抵教員としての資質を判断する材料とするためです。教育者としての心構えや指導者としてのリーダーシップ(指導力や統率力)が重要なポイントになります。クラブ・サークルなどでリーダーとして活動したことをアピールすることが大切です。

国税専門官の自己PRの書き方

新卒(未就職者を含む)で国税専門官を志望する場合、自己PRでは、国税専門官を志望した理由と自分の適性をアピールしましょう。転職・再就職の場合は、前職での職務内容や実績を具体的に説明したほうが国税専門官として勤務するに当たっての心構えを必ず書いてください。

公務員(刑務官)の自己PRの書き方

刑務官は、受刑者・被告人の監視に当たり、逃走やトラブルの発生時には体を張って対応する必要があり、体力や運動能力が求められます体育学部や体育会系のクラブに所属していることが、非常に有利となります。ですから得意なスポーツやスポーツサークルなどでの活動での運動能力をアピールしましょう。また刑務官の職務は社会的正義の実現であるという正義感が重要で義務感や責任感も必要とされます。収監者の人権を尊重する必要がありますので精神面における自覚を自己PRすることも重要です。

公務員(防衛省職員)の自己PRの書き方

防衛省専門職員採用試験(語学職・国際関係職)は、防衛省の中央情報機関である情報本部に勤務し、特定言語(英語・中国語・朝鮮語のいずれか)の情報を収集・分析・報告するアナリスト(情報分析スタッフ)の任に当たります。語学に堪能であることが必須条件です。また諸外国の軍事情報だけでなく、政治・経済・文化・歴史など広範な方面への関心と知識が求められるので自己PRでは、その点をアピールしましょう。

公務員(総合職)の自己PRの書き方

初回公開日:2017年03月28日

記載されている内容は2017年03月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング