IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【ガラス業界】企業の業績・平均年収

更新日:2020年11月05日

就活

今回は、ガラスを製造・販売しているガラス業界に焦点を当てて、ガラス業界企業に関する2つのをご紹介していきます。有名どころの大手・企業から、高い技術力で生き残ってきた中小企業まで。幅広くご紹介していくので、業界研究の一環として、ぜひ参考にどうぞ。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

ガラス業界企業:業績

まずは、ガラス業界企業の業績を見ていきましょう。日常に密接に関わっているガラス業界企業ですが、その市場により大きな影響を与えているのは、どこの企業なのでしょうか?また、業績が高い企業というのは、高品質のガラスを製造することができる高い技術力やアイディアを持っている企業、他の業界からのが高い企業という考え方もできそうです。

以下は、ガラス業界企業の平成26年~平成27年にかけての売上高を元にしたです。

1位:旭硝子 2位:日本板硝子 3位:HOYA 4位:セントラル硝子 5位:日本電気硝子 6位:日本山村硝子 7位:石塚ガラス 8位:オハラ 9位:倉元製作所 10位:岡本硝子 11位:テクノクオーツ 12位:不二硝子

引用元:「年収ラボ(ガラス業界)(※1)」 ガラス業界の市場は、上位の企業が独占している印象を受けました。3位までの企業の詳しい業績については、後程ご紹介していきますが、特に1位の旭硝子の業績は大変高く、圧倒的なシェア率となっています。 4位のセントラル硝子と5位の日本電気硝子の業績の差は、1926憶円~1990憶円となっており僅差ですが、6位の日本山村硝子の売上高は701憶円となっており、以降は売上高が大幅に変わります。このような結果から、ガラス業界の市場は、旭硝子を中心に複数の大手企業の業績によって成り立っていると考えられるでしょう。 それでは、1位~3位の企業の特徴と、詳しい業績をご紹介していきます。

業績1位:旭硝子

ガラス業界企業の中でも、断トツとも言える大変高い業績をおさめていたのが、旭硝子です。売上高は、1兆3483憶円となっており、2位以下の企業に大差をつけています。旭硝子は、国内だけでなく、世界でも板硝子の分野で首位を獲得している、大手ガラス業界企業です。(※2)

業績2位:日本板硝子

続いて、業績2位に輝いたのは、日本板硝子です。売上高は、6267憶円でした。2位という順位ではありますが、こちらも業界全体の市場で高シェアを占めている、高い業績です。日本板硝子は、建築用及び自動車用ガラスを主な事業として手掛けている企業です。(※3)

業績3位:HOYA

業績3位となったHOYAの売上高は、4899憶円でした。3位ではありますが、近年のHOYAの業績は増加傾向。今後も、業績の成長が期待できる企業です。HOYAは、特にブランクスや光学レンズ、眼鏡などの分野に強いガラス企業。本社は、東京都新宿区にあります。(※4)

ガラス業界企業:平均年収

続いて見ていくのは、ガラス業界企業の平均年収です。各企業の年収から、ガラス業界全体の年収の相場を把握しておくことで、就職活動がスムーズになりますよ。 また、業界研究をしている方は、業績の結果と比較していみるのもです。年収の高さと、業績や知名度、の高さは比例するものなのかどうか、年収が高い企業の法則や特徴を考えていみるのも良いですね。 日常生活に関わりが深いガラス。それらを製造・販売しているガラス業界の人々は、どれくらいの収入を得ているのか、を通して見ていきましょう。

以下は、ガラス業界企業の平成26年~平成27年の平均年収を元にしたです。

次のページ:業界研究をする際には、課題や弱点にも注目!
初回公開日:2016年11月16日

記載されている内容は2016年11月16日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング