IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

転職が決まらない焦りへの対処法|転職が決まらない人の特徴は?

更新日:2020年10月02日

転職の悩み・不安

転職が決まらないと焦りを感じるようになりますが、決まらない期間が長引くほど自分自身を責めてしまいそうになりますよね。転職は運とタイミングも重要なので、必ずしも実力がないから転職できないとは限りません。そこで転職が決まらない時の対処法を紹介します。

1分でわかるこの記事の要約
  • 転職活動は、しっかりと行動計画を立てることが大切
  • 面接はマニュアル回答ではなく、自分の言葉で答えられるようにする
  • 転職活動が上手くいかなかったら、転職エージェントに相談しよう

転職が決まらないと焦ってしまうのは当然ですが、転職活動をしている人の多くは2~3カ月間は転職活動をしているようです。週に10社近く面接を受けたとしても、実に100社近くの面接をしていることになりますよね。 たった1社の採用を取るために、何社も面接しに行かなければいけないのが転職活動の現実です。当然それだけ多くの会社から不採用となって落とされるので、転職活動が長引くほど自分に自信を無くしてしまうのも分かります。 だんだんと焦りを感じて、自分を必要としてくれる会社なんてないと思ってしまいますよね。そんな時は転職エージェントに相談しましょう。転職のプロが丁寧に転職活動をサポートしてくれます。

転職が決まらない焦りへの対処法

自分の予定をなるべく埋める

転職活動をする時にはどこでもいいから面接を受けるのではなく、自分が入りたいと思う会社を選びますよね。 転職が決まらないと悩んていても、しっかりと目標を決めて活動することは大切です。こだわりが多いほどハードルも高くなっていきますが、しっかりと行動計画を立てることは大切です。 自分で週に10社の面接を受けるとすれば、しっかりと行動計画を立ててみましょう。自分で予定を入れることによって、面接をやっているという意識が高まります。 予定表が空欄のままでは1日をムダにしてしまったと思うので、焦りを感じやすくなります。特に転職先が決まらない時は、どんどん自分の予定を埋めるようにしましょう。 何か行動していれば転職が決まらない焦りを感じることもないので、毎回転職活動に集中することができます。

期限を決めて追い込む

転職先が決まらないと焦りを感じてしまいますが、そんな時には期限を決めて自分を追い込んでみましょう。転職が決まらないと余計焦ってしまうかもしれませんが、焦っているからこそ追い込みをかけるのです。 転職が決まらないと焦って精神的に追い込まれていきますが、追い込まれた方が本領を発揮する人も多いですよね。 追い込まれなければどこかでもまだ大丈夫だという余裕の気持ちがあるので、本気でやっているつもりでも全力を出し切れていないことお多いです。死力を尽くして転職活動に挑むためにも、自分を追い込むために期限を決めて転職活動をしましょう。 目標を決めることでやる気も出ますし、行動計画も立てやすくなるので効率的です。

転職エージェントを利用する

転職が決まらないと焦ってしまいますが、焦るほど本来の自分の良さを見失っている可能性もあります。 自分では良かれと思っていることでも、面接官からは心象が悪いこともあります。それに気づくには客観的に判断することが大切ですが、焦るほど客観的にはなれないものです。 そんな時には第三者の意見を聞くことによって、何が悪いのかを判断することができます。 転職エージェントのように第三者の意見を聞くことで、自分で焦って見逃していたことを気づいて教えてくれるでしょう。焦るほど本来の自分を見失ってしまうのは当然なので、焦りを解消させるためにも転職エージェントをりようするのはです。

転職が決まらない時の不安対策とは?

転職先が決まらない期間が長くなるほど、不安な気持ちは大きくなっていくものです。不安な気持ちを抱えたまま転職活動をしても、なかなかうまくいくことは少ないでしょう。 不安な気持ちは自然と顔や態度に現れやすいので、面接の時にも不安なことが相手にバレてしまします。 もちろん、面接では緊張したり不安な気持ちで臨む人は多いですが、その中でも堂々とした態度のライバルがいれば、相手の方の心象の方が良くなってしまいます。 自分では頑張っていてもライバルがそれ以上に好印象ならばどうすることもできませんよね。少しでも不安な気持ちを解消するためには、どうすれないいのでしょうか。

自分自身を見直してみる

転職が決まらない期間が長引くほど、不安な気持ちが大きくなるのは当然です。だからこそ不安な気持ちを良い方向に活用して原動力にすることが、転職活動には大切なのです。 不安な気持ちが解消できなければ、本来の自分の力を最大限に発揮するのは難しいでしょう。ならば何が不安なのか、どうすれば不安を解消できるのかなど、自分自身を振り返って見直してみましょう。 客観的に自分を見つめ直すことは大切なことですが、転職活動中はなかなか自分を振り返る時間を取るのは難しいでしょう。不安な気持ちのまま闇雲に面接を受けるよりも、一度自分を見つめ直してみることで良い方向に向かうかもしれません。

面接対策を見直す

どんなに転職活動のための準備を万全にしても、本番でうまくいかなければ意味がありませんよね。 練習を重ねて自信をつけることで、本番でも自信を持って面接に挑むこともできます。自分では完璧な面接をやっているつもりでも、相手がどう受け取るかが問題です。面接の時の質問の受け答えなど、いろいろなパターンを勉強しているでしょう。 しかし、いくらパターンを覚えたとしても、マニュアル通りの答えでは好印象を与えることはできません。面接では個性を見たいと思っているので、どんなに完璧なマニュアル回答をしても意味がありません。 転職できないと不安になりますが、不安な気持ちを払拭するためにも面接対策を見直してみましょう。マニュアル回答ではなく、自分オリジナルの回答ができるように頑張るのです。 相手の質問に対してその場ですぐに自分の意見が言えるようにするには、頭の回転や予想するスキルが必要となります。 企業側は暗記力ではなく対応力を見たいと思っているので、面接対策を根本から見直してみるのもです。

転職が決まらない人の特徴

転職が決まらないと悩んでいる人には共通する特徴があります。もちろん自分では万全の対策を立てて臨んでいるつもりですが、転職が決まらない期間が長引くほど注意も散漫になります。 初めはやる気に満ち溢れていたのに、いつの間にか転職活動自体が不安に思うようになっていくでしょう。転職が決まらない人の特徴について紹介します。

自分のことを過大評価している

転職が決まらない人の特徴のひとつに、自分のことを過大評価している人がいます。学生時代から成績優秀で挫折を知らない人に多いタイプで、自分の能力をなぜ理解してくれないのかと他人のせいにすることが多いです。 学生時代までは井の中の蛙なので、狭い範囲で優秀だったのかもしれません。就職活動をする時には日本全国から集まってきますし、自分よりも優秀な人はたくさんいるでしょう。 就活では単に学力ではなく、いろいろな項目によって企業が欲しい人材を選びます。学力だけならクラスの人でも、コミュニケーション能力や対人力が低ければ、就活をうまくする目ることは難しいでしょう。 また自分の能力に見合った会社を選んでいない人もいます。誰でも大会社に就職したいと思いますが、納涼やスキルは必要不可欠になります。 さらに企業が求める人材にならなければ採用してもらえないので、それに見合っただけのスキルがあるのかみきわめることが大切です。 企業に面接に行くのは個人の自由ですが、自分の能力やスキルに見合った会社を選ぶことも、転職活動を成功させるためには必要なことです。いつまでも夢ばかり追いかけていては、なかなか転職先を見つけることはできないでしょう。

コミュニケーションが苦手

仕事をする上で大切なことはスキルやモチベーション以外にも、コミュニケーション能力が必要になります。 職場のコミュニケーションがうまくいくことによって、協調性が磨かれます。個人ではできないような仕事も、仲間と一緒にやることで大きな仕事をすることもできます。 そのためにはコミュニケーション能力は必要ですが、勉強ばかりやってきた人はコミュニケーションを苦手としている人も多くいます。体育会系の人は上下関係なども厳しいので、コミュニケーション能力が高い人も多いでしょう。 しかし、勉強一筋でやってきた人の中には、自然と相手を見下したりする態度をとる人もいます。仕事では学力よりもスキルや対応力が必要なので、仲間や取引先の人とのコミュニケーションは大切です。 面接では面接官とのやり取りを通じてコミュニケーション能力があるかも判断されます。素早い受け答えだけでなく、顔の表情や目線などもチェックされています。 普段からコミュニケーション能力が優れている人は問題ありませんが、転職が決まらない人の中にはコミュニケーションが苦手な人も多いです。普段から会話をするクセをつけることが大切です。

理想と現実のギャップがあり過ぎる

転職する時には自分ができるだけ長く働きたいと思う会社へ面接に行きますよね。できれば一生働き続けられる会社ならばいいのですが、なかなか難しいのが現実です。 自分がやりたい仕事ができる会社に入社することも難しく、思っていたのとは違っていたという現実もあるでしょう。理想は高く持つことは大切なことで、目標が高いほど頑張ることができます。 しかし、あまりにも高すぎる目標を掲げてしまうと、現実的には難しいこともあります。転職活動では結果を出さなければいけないので、いつかはどこかで妥協点を見つけなければなりません。 いつまでも理想ばかり追い求めていても、結果がついてこなければ生活することも難しいでしょう。転職できない人は理想と現実のギャップがあり過ぎるので、うまく転職を成功させることが難しいのです。

仕事への意欲が感じられない

転職活動を始めた当初は、自分の理想を高く持って転職活動をすることができます。そのためモチベーションも高いまま転職活動に臨むことができるでしょう。 しかし多くの人は2~3カ月ほどの転職活動をするので、だんだんと高いモチベーションを維持することが難しくなっていきます。採用されないことが続くことで、自分を必要としてくれる会社はないのではないかという思いが強くなっていきます。 そのため面接を受ける前からどうせダメだという思いが強くなってきます。 不安な気持ちを持っている人は態度に現れやすいので、面接を受けている時でも面接官から仕事への意欲が感じられないように思われてしまうでしょう。モチベーションが低くなるほど面接官への好感度は低くなるので、不採用が続いてしまいます。 転職がうまくいかなければモチベーションが下がっていくので、低いテンションがそのまま仕事への意欲が無いように思われるので注意しましょう。

協調性が感じられない

仕事では高いスキルや経験が必要ですが、協調性やコミュニケーション能力も大切なことです。面接の時にとにかく自分がいかに素晴らしいスキルや経験があるかをアピールするのも大切ですが、独りよがりになってはいけません。 孤高の天才よりも協調性のある凡人を望んでいる企業は多いです。 面接で自分のことばかりアピールすることによって、協調性がないと判断されると採用は難しくなってしまうかもしれません。面接の時に聞かれる質問の成功体験などで、自分の功績だけでなく仲間がいたことの大切さをアピールすることも大切です。

ネガティブ思考

転職が決まらない人の特徴としてネガティブ思考があります。普段からネガティブ思考の人は自分に自信がないので、顔の表情や言葉に現れやすいです。面接ではその人の個性を見ますが、ネガティブ思考の人はあまり良い印象を与えることは少ないでしょう。 ポジティブな人の方が明るく元気なので、採用してみたいと思います。仕事では元気さも大切な要因のひとつなので、明るく元気に面接を受けることも大切です。 ネガティブ思考の人も明るくしようとしますが、やはり根っからの明るい人でなければ、どこかで相手に違和感を感じさせることになります。 仕事をする時にはネガティブな人よりも、ポジティブな人の方がいいので、転職が決まらない人の中にはネガティブ思考の人も多くなります。

自分のことばかり考えている

転職活動をする時に自分のことをアピールするのは当然ですが、独りよがりの態度ではなかなか転職を成功させるのは難しいでしょう。協調性や相手のことに配慮することは、仕事やプライベートでも大切なことです。 そのため、当たり前のようにできる人は、企業からも必要とされることが多いでしょう。スキルや経験も大切な要員のひとつですが、他人のことに配慮できる気持ちを持つことは、マネをしてできることではありません。 自分のことばかり考えている人は、誰にも助けてもらえないので転職活動も大変になって行きます。

身だしなみなど細かな配慮が足りない

転職活動では第一印象は大きなプラス要因となります。書類選考のための写真から面接当日の服装まで、細かなことにも気を配らなければなりません。 リクルートスーツを着ていれば大丈夫だと思っている人は、細かな部分の配慮が足りないかもしれません。転職活動をしている人の多くはリクルートスーツなので、みんな同じに見えるかもしれません。 だからこそ、細かい部分に配慮されていない人は、余計に目立ってしまうのです。スーツやシャツのシワ、着こなし、髪形、靴の手入れなど、常に細かな部分にまで気を配る必要があります。 なぜなら、仕事をする時には会社の看板を背負って働くからです。靴が汚いことは自分自身の評価が下がりますが、会社に入社すれば自分だけでなく社名に泥を塗ることになるからです。 社会人として当たり前のことができているからこそ、企業側も採用したいと思いますよね。身だしなみがしっかりしていることは社会人としての常識なので、当たり前のことができていなければスタートラインにも立つことができないでしょう。 転職が決まらない期間が長くなるほど散漫になっていくので、気持ちを引き締めて細かい部分にまで気を配ることが大切です。

一年間転職が決まらない人がすべきこと

転職活動は約3カ月ほどの人が多い中で、一年近く転職が決まらないと挫折してしまいがちです。 一年転職が決まらないと自分は必要とされていないと思うようになり、転職活動を諦めてしまうことも多いようです。もし一年近く転職が決まらない時には、どうすればいいのでしょうか。

一度妥協した会社に就職活動してみる

長い期間転職先が決まらないと、自分の生活もままならなくなりますよね。そこで自分が過去に妥協した会社に面接をして、仕事をするのもです。 理由としては社会人としての経験が積めることと、自分がやりたい仕事が他に見つけられるかもしれないからです。自分がやりたい仕事があるから会社に入社したのに、想像とは違ったので辞めてしまうと言う人も多いですよね。 いろいろな経験をすることも自分にとっては大切なことですし、自分がやりたいことができるようになった時に役立つかもしれません。

一度転職活動から離れてリフレッシュする

一年間転職が決まらないとどの会社に面接に行っても、採用してもらえるとは思わなくなっているでしょう。 面接する時もどうせダメだろうという気持ちで行くので、自然と態度に現れてしまいます。面接官は何人も面接をしているので、モチベーションが低いのを察知するでしょう。 面接ではモチベーションが高い人ほど、仕事への興味が髙くやる気もあると思うので、採用されやすくなります。テンションが低いまま面接を受けても、結果はどこも同じになってしまいます。 そこで一旦転職活動から離れて、リフレッシュ期間を設けてみましょう。遊んでいる場合ではないと思いがちですが、テンションが低くストレスが溜まった状態ではいくら転職活動をしてもムダに終わってしまいます。 一旦リフレッシュして新たな気持ちで転職活動に臨んだ方が、心機一転頑張れるでしょう。転職活動は回数ではなく毎回が真剣勝負です。毎回しっかりとリフレッシュして全身全霊で臨むことが、転職を成功させる秘訣です。 一度転職活動から離れてみるのも、転職を成功させるためには必要なことです。

転職が決まらないなら違う仕事を経験してみる

転職が長い期間決まらない時には、一度他の仕事を経験してみるのもです。自分がやりたい仕事にこだわるのは分かりますが、本当にその仕事が自分に合っているとは断言できませんよね。 一度他の仕事を経験することによって、新たにやりたいと思える仕事が見つかるかもしれません。 転職できなければアルバイトをしてみるのもいいでしょう。アルバイトの経験によってやりたい仕事が見つかるかもしれませんし、経験が新たな可能性を広げることにもつながります。 違う仕事をするのは妥協ではなく、自分の新たな可能性を広げるためにすると思えば、転職にも役立つはずです。そこでやはり自分がやりたい仕事はこれだと確信できれば、より強い信念を持って転職活動に取り組むことができるはずです。

客観的に悪い部分を振り返って改善する

転職が長い期間決まらないのには、自分が悪い部分が必ずあるはずです。自分ではなぜ採用されないか分からないと思っている間は、転職先も決まらないでしょう。自分のことを客観的に見ることは大切なことです。 転職が決まらないと悩んでいる人は、客観的に自分を見つめ直す必要があります。一年もの間転職が決まらないのには必ず理由があるはずなので、自分で自分を客観視してみましょう。 自分を客観視することができれば、転職が決まらない理由を見つけて改善することができるはずです。

転職が決まらないなら信頼できる人に相談をする

転職が決まらないと自分一人で悩むより、信頼できる人に相談するのもひとつの方法です。一年も転職が決まらない期間があると、自分を見失ってしまうこともあります。信頼できる人がいることによって支えとなってもらえるので、強い気持ちで転職活動に臨むことができます。 転職が決まらないと悩んている心の声を聞いてもらうだけでも、かなり心が軽くなります。一人で転職が決まらないことを悩むよりも、信頼できる人に頼ってみれば新たな可能性が見つけられるかもしれません。

いつの時代も転職が決まらない人は大勢いる

記事のまとめ
  • 転職活動は、しっかりと行動計画を立てることが大切
  • 面接はマニュアル回答ではなく、自分の言葉で答えられるようにする
  • 転職活動が上手くいかなかったら、転職エージェントに相談しよう

転職活動はいつの時代でも大変で、なかなか転職先が決まらないという人もたくさんいます。企業が欲しい人材にマッチしていなければならないので、実力だけでは採用されないこともあります。 地道な転職活動をすることが基本なので、諦めず自分がやりたい仕事に就けるように頑張りましょう。 マイナビエージェント」なら転職の相談に乗ってくれますので、一度相談してみることをします。

初回公開日:2017年03月26日

記載されている内容は2017年03月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング