IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【飲料業界】企業の業績・平均年収

更新日:2020年11月05日

就活

今回は、飲料水などを生産・販売している、飲料業界企業に焦点を絞って、業界研究に役立つ2種類のをご紹介していきたいと思います。大手企業や商品を製造しているメーカーが多数登場しているので、ぜひ研究や就職活動に役立てて下さいね。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

飲料業界企業:業績

まず初めに、飲料業界企業の業績をご紹介していきます。各企業の業績を研究していくことで、その企業の傾向や将来性、などが把握できると思います。 皆さんがよく飲む飲料水や、好きな商品は、どこのメーカーのものでしょうか?また、それらを生産・販売している企業は、飲料業界の市場にどの程度の影響力を持っているのでしょうか?

以下は、平成26年~平成27年の飲料業界企業の売上高を元にしたです。

1位:サントリーHD 2位:コカ・コーライーストジャパン 3位:アサヒグループHD 4位:伊藤園 5位:コカ・コーラウエスト 6位:ヤクルト本社 7位:大塚HD(ニュートラシュー…+消費者事業) 8位:日本たばこ産業(飲料事業) 9位:カゴメ 10位:ダイドードリンコ 11位:サッポロHD(食品・飲料事業) 12位:北海道コカ・コーラボトリング 13位:キーコーヒー 14位:ジャパンフーズ 15位:ユニカフェ

引用元:「年収ラボ(清涼飲料水業界)(※1)」 商品を多数販売していたり、社名を耳にしたりする企業ばかりが立ち並ぶ結果となっています。上位3社の詳しい業績は後程ご紹介しますが、1位のサントリーHDの売上高は他社を圧倒する高さとなっており、2位~5位は比較的僅差となっている印象です。飲料業界の市場は、サントリーHDを中心に、複数の好業績をおさめている企業によって成り立っていると考えられます。 また、大手飲料業界企業であるキリンホールディングスは、平成25年から飲料事業に関するデータを開示しなくなったそうです。しかし、年収ラボ(※1)の調査によると、飲料事業を含めた全事業の売上高は2兆1957憶円となっており、対象外ではあるものの、こちらも高い業績をおさめているようです。 それでは、上位3位までの企業の詳しい業績をご紹介していきます。

業績1位:サントリーHD

飲料業界の業績で頂点に立ったのは、サントリーHDでした。売上高は1兆2492憶円となっており、2位以下の企業を大きく突き放している高い業績をおさめています。飲料・ビールを中心に展開している大手企業。サントリーウーロン茶や伊右衛門、モルツやボスなど、各ジャンルでさまざまなヒット商品を生み出しています。(※2)

業績2位:コカ・コーライーストジャパン

続いて、売上高5232憶円で2位に入ったのは、コカ・コーライーストジャパンです。1位には大差をつけられていますが、こちらも飲料業界の市場に大きな影響を与える、高い業績となっています。コカ・コーライーストジャパンは、コカ・コーラのボトラーで、関東・東海地方をメインに展開している企業です。以前は、コカ・コーラ セントラル ジャパンという商号でしたが、平成25年7月に、現在の企業名へと変更しました。(※3)

業績ランイング3位:アサヒグループHD

アサヒグループHDの売上高は、4714憶円で3位でした。3位という順位ですが、2位との差は少なく、業界の市場を支える重要な企業であると言えそうです。アサヒグループHDは、ビールの分野が強みの企業で、キリンホールディングスとは首位争いを繰り広げています。商品のアサヒスーパードライの他、発泡酒や第3のビールにも力を入れています。(※4)

飲料業界企業:平均年収

続いて、飲料業界企業の平均年収をご紹介していきます。皆さんが普段よく飲む飲料水。これらの収益は、業界の従事者たちに、どのくらいの収益をもたらしているものなのでしょうか?を通して、飲料業界の年収の相場などを読み取っていきましょう。

以下は、平成26年~平成27年の飲料業過企業の平均年収を参考にしたです。 業界研究をしている方は、業績の結果と比較してみるのもですよ。商品を多数販売している企業や、業績が高い大手企業ほど、年収が高いものなのでしょうか?それとも、着実な経営をしている企業などの方が、収入が高いのでしょうか?年収が高い企業の法則や共通点などを探してみましょう。

次のページ:最新情報と共に、消費者の嗜好やトレンドの研究も!
初回公開日:2016年11月16日

記載されている内容は2016年11月16日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング