IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

一斉送信に便利なアプリ|一斉送信の方法と宛名の設定方法

更新日:2020年08月14日

書き方・例文

複数の宛先にメールを送る際に、一斉送信はとても便利なもの。しかし、一斉送信にもマナーがあるのを知っていますか?マナー違反のメールをビジネスの場で使ってしまったら、ビジネスパートナーとしてランクが下がってしまうかもしれませんよ!

TOに複数人を指定する場合、やはりCCの宛先とは異なり、TOに指定された宛名全員からの返信を期待する意図が強いと思われます。この場合のCCは返信をしなくてもよいと考えて間違いはないでしょう。これはたとえばプロジェクトリーダーが二人以上いる場合や、休職中で返信できないメンバーにもフォローアップや確認用に一応同じメールを送っておくという意味があります。

TO、CC、BCCの併用

TO、CC、BCCを同時に使うこともあります。それは既に述べたような利用目的を複数組み合わせるために用いられます。たとえば、「TOの宛名には返信を求めており、CCの相手には確認を、BCCの相手には「TOとCCとにこのようなメールを送った」ことの確認をさせる」という場合です。多少ややこしいですが、このように階層が3つあることは珍しくありません。具体的に言えば、「プロジェクトリーダー」、「チームメンバー」、「プロジェクト外の上司」などです。 ただし、こうしたメールを送る場合に、もしBCCの宛名とTOやCCの相手とが直接交渉がある場合、TOやCCの相手が「やりとりが外に漏れている」と考える危険があります。このことを防ぐためにも、メールが誰に伝わっているかをやりとりを始める前に共有しておくのがよいでしょう。具体的には、「このメールはBCCにて○○様にもお送りしています」などと本文に明記しておくなどの方法が考えられます。

一斉送信は簡単!

いかがだったでしょうか。一見いろいろな種類があって難しそうにみえる一斉送信ですが、もともとはメールの簡便化のために設けられた機能です。メールサービスは数あれど、その中身は共通です。いったんマナーを覚えてしまえばその機能をあますところなく使うことができます。立派なビジネスパーソンとして認識されるために、ITデジタルは難しい、などと敬遠せずにきちんと使いこなせるようになりましょう。一斉送信は難しい?いえいえ、簡単ですよ、と部下に教えられるようになるのが理想です。

初回公開日:2017年03月26日

記載されている内容は2017年03月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング