IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【食品業界研究】現状・今後の動向・将来性から業界を考察する

更新日:2020年11月05日

就活

私達の食を支えているのが、食品業界です。さまざまな食材やそれを使って調理したもの、便利なレトルト食品など、日常で何気なく食べているあらゆる商品は、食品業界によって開発され、生産・販売されています。今回のテーマは、食品業界。就職活動や業界研究をしている方向けに、食品業界の現状や動向、将来性をご紹介していきます。

上記でもご紹介したように、日本では今後、人口の減少が進み、食品業界の市場が縮小していくと考えられています。そのような状況の打開策として各社が考え出したのが、海外進出です。日本での売り上げが減少しても、海外での売り上げが高ければ、企業として生き延びていくことができます。既に、海外進出を進めている大手企業も複数あり、今後は食品業界企業の海外進出・海外事業が、更に激化すると予想されています。海外進出を成功させ、いかに海外での売り上げを得るかが、食品業界企業の生存の鍵を握っていると言っても、過言ではないでしょう。

食品業界企業の現状:市場動向

続いて、食品業界の市場がどのように動いているのか、業界規模の推移から動向を追っていきます。また、それらの情報をヒントに、食品業界の将来性についても考察していきましょう。

食品業界の市場動向:業界規模の推移

以下は、平成17年~平成25年までの食品業界の業界き規模を、年度別に示したグラフです。

引用元:「業界動向.SEARCH.COM(※1)」 平成17年~平成25年にかけて、減少することなく緩やかな右肩上がりを示している、食品業界の業界規模。業界によっては、平成20年~平成22年にかけて、世界的な金融危機や東日本大震災の影響で大きな落ち込みを見せる場合がありますが、食品業界ではそのような社会情勢の影響が、あまりないような印象を受けます。 やはり、「食」という、日常生活に密接で重要なものを取り扱っている為でしょうか?食品業界は、景気や世界の情勢による影響を、あまり受けない業界だと考えられそうです。

最後に、食品業界を更に研究する際に役立つ書籍をご紹介していきます。

食品業界研究:業界研究本

食品業界のシステムや仕組み、基本的な知識などを学べる書籍です。業界研究の定番とも言えるシリーズで、大変わかりやすくまとめられています。

文化的動向・政治的動向などを踏まえ、食品業界の動向を知ることができる一冊です。

こちらも、食品業界の仕組みを中心に、業界の基本知識について学べる研究本です。

終わりに

次のページ
初回公開日:2016年11月16日

記載されている内容は2016年11月16日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング