IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

依願退職とは?退職金の扱い・手続き方法・公務員の依願退職

初回公開日:2017年03月28日

更新日:2020年08月14日

記載されている内容は2017年03月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

退職

退職の種類にもいろいろあります。その中でもよく耳にする「依願退職」とはどういう退職のことを言うのでしょうか?また、退職金や失業保険の扱いはどうなるのでしょうが?ここでは、「依願退職」の意味とその内容についてご紹介していきます。

依願退職とは辞職での退職

退職の仕方にもいろいろ種類がありますが、「依願退職」とは、その種類の一つです。 簡単に言うと、解雇とは会社からの「クビ」のことで、依願退職は本人から辞職意思があって辞職することです。 依願退職とは、決して悪いことではなく、むしろ定年退職や解雇といった場合を除いて、ほとんどの退職が依願退職に該当するということです。

依願退職は自己都合退職の1つ

退職には大きく「自己都合退職」 と「会社都合退職」に別れます。

種類1:自己都合退職

1.従業員が退職を申し入れ、会社側の承諾を得て行う退職 2.従業員が退職を申し入れ、会社側の承諾を得ないままに行う退職 3.懲戒解雇(労働者が責任を負わなければならない理由による解雇)

種類2:会社都合退職

退職には、その原因が従業員側にあるか、会社側かによって「自己都合退職」か「会社都合退職」に分けられますが、依願退職とは、自己都合退職の一つ(1.従業員が退職を申し入れ、会社側の承諾を得て行う退職)として位置づけられています。 「2.従業員が退職を申し入れ、会社側の承諾を得ないままに行う退職」があるように、もし退職を申し入れても、会社側が承諾しなければ依願退職になりません。

依願退職での退職金の扱い

依願退職の退職金額と勤続年数の考慮

退職金は会社で任意に決定できる

退職金は法律上の規定ではありません。そのため、退職金を支給する義務はなく、どのような方法で退職金を計算するかは会社の自由です。 退職金制度がある場合は、その会社に「退職金規定」というものに支給条件や支給率が定められていますので、確認してみることをします。

退職金規定がない場合は退職時に確認する

たとえ、失業保険で「自己都合」と扱いとさても、退職金でも「自己都合」となるわけではありません。依願退職がどちらのタイプとして処理されて、退職金がどうなるのかについての明確な規定がない場合は、交渉においてトラブルになることも予想されます。規定がない場合は、あらかじめ、退職交渉をする際に確認しておくと後にトラブルを解消できるかもしれません。

依願退職の手続き方法

依願退職の退職願の書き方

ここでは、退職願の書き方を提示します。退職願とよく間違われるものに「退職届」がありますが、退職届は提出後に撤回はできないことになっており、退職願は提出後に撤回できるという点が大きく違います。

ペンで便箋に縦書きする(手書き)

退職願は、手書きが一般的です。パソコンで作成することが認められている場合は、それでも可能ですが、署名部分と印鑑は必要です。 また、手書きの場合は、用紙は便箋に、ペンで書くのが一般的です。便箋やペンでというのは、決まりではありませんが暗黙のルールとしてそのようになっています。 用紙サイズは、以下のうちのどれかになります。 ・A4便箋(210×297mm) ・B5便箋(182×257mm) ・セミB5便箋(177×250mm) ・色紙判(177×230mm) 用紙は、白でシンプルなもので、罫線は有り無しどちらでも良く、縦書きが一般的です。また、インクは黒、万年筆または、ボールペンが良いでしょう。

関連タグ

アクセスランキング