IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

オープンイノベーションとは?事例と今後の課題

初回公開日:2017年03月26日

更新日:2020年11月08日

記載されている内容は2017年03月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

ビジネスマナー

オープンイノベーションという言葉をご存じですか?普通のイノベーション(革新)とはどこが違うのでしょう?今回は日本でも徐々にひろまりつつあるオープンイノベーションについてご紹介します。世界の企業ではLEGOやSamsungなどが先駆けているようです。

オープンイノベーションとは?

オープンイノベーションとは?
※画像はイメージです
出典: https://unsplash.com

オープンイノベーションという言葉を聞いたことがあるでしょうか?2000年代のはじめにハーバード・ビジネススクールのヘンリー・チェスブロウ氏が提唱した新しい概念です。 企業が社内のリソースだけにかぎらず、他の会社や大学・公的な研究機関・起業家など幅広く社外から、技術・アイディアを集めて、革新的なサービスや、商品を作り上げるイノベーションの方法論のことをオープンイノベーション呼びます。

これまでの日本は真逆の方法で成功

日本は今までは、製造業では特に、自社やグループ会社だけで研究者を囲い込んで、研究開発・製品化・市場開拓まで、すべて自分の会社だけでおこなう「クローズドイノベーション」が主流でした。 オープンイノベーションとはいわば真逆で、たとえばソニーのウォークマンや、トヨタのプリウスは、その結果のたまものだったのです。日本のもの作りは、クローズドイノベーションがリードしてきたといって過言ではありません。

日本の企業もオープンイノベーションをめざすように

近年は市場が激しく変化するようになりました。消費者のニーズも多様化し、複雑になる中で、大学や他社の技術を利用したり、広く外部にアイディアを求めたりしないと、企業競争から取り残されるというリスクも出てきたのです。 2016年7月に新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)がまとめた「オープンイノベーション白書」によると、「もはや自社の資源だけで、新たなクライアントの価値を生み出す革新を巻き起こすのは不可能」としています。

各企業の社長の考えにも変化が…

日本で根付いている、クローズドイノベーションの風潮を、簡単に払拭するのは、なかなかむずかしいです。 それでも日本経済新聞社が、2016年6月にまとめた「社長100人アンケート」によると、ベンチャー企業に投資したいと回答した割合は、約45%という数字が出ており、オープンイノベーションへの期待があらわれたデータと考えてよいでしょう。

オープンイノベーションの具体例

オープンイノベーションの具体例
※画像はイメージです
出典: https://kaboompics.com

では具体的に、オープンイノベーションの事例を見てみることにしましょう。みなさんがよくご存じの企業ばかり登場します。

LEGO(レゴ社)

LEGO(レゴ社)
※画像はイメージです
出典: https://www.pexels.com

世界各国の企業でも、イノベーションを通して、新たなビジネスモデルを作った企業の代表的な存在が、LEGO社なのです。デンマークの老舗メーカーであるLEGOは、創業100年近くを誇り、しかしその地位にあまんじることもなく、改革を推進しました。2014年上期には、業績でなんと世界で有数のおもちゃメーカーへと躍り出ています。 LEGO社がその後も快進撃をつづけている秘密のひとつが、オープンイノベーションなのだとか。

専属のオープンイノベーション部署を設置

同社は専門のオープンイノベーション部署を作り、1985年から勤務しているエリック・ハンセン氏をシニアディレクターに指名しました。イノベーションには何が必要かを探るためにも、施策も実行したのです。それは以下の3つのことでした。 1. オープンイノベーションを実施している12社にインタビューをおこなう 2. LEGOグループ全体で、30もの異なる事業部署について分析する 3. テストプロジェクトを4つおこない、イノベーションに自社がどれほどの力を有しているのか、潜在能力を含めて調査する

ハンセン氏によるオープンイノベーションの考証は?

エリック・ハンセン氏は上の事柄をおこなったうえで、次のようなことが、確証として得られたのだといいます。 1. イノベーション創出をさまたげているのは、ほかならぬ社内の風潮である 2. LEGOに貢献するのは、かならずしも社員である必要はない 3. イノベーションにリンクするような、斬新なアイディアを持ち出してくるのは、企業や部署外の人間だ 4. 最近の消費者は賢く、創造的であり、自分の アイディアをすすんで企業に提供したがっている

関連タグ

アクセスランキング