IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

なんでもできる人の特徴と性格|なんでもできる人になるには?

更新日:2020年05月30日

ビジネスマナー

友人や同僚の中になんでもできる人っていたりしますよね。自分はこんなに頑張っているのにどうしてあの人は簡単になんでもできるんだろうと思ったことはありませんか?実はなんでもできる人には特徴があります。ポイントを押さえてあなたもなんでもできる人になりましょう。

なんでもできる人の特徴と性格

なんでもできる人ってキラキラ輝いて見えて羨ましいですよね。しかし、そう思っているほとんどの方が「自分にはあんな風にはなれない」って最初から諦めている事が多いんです。 あなたもそう思っていませんか?もしそうなら今すぐ考えを変えましょう。なんでもできる人というのはそんなに難しいものではありません。なんでもできる人は「努力せずになんでもできる人」というわけではないんです。まずは特徴と性格を見て、自分と何が違うのかを考えてみましょう。

短期間で覚える

なんでもできる人って、仕事内容などもすぐ覚えて行動できる人というイメージがありませんか?そしてその逆の人は「あの人は物覚えがいいから…。」と努力もせずに諦めている方が多くないですか? 確かになんでもできる人は短期間でいろいろなことを覚えたりしますが、決して努力をしていないわけではありません。説明を受けている時はただ聞くだけでなく、集中して聞いて早く理解しようとしています。 対してその逆の人はどうでしょう。説明を聞いているときはちゃんと集中できていますか?話の途中で違うことを考えてたりしませんか?説明が終わった後「覚えよう」と努力するよりも先に「こんなの覚えられない」と思ったりしていないでしょうか? マイナスの自己暗示をかけてしまうのは非常によくありません。「できない」と思い込むより「私ならできる」と思い込むように心がけましょう。

とにかくやってみる

なんでもできる人は好奇心旺盛で、なんでも興味を持つとやってみる傾向があります。 その時に考えているのは「こんなのできない」「失敗するのが怖い」といった感情ではなく、「やってみたい」という純粋な気持ちです。 あなたが今まで興味を持ったものを想像してみてください。漫画やゲーム、音楽やスポーツなど、興味を持ったものならなんでもいいです。そのうち実際にやってみたものに関しては「やってみたい」という純粋な気持ちがありませんでしたか? なんでもできる人にはこれが多く、勉強や仕事面だけでなく、あらゆることに興味を持って”まずはやってみる”ので他の方よりも経験が多いです。苦手意識がないので吸収するスピードも速いですし、違う分野でも応用ができたりするのでなんでもできるように見えます。

目標が高い

人はみんな「納得できるまでやる。」という考えを持っています。しかしこの納得できる基準は人それぞれなんです。 あなたは自分が目標を立てるときどのように目標を立てるでしょうか?「平均がとれていたらいいだろう」と考えているならその考えを変えてください。なんでもできる人はこの目標自体が高く、常に「成績上位になりたい」と考えています。 目標が高いと、それに向かって努力するのでどんどん成長していきますが、いつも「平均が取れればよい」と考えている人は、多少失敗をしても「もっと下の人がいるから大丈夫」と努力することを諦めてしまうことがあります。これだと成長なんてするはずがないですよね。

できないことがないわけではない

”なんでもできる人”というのは”できないことがない”わけではありません。周りになんでもできる人がいるのであれば、一度苦手なことや、できないことはあるのか聞いてみると良いでしょう。 「絵を書くのが下手」「字を書くのが苦手」「お酒が飲めない」「ピアノが弾けない」などなにかしらの苦手は誰にだってあるんです。それでも、なんでもできると思われているのは何故なのか。それはできないことよりも、できることのほうが圧倒的に多いからです。 なんでもできる人になりたいのであれば、できることを増やしていけばいいだけなんです。完璧じゃなくてもいいんです。これなら、自分でもできそうだと思いませんか?

臨機応変

なんでもできる人は即座にいろいろなパターンを想像します。成功したイメージももちろん大事ですが、このたくさんのパターンを想像するというのも大事。 要は車の教習と同じです。「ここからこうなるかもしれない」という様々な考えを持っているので、実際その時になればすぐ臨機応変に対応することができるんです。車の運転だけでなく、仕事や私生活でも視野を広くもつことが大事です。

なんでもできる人になるには

今この記事を読んでいるということは、あなたは「なんでもできる人になりたい。」「今の自分を変えたい。」と思っているはず。実はこれだけで”なんでもできる人”への第一歩を進むことができているんです。 でもできる人になるにはもう少しの意識改革が必要。次のポイントを押さえて意識してみましょう。

有言実行

まずはなんでもいいので自分が達成できる目標をいくつか立てましょう。この時「仕事で評価されるようになる」などのアバウトな目標を立てるのはNGです。目標の設定は「毎朝6時半にきっちり起きる。」「毎日湯船につかるようにする。」など、仕事は関係なくても良いので細かく設定していきましょう。これらを達成していくと達成感を得られるのはもちろん、徐々に”自分にもできる”という自信がついてきます。 自分に自信が持てると行動や表情にも余裕が出てきますし、考えもポジティブになっていきます。そのために最初の1か月は確実に達成できる簡単な目標を立て、達成できれば徐々に目標を高く設定していきましょう。

今までの自分は捨てる

初回公開日:2017年03月28日

記載されている内容は2017年03月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング