IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

会社での評価が低い・されないときの対処法|会社の評価制度の種類

経営

会社で働く際に評価というものは付き物であって、とても気になるものですよね。そんな、会社で評価されないときに一体どうしたら良いのか。なにか対策は、あるのか。評価されないときの対処法や、評価が低いときの対策など、まとめて紹介していきますね!

更新日時:

会社で評価されないときの対処法

会社に勤めていながら「評価されない」ということは、とても辛いことだと思います。 人は、なにか「評価」されるからこそ頑張れたり、やる気が入ったりするものです。しかし「評価されない」ということは、そういった気持ちが、なくなってしまいます。では、どのように対処していけば良いのか、紹介していきます。

評価されるアピール方法を考える

会社で一生懸命働いていても評価が得られないのは辛いです。そこでアピールの方法を考えてみましょう。 他にも一緒に働いている方は居ますよね。そこで、その方は一体どうやって会社で評価を得ているのか、言動チェックをしてみてください。そこで自分とは違った言動をしている場合、真似してみるのも1つの手段です。

評価ばかりを気にしない

会社での評価というものを気にしているあまり、本当の自分というものを出せていないのではないでしょうか。原因は実は、そこだったりもします。 「本当の素の自分」というものを、さらけ出してくれないことを「寂しい」「なにを考えているのか、わからない」と思う方もいます。気にしすぎるということも良くないです。周りを気にしないで仕事をして評価が得られれば嬉しいですよね。

会社での自分の存在を確かめる

評価を気にする前に、自分は一体「会社で、どのような存在として見られているのか」を考えることが、とても重要なポイントです。 「可愛がられるタイプ」なのか「おとなしいタイプ」なのか「仕事を黙々とやっているタイプ」なのか。それを知ることによって、上手く、そこを活かしながらアピールすることができますので「自分は会社で、どういう風に思われているのか」を知ることは良いことですし、これから先、とても大切なことになってきます!

会社の先輩に相談する

会社の先輩に相談するということは、とても良いことです。 同期に相談することも悪くはないのですが「俺も!」「私も!」と、一緒に悩んでしまうケースも多いです。なので先輩だったら「そんなことだ悩んでたの?全然気にしなくて大丈夫だよ!」と前向きにさせてくれます。 なので自分で考えすぎてしまって嫌になってしまう前に相談することで明るい未来が待っているかもしれません。人に頼るということは、とても大切なことです。

会社で評価されるには積極的になろう!

会社で評価されるには積極的になるということは、とても大切です。 少し勇気がいるかもしれませんが、上司に思ったことを言ってみる・自分のアイデアを出してみるというようにしてみると「そんなこと考えてたのか!」と思われることも結構あります。言葉にしなくては伝わるものも伝わりませんよね。積極的になるということは自分の考え・思いが相手に伝わるということなんです。積極的になることは決して悪いことではありません。少し勇気を出して大切なことを伝えていきましょう!

まわりの意見をよく聞こう!

まわりの意見を聞くということは、とても大切なことです。 自分ではわからないことって、たくさんあるんですよね。それに気づかせてくれるのが、「まわりの意見」です。言われたことを、きちんと受け止めて参考にしていくと良いと思います。

自分のモチベーションを確認

会社での評価が低い=自分のモチベーションが下がってしまっては、いませんか?上司は意外と見ているものです。 みなさんも同じだと思いますが、やる気が感じられない相手には期待もしませんよね?それと同じかもしれません。自分のモチベーションが下がってしまっていて相手に伝わってしまっているのかもしれません。そうすると同じ仕事の実績を上げても「モチベーション」次第で会社での評価は変わってきてしまいます。

期待しすぎないことも大切

期待するということは良いことでもありますが、実は悪いことでもあります。 「評価されたいから期待している評価になる」ということは、ありません。しかし「期待していなかったのに評価された!」だと、なんだかとても嬉しく感じるのではないでしょうか。自己評価を下げることは良くありません。しかし「まわりからの評価を期待して期待通りの結果にならなかった。」だと気の持ちようが全然違うと思います。 期待しないで評価されたら嬉しいですから気長に待ってみるのも幸せを掴む1つの手段なんです。

「つもり」は、やめよう!

「こんなに頑張っているのに、どうして誰も評価してくれないの?」と不満をぶちまけたくなるのは、とてもよくわかるのですが、それ「頑張ったつもり」になっていませんか? 「つもり」とは、こわいもので自分だけの判断なんですよね。ですから、まわりから見たら「そんなに」と思われてしまっている可能性もあるんです。「どうしてみんな評価してくれないの?」とモヤモヤする前に「つもりになっていないか。」自分の行動など、もう一度よくチェックしてみてください。

コミュニケーションをしっかり取ろう!

コミュニケーションとは仕事をする上で、とても大切な要素となってきます。 同じ実績を上げている方でも、コミュニケーション能力が高い方と、そうでない方では評価も違ってくると思います。コミュニケーションをしっかり取れる方というのは話しやすいため仕事もスムーズに行えます。なので自分はコミュニケーションをしっかり取れているのか再確認することをオススメします。コミュニケーションをしっかり取れることにより今まで以上に仕事がスムーズに進むということもあります!

会社での評価が低いときの対策

会社での評価が低いと、やりがいを感じられない。など様々なマイナスな感情に陥ってしまうと思います。しかしそれは会社での評価であって、自分の評価ではありません。 「会社での評価が低い=自分はダメなんだ。」と思ってしまっていませんか?それは違います。会社というのは仕事をする場所であって、自分のすべてを評価してくれる場所では、ありません。自分という人間を否定することだけは、やめましょう。 会社での評価が、すべてではありません。なので自己評価まで自分で低くしてはダメです。「自分は、できる!」と思うことで表情も明るくなります。会社は、そういったことに敏感です。「最近明るくなったね!」「以前より話しかけやすくなったよ!」なんて言われることもありますから会社の評価=自分を否定・自己評価も低いというのはやめて仕事が終われば「明るい自分」を取り戻すことが会社での評価が低いときの最大の対策と言えるでしょう。

評価制度

会社の評価制度とは、一体なにか。どんな種類のものがあるのか。今では色々な種類のものがあるようです。評価制度を知らない方・聞いたことは、あるけれど詳しく知らない方・種類があるのを知らない方、まとめて紹介していきますので是非閲覧ください!

評価制度とは?

評価制度とは、モチベーションアップのためや様々な目的のために行われているものです。社員の昇給・昇格・昇進など「頑張れば頑張った分だけ評価されるもの」です。「頑張ってもなにも変わらない」というのでは仕事に対する意欲というものがだんだん薄れてきてしまいますよね。なので評価制度というものを行い「自分の、やる気アップ」に繋げることができるものです。

人事評価制度

人事評価制度とは、半年・1年間などの一定期間の社員の働きぶりを見て、評価をし昇給や昇進・昇格、その働きぶりに見合ったものを反映させることです。「評価制度」・「昇格制度」・「賃金制度」の3つで構成されています。ただ賃金だけを上げるということではなく、会社の方向性の理解・社員が成長しながら働ける・能力を活かせる・業績を上げられるといったことを実現するように行う制度のことを言います。

目標管理制度

目標管理制度とは、目標を達成するために目標設定を行い、実行し結果を確認するというものです。目標というものを設定することにより、どうしたら目標を達成できるのかなど仕事に対して意欲的になることができるため用意されている制度です。また、目標達成ができなかった場合にも「なぜ達成できなかったのか。」を考えることにより次の仕事に繋げることができます。また、目標設定の相談などを上司と取るため普段あまり話さない上司ともコミュニケーションを図ることができます。

コンピテンシー制度・評価

コンピテンシー制度・評価とは社員ごとに「どのようにして、その成果を生んだのか」・「そのために、どのような行動をとったのか」を分析するもので、行動力・能力を意味しているものです。評価する基準というのが行動パターンなので、評価しやすいというのがメリットです。

多面評価

多面評価とは上司や部下、同僚などといった、あらゆる担当者などから様々な角度から評価されるといった制度のことです。上司からだけの評価ではなく、部下や同僚からも評価が得られるため「上司の判断のみでの評価」というものが避けられるというのはメリットだと思います。また様々な方面から評価が得られるため信頼性も高くなります。

<様々な評価について>

会社の評価制度について書いてきましたが、今の会社での評価というものが低い方でも様々な「評価制度」というものを取り入れてきているので、評価が上がるといった期待もできます。また、今の評価に不満を募らせるのではなく、しっかり受け止めることをした上で、次回の評価が上がるように、さらにスキルアップの準備をしておいてください。

会社から適切な評価をされていますか?

給料の上がり方が遅い...」 「残業代が出ないんだけど...」 「ボーナスの額が思ったより少なかった...」 そんな悩みを抱えている人は、会社から自分の評価が適切にされているかを調べましょう。 身につけたスキルは、現職よりも、転職時のほうが高く評価されやすいので、転職によって年収が上がる可能性は大きいです。「でも、自分のスキルってそんなに評価されるかなぁ」という疑問は、転職エージェントに聞くことができます。 どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

関連タグ

アクセスランキング