IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【PCスキル】履歴書や職務経歴書での書き方・おすすめ資格

書類選考

履歴書や職務経歴書に書くpcスキル。いまいちどう書いていいのかわかりませんよね。また、自分のpcスキルがどれほどかわからないという方もいると思います。今回はそんな方に向けたpcスキルの書き方やスキルのチェック方法などを紹介します。

更新日時:

履歴書を書く上で押さえておきたいポイント

今回は履歴書、または職務経歴書などのPCスキルの書き方について紹介しますが、まずは大前提に履歴書を書く上で押さえておきたいポイントを知っておきましょう。履歴書の書き方がわかってなければPCスキルをいくらアピールしても相手に伝わりにくいので、しっかりとおさらいしておきましょう。

履歴書はPC作成?手書き?

基本的に手書きの履歴書と指定がなければ、PCで作成しても構いません。しかし、手書きの文字を見る事で、人物像をイメージする採用担当者もいるので、字に自信がある場合は手書きの方がプラスになります。また、PCで作成する場合はオリジナルの物では項目が足りないと、自分にマイナスな部分を削除したと思われてしまうので、履歴書のテンプレートなどをダウンロードして使うのが良いです。

暦の書き方

履歴書全体を通し、西暦、元号は統一するのが良いです。学歴は最終学歴の一つ前から書くのが原則とされています。また、職歴に関しても学歴に関しても略さずに、高校なら高等学校、会社の場合は株式会社などまで、しっかりと書いておきましょう。

趣味や特技

意外と履歴書で一番悩んでしまうのが趣味や特技、長所や短所。実は結構重要で、会話のきっかけにもなり、自分をアピールするチャンスとなるので、空欄ではなくしっかりと書いておいた方が有利になります。だからと言って趣味をあまりにも多く書いてしまうと、仕事よりも趣味を優先する人間だとイメージされやすくなってしまうので、ある程度趣味は絞って書いておいた方が良いです。

職務経歴書を書く上で押さえておきたいポイント

では次に履歴書ではなく、職務経歴書を書く上でおさえておきたいポイントを紹介します。職務経歴書は履歴書とは別に2~3枚程度用意しておくのが良いと言われています。意外と書き方が難しい物でもあります。

職務経歴書はプレゼン資料

職務経歴書は簡単に言えば応募先に自分をアピールする為のプレゼン資料です。職務経歴書はこれまで働いてきた経歴をわかりやすくまとめるものなので、全てを書く必要もなく、うまくまとめる事が大事です。書類選考の時点で、企業側は職務経歴書の実績や今までの業務内容を見て、企業と合っている人材かを判断します。

企業に合わせたアレンジを

職務経歴書は上記でも書いた様に、全てを書くものではなく、まとめる物なので自分なりにアレンジをする事も可能です。だからと言っていい加減な事、もちろんウソを書くのは当たり前ですがNG。まとめる部分というのは、企業側にとってプラスになる部分だけを抜粋すれば良いです。企業と全く関係ない職務経歴の場合はあえて書く必要もないので、その企業に対してプラスになる職務経験があれば書いておきましょう。

肝心なのは見やすさ

企業へのプレゼンと思うと、熱が入ってしまい今までの歴などを沢山書いてしまう方もいると思いますが、一番大事なのは見やすさです。どんなに素晴らしい経歴があったとしてもゴチャゴチャした文面では採用担当者も見づらいので、大事な経歴に目をしっかり通してもらえなかったり、一番アピールしたい部分が伝わりません。わかりやすく簡潔に、罫線や改行、箇条書きなどを使い、見やすい職務経歴書になる様に心がけましょう。

履歴書と職務経歴書どっちが重要?

履歴書と職務経歴書、実際どっちがどういう風に使われるのかどっちが重要なのか?確かに履歴書にも自分の職務歴などは書くので、職務経歴書の必要性がわからないという方もいます。ですが、職務経歴書と履歴書では全然違ってきます。

履歴書とは?

職歴の他、生年月日や住所に通勤経路、扶養家族など、個人情報、つまりわかりやすく言えば履歴書は自分のプロフィールになります。職歴を書く欄ももちろんありますが、履歴書に関しては職歴よりもプロフィールという意識で書きましょう。だからと言って採用担当者にとっては大事な情報で、特に通勤経路や扶養家族などは採用基準として大事な部分です。

職務経歴書とは?

職務経歴書はどんな仕事を経験してきたか詳しく書かれている物。つまり、履歴書からその人を掘り下げる物だと考えてください。特に書類選考の場合には履歴書よりも職務経歴書の方が見られる事が多く、面接なども職務経歴書を見ながら進めていく会社が多いです。もちろん職歴が少ない場合には書く量も少なくなってしまいますが、職務経歴書をしっかり出すか出さないかという部分でどんな性格なのかをイメージする採用担当者もいるので、職歴があればしっかりと書いておきましょう。

どちらが大事?

履歴書と職務経歴書、どちらが大事か?となると、どちらも大事です。例えばアルバイトの場合は特に職務経歴書を出す必要はありませんが、正社員となると今までやってきた職務経験というのは大事な部分になります。また、その様な書類をしっかり出せるか、どんな風に記入して、どんな履歴書、または職務経歴書を提出するかによって書類作成の仕事が出来るかどうかという部分を見ている会社もあるので、どちらが重要という事はありません。どちらも企業からすれば採用不採用を決める大事な書類となります。

履歴書や職務経歴書にPCスキルは書くべき?

最近ではPCスキルを重要視する企業も増えてきていますが、一体どこまでのPCスキルを書けばいいのか、どんな風に書けばいいのか?という疑問も面接を受ける側からすると疑問な部分です。PCスキルは絶対的に書くべきなのか?また、書く際にはどんな風に書いたらいいのか?

PCスキルを主とする企業の場合

PCスキルを主とする企業の場合は絶対的に書いておくべきです。PCスキルが書いていないと、面接でどこまでpcを扱う事が出来るのか、面接担当者からすればいちいち聞かなければいけないので、手間をかけてしまいます。また、PCスキルを主とする企業と言っても、どんなPCスキルを求めている企業にも変わってくるので、その企業に合ったPCスキルを書く事が大事になってきます。例えば、文書作成を主とする企業の場合にHP作成スキルやデザインのスキルをアピールしてもあまり効果はありません。

PCスキルを主としない企業の場合

PCスキルを主としない企業の場合は絶対的に書いておいた方が良いというわけではありません。しかし、書いておいてもマイナスな印象になる事はありません。ただしあまりにもPCスキルの関係ない企業の場合は詳しく書いておく必要はありませんが、最近ではどんな企業でもPCを扱う事はあるので、「支障なく使用できます」程度に書いておけば良いです。また、wordやExcelなどが使用できる場合はその部分も書いておくと喜ばれる事もあるので、書いておいても良いと思います。この場合もデザインやHP作成のスキルなど詳しい部分に関しては多少省いても問題ありません。また、それを書く事によって文面が見にくくなってしまうなら書かない方が良いです。

主なPCスキル

PCスキルとは言うものの、PCスキルと呼ばれる物には一体どんな物があるのか?小さい頃からPCを使っていたりする場合は自然と身についている事もあるので、それがスキルだと気付いていない人も実は結構います。自分がどの様なPCスキルを持っているのか、改めて確認しながらPCスキルにはどんな物があるのか確認してみてください。

基本的なPCの使い方が出来るとされるPCスキル

基本的なPCの扱いが出来るとされるPCスキルには、基本動作、Word、Excel、パワーポイント、メールが挙げられます。基本動作としては、タイピングがある程度できる、保存などのファイル管理、圧縮・解凍が出来る事。WordはWordを使った表の挿入や画像の挿入などが出来る事。Excelは表の作成、四則演算、印刷設定、セル・シートの設定が出来る事。パワーポイントは提示された企画書の作成やスライドショーの実行が出来る事。メールに関してはファイル添付やCC/BCCの使い分けが出来る事。この5つを出来る事が基本的なpcスキルを身につけているという事になります。

あると喜ばれるPCスキル

あると企業側に喜ばれるPCスキルとしては、WordとExcelの基本的なPCスキルより一段階上のレベルです。Wordに関しては、図形の挿入、手書きのメモからの文書作成やチラシ作成。Excelに関してはIF、VLOOKUP等の関数、ピボットテーブル、グラフ作成、シート間の連携などです。ここまであると企業側でもPCスキルもあり、喜ばれやすい人材と言えます。

職業ごとに必要とされるPCスキル

上記では基本的なPCスキルについて紹介しましたが、もちろん職種によっては必要とされるPCスキルもあります。どんな職種にはどんなPCスキルが必要なのか、そんな部分を見ていきましょう。

データ入力

データ入力に関しては必要とされるPCスキルは基本動作のみです。しかし、基本動作が出来るからと言って良いわけではなく、データ入力の場合はタイピングの素早さや正確さなどが求められます。なので、タイピングの検定などをとっておくと有利に進められます。

事務職

事務職の場合に必要とされるスキルはWordとExcelです。Wordは表の作成まで出来ると良いです。Excelは四則演算からSUM関数、AVERAGE関数まで出来ると良いです。また、VLOOKUP、IFなどの関数、ピボットテーブルなどを学んでおくと企業側に喜ばれる人材となりやすいので、そのあたりも学んでおくと良いでしょう。

営業職

営業職の場合も基本的にはWordとExcelが重要になってきます。それにプラスしてパワーポイントも出来る方が良いです。営業職の場合Wordは表の作成から画像の挿入まで。Excelは四則演算はもちろん、SUM関数、AVERAGE関数、IF関数、VLOOKUP関数、ピボットテーブルまで。パワーポイントはスライド作成まで出来ると良いです。

マーケティング

マーケティング職の場合も基本的には営業職と同じ程のPCスキルで問題ありませんが、Wordなら段組み、タブとリーダーまで。Excelはグラフ作成、データの抽出まで。パワーポイントは営業職と同じでスライド作成まで出来れば良いです。

自分のPCスキルのチェック方法

ここまでで自分がどの程度PCスキルがあるのか、自分はPCスキルがあると言えるのか?というのもわかってきたと思いますが、やはりそれでもどうしても自分のPCスキルがわからないという方、自分のpcスキルのチェックの仕方を知りたいという方、そんな方の為に、自分のPCスキルのチェックが出来るサイトなどを紹介していきます。

スキルチェックサイト①

こちらは無料、ネット上で自分のPCスキルをチェック出来るサイトです。基本動作や、一般常識、メールの使い方、Excel、Word、タイピングまでこのサイトだけでチェックする事が出来ます。解答や解説、または動画解説などもあるので、ただスキルをチェックするだけではなくPCスキルの向上にも役立つサイトです。

スキルチェックサイト②

こちらは登録しなければいけませんが、登録、利用無料でスキルチェックが出来ます。Excel、Word、パワーポイントからVBA、タイピングなどの基礎的なスキルまでチェックできます。全て10分程で出来る物で、選択肢から解答を選んでいけばいいだけの簡単なものなので、自分のスキルを今すぐ知りたいという場合に役立ちます。また、解説などもあるのでそれを確認しながらPCスキルの向上にも役立ちます。

サイトなどを使わない場合

サイトなどを使わずに自分のPCスキルをチェックする場合は地元にあるパソコン教室などに問い合わせてみましょう。ほとんどのパソコン教室などではPCスキルをチェックしてくれるサービスなどがあります。上記の様なネット上で出来る自己チェックの場合、どうしても曖昧になってしまう部分があるので、しっかりと細かく正確なチェックを希望の場合はパソコン教室などでしっかりと見てもらいながらチェックしてもらった方が良いかもしれません。

PCスキル関連の資格にはどんなものがあるの?

現在PC関連の資格に関してはザっと見ても30以上の資格があります。かなり専門職な資格もあるので、全てを紹介しきれませんが、企業が求めるPCスキルに関連する資格をいくつか紹介していきます。

P検・パソコン検定試験

P検・パソコン検定試験はパソコン検定協会の主催しているパソコンに関する全般的な知識に関する総合的な検定試験で、1級~5級まであり、パソコンに関する理解度、習得度によって分かれています。初級は割と簡単ですが、上級になるとセキュリティ管理の知識なども必要となります。基本的なPCスキルをスキルとして使いたいなら初級はとっておきたい所です。

情報検定

情報検定は情報を使う、伝える、作るという利用法や活用法を身につける為の検定です。情報収集を目的としたPC操作に関してのスキルを求められる物となっています。また、試験には「情報活用試験」と「情報システム試験」の二つの種類があります。

Word文書処理技能検定試験

こちらはWordを用いた文書作成技能と、ビジネス実務の能力を認定する試験です。Wordの操作能力が試される実技試験となっています。Wordスキルを求める企業は多くあるので、とっておいた方が有利になると思います。3級は簡単なビジネス文書の作成などですが、1級になると高度なビジネス文書の作成が求められます。

Excel表計算処理技能認定試験

こちらも取得しておいた方が良い資格です。Excelを用いた表計算処理技能、ビジネス実務などを認定する資格となっています。Word同様Excelのスキルは多くの会社で必要とされるので、資格をとっておくと自分のPCスキルがアピールしやすくなります。

PCスキルの書き方例

では実際にPCスキルをどの様に書けばいいのか、例文があるのでまずはそちらを見ていきましょう。大事なのはやはり見やすさとわかりやすさ、そのポイントを確認しながら例文を見てみてください。

■パソコンスキル Word2010(社内提案書、接客マニュアルの作成などに使用) Excel2010(在庫管理票、シフト管理表の作成などに活用) ■パソコンスキル 使用機種:windows 使用ソフト:Word・Excel・PopwerPoint 操作レベル:ブラインドタッチ入力、関数を使用した表計算、グラフやデータを挿入した書類作成 ■PCスキル Word・Excel・PopwerPointに加え、CADの基本操作も取得しました。 ■PCスキル Word(社外文書作成、データ・図版挿入など) Excel(売上管理、顧客管理、リスト作成・表計算など) PowerPoint(社内向け文書作成、データ・図の挿入、スライド作成) ■PCスキル ・Word(表・グラフの挿入、企画案・議事録など文書作成) ・Excel(データ集計、表・グラフ・見積書・スケジュール表を作成) ・PowerPoint(文字入力、図版作成、講演資料や企画書を作成)

ポイント①見やすさ

パっと見ても誰にでもわかりやすく書かれているのがわかります。改行などもうまく使われていて、とても見やすいです。これ位見やすいと採用担当者もすぐに何が得意なのかというのがわかりますね。またかっこ内に書かれている事も重要です。ただ、Wordだけ書いても、企業側はWordをどこまで出来るのかというのを知りたいので、かっこをつけてどこまで出来るかというのが書いてあるのはとてもわかりやすいです。

ポイント②パソコンスキル

まず一番上に書いてあるパソコンスキルのかっこ内に、どんな場面においてどんな物を作成したかが書いてあります。これを記入しておく事で、企業側がどのスキルをどんな風に活用できるかというのがパっと見てわかります。また、その下のパソコンスキルの使用機種や使用ソフト、操作レベルなどもとてもわかりやすいです。現在パソコンはMacとWindowsに分かれていますが、どちらのパソコンが使えるかというのはとても重要な情報になります。また、タイピング検定などを持っていない場合でも、タイピングがどれだけ出来るかというのを伝える為に、ブラインドタッチ入力が出来るという事を書いてあるのもとてもわかりやすい部分です。

PCスキルをしっかりとアピールしよう

せっかくPCスキルをある程度持っているのにそれを自分でわかっていなかったり、記入の仕方がわかっていないと宝の持ち腐れになってしまいます。自分自身でわからない場合はスキルチェックをしてみたり、しっかりと自分のPCスキルをまずは知っておきましょう。そしてスキルがハッキリしたなら、そのスキルを活かす為に記入のコツやポイントをつかんでアピールしていきましょう。

関連記事

志望動機が内定へのカギ

この応募者、スキルは高いが、志望動機が弱いからすぐに辞めそう」 転職時の採用担当者にとって志望動機は「採用するかしないか」の最後のひと押し。志望動機がしっかりしているかどうかで、合否が大きく変わってきます。 各企業の欲しい人材像に合わせて、自分の持っている動機を合わせるには、企業の文化や採用時の癖を知ることが重要です。そのようなネットでは手に入らない情報を持っているのが「転職エージェント」。転職エージェントは、志望動機や職務経歴書など、各企業へのアピールポイントを教えてくれます。 どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

関連タグ

アクセスランキング