IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

音楽家の年収/仕事内容/生活状況|音楽家の名言集

職種研究

皆さんは、「音楽家」と聞いてどんな人を想像しますか?おそらく、「音楽家」というのは皆さんの回りにもそう簡単にいるわけではないと思います。そのためイメージが湧きにくいと思います。今回は、そんななじみの薄い「音楽家」という職業について様々な観点からご紹介します。

更新日時:

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

「音楽家」とは

皆さんは、「音楽家」と聞くとどんな人を思い浮かべますか?正直な話、皆さんの周りに「音楽家はいますか?」と質問されたときに、おそらくそう簡単に知り合いに「音楽家」がいたりするわけではないと思います。ほとんどの方は、テレビのニュースや新聞・ネットの記事で見かけたりする程度だと思います。そのため、少しイメージしづらいと思います。 今回は、そんななじみのあまりない「音楽家」に焦点を当てて、様々な観点からご紹介していきたいと思います。まずは、「音楽家」とは一体どんな職業なのかについて見ていきましょう。

「音楽家」とは「作曲」または「演奏」する人

では早速ですが、「音楽家」というものが一体どんな職業なのかについて見ていきたいと思います。「音楽家」とは、簡単に言うと、「作曲」または「演奏」する人のことです。一概に「音楽家」と言っても、大きく分けて「作曲」を行う「制作者」と「演奏」を行う「実演家(プレイヤー)」の二つに分けることができます。 「制作者」は、「作曲」のほかに「作詞」を行ったり、「編曲」を行う人のことも含めます(ただし「作詞家」は純粋に「音楽家」とは認識されない場合もある)。現代においては 、音楽制作に直接関与する(音源に関与する)責任者である「音楽プロデューサー」も「音楽家」に含まれることもあります。 一方で、「実演家(プレイヤー)」とは、「指揮者」・「演奏者」・「歌手」の三つに分けることができます。なお、基本的に「音楽家」と言ったら、オーケストラなどを演奏する際に必要となる「作曲家」や「指揮者」、そして「演奏家」などを指すことが多いです。

「音楽家」になるには

続いて、実際に「音楽家」になるにはどうすれば良いのかについて見ていきたいと思います。 「音楽家」になるには、まず音楽大学で音楽を学ばなければ可能性は低いです。なぜなら「音楽家」のほとんどは幼少期のころから英才教育を受けて大学卒業まで常に音楽の勉強を行っているからです。 また、プロとしての「音楽家」の枠は非常に少なく、元々狭き門であるため、少なからず、音楽大学をで音楽を学んでいないと難しいです。

有名な音楽家

ここまでで、「音楽家」というものがどんな職業なのかについてなんとなくわかってきたところで、今度は有名な「音楽家」について見ていきたいと思います。 以下に、有名な「音楽家」についてまとめてみました。

有名な音楽家一覧

アントニオ・ヴィヴァルディ カール・マリア・フォン・ウェーバー ウィリアム・ターナー・ウォルトン (サー・)エドワード・ウィリアム・エルガー ヨハネス・オケゲム セザール・キュイ フランソワ・クープラン エドワルド・グリーク ミハイル・イヴァノヴィチ・グリンカ ニコライ・アンドレイェヴィチ・リムスキー=コルサコフ アルカンジェロ・コレッリ(又はコレルリ) シャルル・カミーユ・サン=サーンス ジャン(ヤン)・シベリウス フランツ・ペーター・シューベルト ロベルト・シューマン ヨハン・シュトラウス リヒャルト・ゲオルク・シュトラウス ヨハン・シュトラウス2世 ジョスカン・デ・プレ フレデリック・フランソワ・ショパン アレッサンドロ・スカルラッティ イーゴリ・フョドロヴィチ・ストラヴィンスキー ベドジフ(又はベドルジハ、ベトルジヒ) セザール・キュイ ジョン・ダンスタブル ヴァンサン・ダンディ ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー ギョーム・デュファイ ゲオルク・フィリップ・テレマン アントニーン・レオポルド・ドヴォルザーク クロード・アシル・ドビュッシー フランツ・ヨーゼフ・ハイドン ヨハン・セバスティアン・バッハ ミリー・アレクセエヴィッチ・バラキレフ ヒルデガルト・フォン・ビンゲン ヨハネス・ブラームス セザール・フランク ガブリエル・フォーレ アントン・ブルックナー ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン ルイ・エクトル・ベルリオーズ ゲオルク・フリードリッヒ・ヘンデル アレクサンドル・ポルフィーリエヴィチ・ボロディン グスタフ・マーラー ギョーム・ド・マショー モデスト・ピョートロヴィッチ・ムソルグスキー フェリックス・メンデルスゾーン ヴォルフガング・アマデウス・モーツアルト クラウディオ・モンテヴェルディ モーリス・ラヴェル オルランド・ディ・ラッソ セルゲイ・ヴァシリエヴィッチ・ラフマニノフ ジャン=フィリップ・ラモー フランツ・リスト ジャン=バティスト・リュリ (又はレオニヌス) リヒャルト・ワーグナー

「音楽家」の平均年収

ここまで、有名な「音楽家」について見てきましたが、今度は「音楽の」の平均年収について見ていきたいと思います。ちなみに、事務所に所属している「音楽家」の場合とオーケストラ団員の「音楽家」の場合と分けて見ていきたいと思います。

事務所所属の「音楽家」の場合

「指揮者」や「ピアニスト」、「ヴァイオリニスト」等のソリストとして活動する「音楽家」の場合、その大半は音楽事務所に所属しています。自分の代わりに事務所にマネジメントや宣伝活動などを任せ、自らは演奏活動に集中する体制をとります。 このように事務所に所属している「音楽家」というのは、コンサートを開催するたびに入る出演料が主な収入源となりますが、そこから事務所の経費(15〜20%程度)と源泉税(約10%)を差し引いた額が「音楽家」自信の取り分となります。 ちなみに、有名な「音楽家」であればあるほど、1ステージ当たりの収益は高くなり、もちろん自らの収入も増えます。 また、海外のコンクールで入賞するような「音楽家」の場合は、経費等を除いて1回当たり50万円程度を得ているようですが、これだけ稼げる人は決して多くなく、10万円〜30万円程度を安定して得られていれば、成功している方だと言えます。

オーケストラ団員の「音楽家」の場合

続いて、プロのオーケストラに正団員として所属する「音楽家」の場合、固定給の収入を得ている人が多いようです。楽団の規模や個々の実力によってその収入に差はあるものの、平均的には月収40万円、年収にしてだいたい400万円〜500万円が相場となっています。 なお、日本で最も有名な楽団の一つ、「NHK交響楽団」では経験を積むと年収1000万円以上を稼ぐ人もいると言われます。また、各楽器の主席奏者になると、手当てとして給与の10%程度が上乗せされるケースが多いです。

「音楽家」の名言

ここまで、「音楽家」の年収事情について見てきましたが、最後に「音楽家」の有名な名言をいくつか見ていきたいと思います。以下に、「音楽家」の有名な名言をいくつかまとめてみました。

「音楽家」の名言集

・「音楽は色彩とリズムを持つ時間とからできている。」                 ドビュッシー(フランスの作曲家 / 1862~1918) ・「音楽はあらゆる知恵や哲学よりも高度な啓示である。」                 ベートーヴェン(ドイツの作曲家 / 1770~1827) ・「音楽は自らの人生であり、人生は音楽である。このことを理解できない人は、神に値しない。」            モーツァルト(オーストリアの作曲家、演奏家 / 1756~1791) ・「音楽について話す時、一番いい話し方は黙っていることだ。」         ロベルト・シューマン(ドイツの作曲家、ピアニスト / 1810~1856)

「音楽家」になるのは難しいが芸術性の高い職業

いかがでしたでしょうか? 今回は、「音楽家」に焦点を当てて様々な観点からご紹介してきました。 ご紹介したことからもわかる通り、「音楽家」になるということは、非常に難しいことで、言ってしまうと努力だけで誰しもなれるという職業ではありません。しかし、人の日常に欠かせない存在である音楽に携わることのできるこの「音楽家」という職業は、芸術性の高い仕事であると言えることは間違いないでしょう。

転職すると給料・年収が上がるってホント?

入社していくらスキルを身につけても、スキルに見合った給料を払われるのではなく、その会社で行われ続けている昇給制度で、少しずつ給料が上がることがほとんど。 身につけたスキルは、現職よりも、転職時のほうが高く評価されやすいので、転職によって年収が上がります。「でも、自分のスキルってそんなに評価されるかなぁ」という疑問は、転職エージェントに聞くことができます。 どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

関連タグ

アクセスランキング