IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ベトナム移住の際の仕事|ベトナム移住の条件・メリットとデメリット

更新日:2020年11月11日

ライフスタイル

ベトナムに移住している日本人は1万人を超えているといわれています。経済成長真っ只中で物価も上がっていますが、それでも安い生活費で暮らすことができるベトナム。老後の移住先としても注目を浴びていますが、そんなベトナムの魅力を紹介していきます。

「ベトナム」という国の基礎知識

ビジネスのため、また老後のセカンドライフのためにベトナムに移住する日本人が増えています。しかし、ベトナムとはいったいどのような国なのでしょうか。移住する前に、ベトナムという国の基礎知識を紹介します。

ベトナムは東南アジアの国であり、ASEAN(東南アジア諸国連合)加盟国のひとつです。首都はハノイで人口は9,170万人、通貨はドンです。日本から6時間のフライトで到着できるため、訪れやすいのも特徴です。 国土は南北に細長く、北と南で気候や風土が異なっているのが特徴です。北部の都市ハノイは亜熱帯気候であるため、冬季は気温が下がります。南部の都市ホーチミンは熱帯の気候であるため一年を通して高温です。中部の都市ダナンはその中間の気候です。 気候風土だけではなく、地域によって文化習俗や民族も大きく異なっています。そのため、国内でも異なった自然や文化を体感できることもベトナム移住の大きな魅力になっているかもしれません。国内を旅行しただけでも国外を訪れたような気分を体感できること間違いなしです。 フォーやブン、生春巻きなどベトナム料理は日本人でもおなじみになってきています。ですが現地ベトナムのベトナム料理は非常にバリエーションが豊かであり、野菜やお肉など自然本来の食材が使われています。本当のベトナム料理を味わいたければ、ベトナムに訪れるしかないでしょう。

日本人がベトナムに移住する方法

日本人にの移住先として、近年ベトナムが注目を浴びています。親日家が多くて物価が安く、日本人が暮らすのにも適しているとされるベトナムですが、移住する方法を解説します。

ベトナム移住のビザは条件に合わせること

日本人の場合、ベトナム国内に15日間以内に滞在するのであればビザなしでOKです。さらに観光ビザを取得すれば90日まで滞在が可能です。 ですが移住するとなると滞在許可証を取得する必要があります。ベトナム滞在のビザは沢山あります。例えばビジネスビザを取得すれば、ベトナムで仕事をしながら数年単位で滞在をすることができます。移住の目的に合わせて、自分にあったビザを取得しましょう。

ベトナム移住のための費用、資金

ベトナム移住で年間にかかる費用は、日本円で約80万円といわれています。ベトナムは経済成長をしているとはいえ、東南アジアの中でも物価が安い国です。100〜200円あれば食事ができます。 家賃は敷金礼金含め3万円くらいで十分な広さの家を借りることができます。家具も備え付けの場合が多いので、わざわざ家具を持っていく必要もありません。 ただし、近年海外資本の進出で物価、地価ともに上昇しています。月10万円ほどの生活費を見込んだほうがよいでしょう。

ベトナム移住の際の仕事

ベトナムに進出している日系企業は約1500社

ベトナムに進出している日系企業は約1500社あり、現地支社で働くならば就労ビザを取得する必要があります。しかし注意をしておきたい点があります。 現地の企業で働くとなると、給与の水準も現地に合わせたものになってしまうということです。ベトナムは日本よりも物価が安いため、それだけ給与も下がることは考慮に入れておかなければなりません。

ベトナムはノマドワーカーにもの移住先

定年リタイア後の移住先としてだけではなく、20〜30代の若年層の人でベトナムに移住する人が増えています。彼らのほとんどはいわゆる「ノマドワーカー」として生計を立てている人たちです。 「ノマド」とは遊牧民という意味で、特定の職場で仕事をせずに、あらゆる場所(主にカフェなど)で仕事をするのがノマドワーカーです。パソコンとインターネットが繋がる環境があればどこでも仕事が可能な自営業の方が中心となっています。 以上の理由から、海外に移住して仕事をするノマドワーカーの人もいます。彼らの移住先としてベトナムはがある国の一つです。比較的治安が良く、おおらかな国民性であり、なおかつ親日家が多い国のため生活しやすいのが大きな理由であるようです。

ベトナム移住のメリット

初回公開日:2017年03月26日

記載されている内容は2017年03月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング