IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

バイトを辞める際の言い方と例|電話での伝え方は?

初回公開日:2017年03月22日

更新日:2017年05月26日

記載されている内容は2017年03月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

コミュニケーション

学生時代に誰しもがやるであろうアルバイト。しかし時には自分には仕事内容が合わずに辞めたい!と思うことも…。バイトを辞めるときにはどういう言い方をすれば?電話でもいいの?始めたばかりだけどもう辞める!そんなバイトを辞めるときの言い方について本稿では書きました。

アルバイトをやっているけど…

遊ぶお金が欲しい、学費のためにしなくちゃいけない、社会経験をして就職先を考えたい、等色々な理由でアルバイトを始めますよね。高校生になってアルバイトを始めてみたいけど不安が…とか、いざ辞めるためにはどうしたらいいの?もう辞めるって言ってから3か月たっているなんて言うのもよく聞きますよね。いったいどういう言い方をして辞めることを伝えればすんなり辞めれるのでしょうか。

辞めるときの言い方って?

社員さんに直接バイトを辞める事を言ってみる

一番オーソドックスなのは直接店長や社員さんに「そろそろ辞めたいんですけど」ということですよね。しかし繁忙期などにはなかなか言い出しづらかったりします。時期が悪いと逆に怒られる、なんてことも…。 また、「今の時期は忙しいから、あと3か月だけでいいから!お願い!」なんて言われてしまい、「面と向かってお願いされると…」なんて気持ちでずるずると辞める時期を逃してしまうケースも聞きます。

電話で言ってみる

直接言うのも怖いし…と思って電話でバイトを辞める事を伝える場合もありますよね。 ですが「電話では話しづらいので、次のシフトの入っているときに話し合いましょう」と直接話し合いになることも。こうなってしまうと辞める意志を固めて電話していたのに後日に回されてしまったことで「まぁ、もう少しだけなら…」と続いてしまうこともあります。 社員さんによっては電話越しに怒鳴ってくることもあるので、言い方には気を付けて話したいですね。

バックレるのはよくない!

社員さんが怒ってて怖いから無理!仕事も合わないし辞める!なんて人も。しかしバックレる行為はよくありません。社員さんだけではなく、他のバイトの人にも迷惑をかけてしまいますし、なによりも場合によっては法的処置をとられてしまうこともあります。 お店にも行きづらくなってしまいますし、給料も支払わない!なんて言われてしまったり、とてもではないですが得策とはいえる行為ではありませんね。

直接は怖くて言いにくいときって?

上記でバイトを辞めるときの言い方をおおまかに3パターンを例をとして挙げてみました。 こうやってみると直接は怒られたときにとても怖い思いをするし、ずるずるとバイト期間が延びてしまうような気もします。 ですが、電話なら上手に辞める事が出来るかもしれません。私が実際に試して成功した方法、言い方を書いてみます。

なんとなく辞めたい雰囲気をだしてみる

理由は何でもいいです、休憩中に社員さんになんとなーく「最近学校がすごい忙しいんですよねぇ~」とか、「課題がとてもじゃなく多くてバイトとの両立が~」とかそんなことでもいいからなんとなく辞めたいんだな、と思わせるような言葉を些細な会話の中に入れてみましょう。むこうもたくさんのアルバイトを雇用している社員さんです。「あ、この子辞めたいのかな?」と少しでも思わせることができれば意外とスムーズに辞められます。

次はバイトのシフトの調整を

辞めたいニュアンスを出すことによって社員さんも薄々気づくと思います。次はシフトの調整をしていきましょう。徐々に徐々に減らしていくことで向こうも「忙しいのは本当だったんだな」、と思っていくことでしょう。本当かどうかはともかく、辞めるために大事な事だと私は感じます。

いざ電話!

シフトも徐々に減っていき、社員さんにも辞める気満々なのが伝わっていったと思います。ここで電話をしてみましょう!貴方の本当にアルバイトと学生生活の両立ができないという気持ちと、辞めたいという気持ちをしっかり伝えることができれば社員さんもわかってくれるはずです。 例としては「最近学校の講義が難しくて、全然シフトに入れなくてすみません。この先もずっとこんな感じになってしまって迷惑をかけてしまうと思うので、今月いっぱいで辞めさせてください。」というような言い方をすれば向こうも仕方がないことだと辞めさせてくれます。

回りくどい辞めるための言い方だけど意外と効果的

怒りこそする場面もありますが社員さんも基本的には鬼ではありません。きちんとした理由と行動に裏付けになるものがあり、しっかりとそれを言い方に気を付けつつ伝えれば、仕方ないなりどういう理解のされ方かはともかく、納得して辞めさせてくれます。 この方法では時間がかかってしまいますが、結果的には丸く収まり辞める事が出来るかと思います。この後もお店に何度か顔をだしにいったりしていますが仲良く話すことができていますのでおススメです。

何を言っても聞かないような社員さんなら

辞めるためになにを言っても聞いてくれない、怒ってくる社員さんもたまにいます。もうこちらから何を言ってももうだめだ、そんなことする前にさっさと辞めたい!という気持ちが強いならシフトの提出ギリギリの日か、または次のシフトが入っていない状態で「辞めます、お世話になりました!」というのがいいかもしれませんね。 もし、あなたが働いているのがお店だったとしても行きづらさはありますがお客さんとしてきているのだからどうこう言われる筋合いもありませんしね。 ただし、お店から借りていた備品や制服などはしっかり返しましょうね。

始めたばかりなんだけど…

いざアルバイトを始めてみたら、「掲載されていた業務内容と全然違う」、「思っていたよりきつかった」、「この仕事はやっぱり自分には合っていないなぁ…」というような状況に陥り、始めたばっかりだけど辞めたい、でもなんて言い方をしたらわからないなんてことがありますよね。 アルバイトを始めることができるようになった高校生に多いのが、アルバイトの経験がなくて言い方を間違えて怒られたら怖い、なんて不安があると思います。実際はどうなのでしょうか。

研修期間中なら意外と大丈夫

アルバイトには基本的には研修期間というものが用意されていて、3か月ほど研修生として働かされる事があります。こういった研修期間中に仕事が合う、合わないをそこで見定めてね、といった期間でもありますので普通に直接社員さんに「自分には合わなそうなので辞めます。」という言い方をしても怒られることもなくすんなり辞める事が出来ます。

短ければ短いほどお互いのダメージは少ない?

アルバイトをしていたお店で入社1日目で辞めます、と電話をして辞めていった人を見たことがありますが、そのときの社員さんの対応を見ていると「まぁ合わないなら仕方ないよね」といった感じであっさりしていました。 日数が少なければ少ないほど、その人のために教える時間を作ったりする必要がなくなるので時間の無駄にもならなかった、という気持ちでいられるのかもしれませんね。

言い方はどうすれば?電話?直接?

研修期間および始めたばかりの時には比較的辞めやすい、という事がわかりました。 では言い方は直接なのか電話なのかどっちの言い方がいいのかといわれると怒られるのでは…と考えると電話がいいのではないかと思います。直接怒られるよりかは電話で怒られたほうがまだ怖く感じませんよね。どちらにせよ、雇用してくれた社員さんからはいい想いをされないと思いますので、電話で辞める旨を伝える言い方のほうがいい気がしますね。

研修期間とはいえ仕事は仕事

どんなに短い期間でも、あなたが高校生だったとしてもアルバイトもお仕事であることに変わりありません。短い期間だったし…とおざなりにして適当な辞め方をして次々にバイトを変えると後々面倒なことになってしまうかもしれません。必ず辞めるときはしっかりと伝えてから辞めましょう。

じゃあどうすればアルバイトをすんなり辞める事ができるのか?その言い方は…

ここまでで直接辞める旨を伝える際の言い方、電話での辞める際の言い方、始めたばかりのアルバイトを辞める際の言い方を紹介してきましたが、具体的な言い方は説明していませんでした。ここでは私が実際に言った言い方、友人に聞いた言い方をまとめてみます。

本業である学業を理由に

・「学業がおろそかになって単位が本当に取得できるか怪しいので、私事で非常に申し訳ないのですが辞めさせてください!」 ・「学期が変わったことによって授業の時間割も変わってしまって今まで通り働くことができなくなってしまいました。申し訳ないのですが辞めさせていただきます。」 このような学業を理由にアルバイトを辞める事を伝えると、「シフト調整しもていいからいてくれない?」等言われますが、あまり深く追及されることはありませんでした。アルバイトを理由に落第、留年なんてことになってしまったら会社側も責任が持てないからなのでしょうか。

電話で辞める事を言ってみる

・「すみませんがインターンで○月中に1回もシフトに入れませんし、就活で忙しくなるので辞めます。急ですみません!」 ・「やっぱりこの仕事は自分には合わないと感じたのですみませんが辞めさせていただきます、お世話になりました。」といって一方的に切る(制服や備品は先に返しておく) 電話の場合だと一方的に言いやすいので相談なりもめごとに繋がりにくい気がしますね。前提として、制服や備品などの借りていたものは先に返しておくことが大事ですが。 シフトも電話で辞める旨を伝えた後に1度も入れておかないのもポイントです。

素直に嫌なところを言う

・「先輩の○○さんと性格が合わないので辞めます。」 ・「仕事が自分に合っておらずストレスが溜まって仕方がないので辞めます」 人間関係もある職場だとこういった理由も聞いたりします。仕事をする以上、こういった人間関係もついて回りますが、そりの合わない人と仕事をしていても楽しくないし続けていくのは難しく感じますよね。社員さんも人間ですから、こういった理由だと「仲良くできないかな?」など相談を持ち掛けてきますが、はっきりと「無理です」と伝えれば引いてくれるので、こういった理由でも辞める理由になります。

言ったもの勝ち!けど、まずはなるべく社員さんや先輩に相談してみよう

以上を踏まえると、まずは言ったもの勝ち!辞めたいなら辞めるための準備などの行動を早めにやることがいいということが分かりました。人間ですから、仕事内容だけではなく、人間関係の合う合わないもあります。なので、本当につらくなる前に辞めてしまうために行動できるといいですね。 とはいえ、アルバイトも遊びではありません。雇用にもお金がかかっていますし、バックレのような辞め方をされては相手もいい想いをしません。なので、まずは信頼できる社員さんや、アルバイト先の先輩などに相談することから始めていくのがいいと思います。 辞めるとなると怒られるのではないかなどの不安もありますが、思い切って言ってしまえばなんとななる事もありますのでがんばってくださいね。

短期・単発のアルバイト探し!

短期・単発アルバイトや、日払い・日雇いバイト探しキャストポータルにお任せ! キャストポータルはフルキャストが運営する登録制アルバイトサイトです。

関連タグ

アクセスランキング