IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

公務員の仕事のやりがい・モチベーション|公務員はやりがいがない?

更新日:2020年08月14日

職種研究

公務員は一般的に世の中では安定した職業と言われています。そこで公務員になり、仕事の中でのやりがいや逆にやりがいがない点などを今回は私が調べた結果をまとめた記事となります。もし公務員を目指している方や公務員の方はぜひ参考にしてみてください。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

公務員について悩んでいる方の声

公務員とは世の中では一般的に「安定した職業」と言われていますよね。安定していそうだから公務員を選び、働いている方や公務員に向けて日々勉強に励んだり、就職活動をしている方はたくさんいると思います。 今回の記事はそんな安定していると言われている公務員の「やりがい」について詳しく紹介、または説明していく記事となります。やりがいについて早速説明していきたいところですが、まずは公務員のやりがいについて悩んでいる方たちの声を紹介していきたいと思います。 この記事を読んでいるあなたももしかいたら困っていてこの記事にたどり着いたのでしょうか?きっとこれから紹介するお困りの声に共感できるはずです。それでは紹介していきたいと思います。 ~公務員「やりがい」について悩んでいる方の声~ 「公務員は給料面や待遇など、いろいろな点で安定していると思うが、実際の業務にやりがいを感じることはできるのか知りたい。」 「どんな仕事にもやりがいは必要だと思うし、公務員を目指している私にとっては公務員にやりがいはあるのか知りたい。」 「公務員にはやりがいが無いという意見も耳にするのだけど、なぜそう言われているのか理由を知りたい。」 「やりがいのある公務員の職業とやりがいの無い公務員の職業が知りたい。」 「公務員として春から働くことが決まったが、実際に公務員として働いている方たちの日々のモチベーションはどうやって維持しているのか知りたい。」 「やりがいがない時のモチベーションの維持方法を参考にしたい。」 などなど… 以上のような悩みの方はいらっしゃるのではないでしょうか。あなたはこの中で共感できた声はありましたでしょうか?

公務員のやりがい

ではまず最初に公務員の「やりがい」はあるのか無いのかに分け、それぞれの実際の体験談をもとに理由などを説明していきたいと思います。

やりがいはどこにある?

では「やりがい」がある場合について説明します。やりがいがある場合は以下のことが挙げられます。 ・社会に貢献できる 公務員というのは、世の中で最も必要とされている職業でもあります。警察官や教師などたくさんの公務員の職業が存在していますよね。それも日本の世の中には必要不可欠な職業ばかりです。社会貢献はすべての職業にもできることですが、公務員はその中でも社会貢献度の高い職業となっています。 お客様を助けてあげられるようにサポートに努めたり、子供たちへよりよい教育に徹したりと民間企業などより直接的にやりがいを感じることが出来るからです。 ・人々に直接的に関われる 例えば教師という職業は直接、子供たちと接してしっかり教育をして間違ったことはちゃんと指摘して社会に自信を持って出ていけるような人材へと育てていけることや、警察官などのように世の中を犯罪や事件などから守るように日々努力したりと、公務員の仕事には直接的に人と関われる仕事が多いです。 なので公務員の仕事はやりがいを感じやすいことが言えます。やりがいを感じるには「直接的」が大切担ってきます。

やりがいがない場合

では次にやりがいを感じれない場合です。この場合は以下のことが挙げられます。 ・仕事量に対しての報酬が見合っていない 公務員は安定しているとは言われていますが、実際に働いている方の話を聞いてみると、仕事量が多すぎて日々忙しい毎日を過ごしている方や休みが取りづらいなど、苦しそうな方がたくさんいます。毎日、激務に追われていると「やりがい」なんて感じている余裕もないのだそうです。 ・人と関わる仕事にはこんなことが… やりがいが感じられる場合に「人と直接的に関われる」と説明しましたが、世の中にはいろんな性格の人がいますよね。皆が皆、いい人たちとは限りません。こちらがより良いサポートやサービスを提供し、利用する人たちへの対応に徹底して努力しているにも関わらず、心無い人たちの「暴言」や「無理難題」を押し付けたりと、人と関わる仕事には特有の辛い所もあるのです。 人と関わるのが得意では無い方にとってはかなり負担となってしまい、疲れやすくて「やりがい」なんて全く感じることができない人たちもいるのです。 以上が公務員の「やりがい」がある場合と無い場合でした。では次はやりがいのない公務員の仕事を紹介していきたいと思います。

やりがいのない公務員の仕事について

国家総合職

国家総合職は公務員の中で最も仕事量が多く毎日残業があったりと、とても辛い激務に追われる職業と言われています。仕事が激務すぎると、「やりがい」を感じる余裕もなくなってしまいます。 しかし激務に追われるのは20代~30代の公務員とも言われていますので、全ての年代の国家総合職の方は「やりがい」を感じることが出来ないとは言い切れません。とても線引きが難しい職業とも言えます。

警察官や消防士

一見、世の中を悪いことから守っているとてもやりがいのある仕事に見えますが、ふたを開けてみると、体力が無いと仕事がうまく進められなかったり、現場で活躍できなかったりします。責任の重大さもかなり高くなってくる職業とも言えます。 そして警察官になりたくて警察官になったものの体力面でちょっと力が足りなかったりすると、事務仕事に回されたりしてしまう可能性も無いとは言えません。この職業に本当に責任がある方などにしかやりがいは感じることができない職業だと思います。

やりがいが感じにくい公務員の職業はこのほかにもまだまだたくさんあります。今回は割愛させていただきますが、重要になってくるのは、自身が本当にその職業に責任が持てたり、好きな職業でないと、やりがいを感じることができないと思います。

次のページ:公務員のモチベーション
初回公開日:2017年03月26日

記載されている内容は2017年03月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング