IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

手取り13 万円で生活可能?(一人暮らしは?家賃は?貯金は?子どもは?)

年収・給与

手取り13万円と聞くとあなたはどんな不安がよぎりますか?一人暮らし?貯金?結婚?今の時代は人不足と言われていますが、手取り13万円は珍しくありません。13万円をいかに貯金に回して生活を豊かにするか。そもそもいくら普段から使っているのか。少し考えてみませんか?

更新日時:

【この記事をオススメしたい人】 ✔︎安月給で困っている方 ✔︎手取り13万円程度でどのように生活していくか考えている人 ✔︎給料を上げるにはどうすればいいか悩んでいる方 給料を上げてより豊かな生活をしたいという方は、転職を検討してみるのも1つの選択肢です。 転職には転職エージェントを活用して、キャリアアドバイザーに相談をするのがオススメです。コチラから相談してみましょう。 ※相談無料

手取り13万円と聞くと都会ではかなりの安月給だと言われます。

東京で働いていて手取り13万。 近くで働いている割には少ないと言われる事が多いと思います。それもそのはず、東京では何をするにも高いのです。 しかし、地方の定時上がりの事務職は手取り13万なんて当たり前です。 よく手取りが低いけど一人暮らしできるのか、手取りが低いけど結婚できるのかという質問が飛び交っています。 手取り13万円でどんな暮らしができるのか、今回は真剣に考えてみましょう。

手取り13万円の原因は?

手取り13万というと税金や厚生年金などを考慮してだいたい15、6万円くらいの支給額になるのではないでしょうか。会社で引き落としされる保険料や、財形貯蓄などがある場合にはプラスαの支払額になることでしょう。 まずはあなたの手取りがそのくらいになるにあたって何が差し引かれているのかを把握してください。 給与天引きにできる生命保険もありますし、財形貯蓄がされているのであればあなたには知らぬ間に貯金が貯まっているのです。 それを知るだけでもあなたのお金の使い方が変わってくるでしょう。

手取り13万円で一人暮らしはできるのか。

結論から言えば贅沢しなければ余裕でできます。 これはすべてのお金をあなたが消費できることが条件です。ではそもそも一人暮らしではどれほどのお金がかかるのでしょうか。 初期費用・家賃5万の場合、敷金・礼金・家賃前払い分でざっと20万円でしょうか。 敷金が家賃二ヶ月分、礼金が家賃一ヶ月分、前払い家賃で20万円。敷金、礼金で変わってきますが、最低でも敷金礼金で家賃二ヶ月分は見ておきましょう。 まずこの貯金ができていないならあなたには1人暮らしはできません。

これができている前提で次の月の費用を計算しましょう。 家賃5万円 食費 1日1000円 月:3万円 日用品、交通費等1万円 携帯代1万円 電気水道ガスの光熱費1万円 これだけで最低でも11万円です。これに娯楽費が入ればギリギリ黒字か下手すれば赤字ですね。 これは非常にまずいです。抑えるべきは家賃、食費、携帯代でしょう。また娯楽費はストレス解消が必要ですので必要としましょう。 するとどうでしょう。少し貯金できると思いませんか? 最低でも1万円貯金する。そう目標を立てればあなたが無理なく削れるところは必ずあるはずです。 多くの方は食費を削ることを試みるでしょう。食費を削ることはあなたの健康にも関わります。健康を崩さないように気をつけてくださいね。

手取り13万で結婚できるのか。

先ほど一人暮らしをする場合で試算しましたが、結婚はまた話が別になるでしょう。 家賃や食費を削ればなんとかなると思いますが、かなり苦しい生活になることは間違いありません。 家庭の手取り収入が13万円で、単純に食費が倍になるのですから。 必然的に家賃を下げざるを得ません。 また保険に入ることも考えたほうがいい年齢になるかと思いますのであなた1人の13万円の手取りでは、貯金は不可能に近いです。 ですが、夫婦で13万円ずつ、家族収入26万円なら話は別です。 26万円あれば、7万円のアパート、4万円の食費、携帯代2万円、光熱費2万円、娯楽費4万円で19万円です。かなり家庭に余裕が生まれますね。 手取り13万円で結婚される場合には、夫婦共働きすることを念頭に置いて話し合って決めたほうが良いでしょう。

子供が生まれた場合ではどうか。

子供は小さいうちはお金がかからないと言いますが、実はそうではありません。やはりある程度の初期費用はかかりますので、貯金は必要です。 ちなみに40万円以上金額を立て替えなければなりません。 40万円は助成金制度で戻ってはきますが、はみ出した分は当然ながらあなたの負担、早産の疑いで入院すれば保険に入っていない限りはすべて実費。実はかなり費用がかかるのが現実です。 それでもなんとか子供が欲しいとなった場合ですが、 働きながらですと保育園に入れますが、保育料も高ければ4万円前後かかります。 今の家族収入が26万円であればギリギリですね。 子供に習い事なんてさせられませんし、あなたの好きなことも当然できません。 夫婦手取りが13万円ずつであった場合、私は結婚はしても子供を授かることは現実的にかなりの覚悟が必要でしょう。

シングルマザーは13万円で過ごせるのか?

シングルマザーの場合はどうでしょう。 すでにお子様がいる前提でお話をしますので、出産の初期費用は見ないこととします。 家賃3万円 食費3万円 携帯代5千円 保育園4万円 子供衣料、オムツ代など1万円 光熱費1万円 保険3千円 合計約10万円 安く見積もっても、このくらいでしょうか。 ギリギリ黒字で少し貯金もできるでしょう。 シングルマザーの場合は贅沢はできませんが、娯楽費節約することくらいしか出来ないいですね。 お子様に食費やオムツ代、を制限させることは困難ですから。

将来が不安な方はリクルートエージェントで転職

いかがでしたでしょうか。手取り13万円の収入で結婚をする場合は共働きが絶対条件になってくるのではないでしょうか。 また、心の余裕はお金の余裕に繋がります。結婚してお金に余裕がないとくだらない喧嘩が増えてしまうでしょう。将来のことを考え、転職を検討してみてはいかがでしょうか。 自分に合った企業へ転職をしたい方には「マイナビエージェント」がおすすめです。 首都圏&関西圏を中心に求人数トップクラスの「マイナビエージェント」では経験豊富な「キャリアアドバイザー」があなたの希望条件を満たしている求人を紹介してくれるため、あなたの働きたい条件に合った企業へ転職することができます。 転職をして年収をあげ、休日は家族や友人と有意義な時間を過ごしたくありませんか。今の企業で迷っていても将来が勝手に明るくなることはありません。将来が不安な方は行動に移すところからです。 相談は無料なので、まずは登録して新たなスタートを切りましょう。

関連タグ

アクセスランキング