IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

35歳の男性/女性の転職|35歳転職での成功例と成功のコツ

転職事情

転職は年齢によって大きく変化し、年齢にあった転職は難しいものです。ここでは35歳での転職、35歳男性・女性の転職、未経験職種への転職、35歳転職での成功例と成功のコツ、公務員への転職などについてお話をさせていただきます。

更新日時:

1分でわかるこの記事の要約
  • 転職の平均は35歳前後で、それ以上のキャリアチェンジは一般的には難しい
  • 年功序列の弱い中小・ベンチャーの方がねらい目
  • 公務員になることも可能なので、安定志向ならばおすすめ

20代よりも難易度は高いですが、35歳からでもキャリアチェンジのチャンスはあります。ただし、これまでの経験を何らかの形で活かせるのが大前提になります。 転職先としては中小・ベンチャーの方が有力ですが、知名度が低く情報を集めにくいため、必然的に転職エージェントなどを使うことになります。公務員も門は狭いですが、可能ではあります。今後のキャリアをしっかり考え、自分に合った仕事を見つけましょう。 まずは「マイナビエージェント」のキャリアアドバイザーと面談してみると良いかと思います。

35歳での転職

世の中に35歳転職限界説があります。会社で転職を決めた人の平均年齢はおよそ35歳、平均年収700万円半ばです。 35歳を超えてキャリアチェンジは難しいですが、年齢にふさわしい経験を積んだプロフェッショナル転職であれば、35歳でも問題はありません。

35歳求められる役割の変化

再就職の成功の割合は ○20代 75% ○30代 65% ○40代 60% ○50代 40% 35歳を超えると転職が難しくなりますこれは若年層のキャリア形成を図るためという理由が大きいようです。35歳を超えると求められる役割がかわります。 ○20代   社会人としての基礎知識・能力 ○30代前半 小集団リーダー ○30代後半 部下をまとめての組織作り ○40代以降 経営観念をもって、指示

35歳転職をするために必要なモチベーション

転職することに対してモチベーションの高い人はいい結果が出やすいようです。モチベーションが高いということはやりたいことが明確ということです。そこには主体性があります。 仕事自体にやりがいを持つ場合や、逆に残業が少ない会社で効率的に働くといった形で、モチベーションを上げる人もいます。給料が減ってたとしても主体性があり、会社との共生関係は成り立ちます。 逆に不満をもって転職する人は失敗する可能性が高いようです。しっかりとキャリアアドバイザーと話し、自分の考えを明確にしておきましょう。

35歳男性と女性の転職

35歳未経験で事務に転職

将来的に子どもを持っても長く働きたいと考える場合、事務職への転職を決意することが往々にしてあります。そもそも事務職の求人が非常に少ないことや、35歳の女性となると必ず「事務職経験」が基準となっている場合が多く転職活動は難航します。 比較的残業が少ないとされている業界の営業職へ転職する場合もあります。やはり35歳を過ぎての転職では、それ相応の経験値が求められます。未経験の職種に35歳で応募した場合採用される可能性は低いです。 しかも、また求人倍率が高い事務職を希望する場合なおさらです。同職種で業界を変えるという方法は賢い方法です。35歳の女性にとって、重要な転職成功パターンです。このケースは転職エージェントも積極的に支援してくれるので、積極的に使いましょう。 女性におすすめのマイナビエージェント公式サイトはこちら

管理職経験があっても年収は下がる

管理職として活躍しており自分のスキルを他社でも試したいと考え、転職活動を開始するような場合もあります。業務量が多い為、平日に休暇を取って面接に行くことは難しいですよね。 管理職クラスの場合、転職活動をしていることが周囲に知られやすいリスクも多く、他業界を視野に入れても管理職クラスの求人はほとんどなく年収も下がってしまう可能性高いようです。 実は管理職には経験と裁量があるため転職活動もしやすいイメージがありますがそうではありません。転職しようとしても会社が手離してくれないケースがあります。 出世してきた場合は年収面で恵まれている場合、年収やポストは下がります。全てが今よりも良くなる転職はありえません。自分が転職することで最も優先したいことは明確にしておくことが大切です。

20代のうちからキャリアの見直しを

35歳の転職活動は不可能ではありませんが選べる選択肢が少なくなります。30代で転職を考えている場合、20代のうちに今後のキャリアをじっくり考える必要があります。 早めの転職するなど、アクションも大切です。自分のキャリアに関する選択を先延ばしにすると難易度はどんどん上がっていきます。 家族の事情などでやむを得ず転職が必要な場合もありますので、仕事を快く教えてもらえる20代のうちに、いろいろな人にさまざまな仕事を教えてもらうことが大切です。

35歳未経験職種への転職

20代の転職は他分野への転職も新卒採用の流れに乗ってまだポテンシャルで評価されます。しかし30代では完全なジョブチェンジは難しく、職歴で求人は絞られます。 しかし35歳を過ぎて転職しなくてはならないことは往々にしてあります。リストラや早期退職の対象とするのはたいてい35歳以上の中高年であり、両親の介護や子供の進学等の事情で勤務地の変更を意識するのも40歳以降です。

異業種・未経験職種への転職ハードルが低い日本

日本企業では終身雇用前提の企業なら新人をゼロからOJTで育成する会社のカラーしか知らない純血企業戦士が多くいます。一般的な日本企業では、賃金制度は勤続年数で決まる職能給と呼ばれる属人給で従業員を働かせています。 35歳以降で活路を開くためには部署全体のミッションの中でしっかり貢献できる人材かどうかが重要です。海外のように職務内容で採用の合否も処遇も決める職務給システムの場合なかなか組織に貢献できることで転職することは難しいです。 応募する側も採る側も、その辺りの基準を曖昧な日本は、35歳といった中高年が異業種・未経験職種に応募するしやすいといえるでしょう。

大企業より中小、新興企業

大手企業への転職は多くありません。それは年功序列がしっかり機能しているため、基本給の高い中高年をコストと考えるからです。 比較的融通の利く中小企業や、年功序列色の薄い新興企業は積極的に中高年を採用しているところも多くあります。35歳以降では中小やベンチャー企業を念頭に置いて転職活動をするのが王道です。

35歳以降でのジョブチェンジポイント

採用側の視点にスイッチして論点整理するのがポイントです。例えば年1億円の売上のある法人向けの営業部で、以下の3人が応募してきたとします。 ○経験はないが28歳と柔軟性があるタイプ ○営業経験の豊富な35歳 ○管理部門の長い40歳 終身雇用企業で将来の幹部候補であれば28歳が、中小や新興企業で即戦力性を重視する場合35歳が魅力的に見えるはずです。40歳の場合、管理部門やシステム部門を社内の各部門と詳細に連携しながらプロジェクトをとりまとめた経験をアピールすることが大切です。 部門が変わってもミッションの中で担う役割はそれほど変わらないからです。入社後の訓練期間に自身の課題に取り組み、しっかり成果をあげられる人材であれば35歳でも異業種、未経験職でも転職は可能です。

35歳転職での成功例と成功のコツ

転職で年収が上がる人

労働は「給与」と「働き」は等価交換の契約取引です。採用する企業側の視点は「この人材は自社でどんな貢献ができるのか」「いくら会社をもうけさせることができるのか」という形になり、その人の貢献で得られる利益とコストを計算します。 年齢が上がれば、将来勤続期間やポテンシャリティー(将来価値)の可能人選をするはずです。ですから企業の厳しい目線を意識し自己の価値、会社への貢献可能性を説明が転職後の年収の増減にさを生みます。 マネジメントレベル以上の転職には、若手のマネジメントを通じた組織成果への貢献や、即戦力として成果の即効性が必要になります。 ミドルの転職では売り手が多く買い手が少ない市場での「等価交換の売買契約」なので、何かを売りたい側が価値をアピールして、買いたい側の気持ちを高めていくという順番のほうが合理的です。 転職活動は自分が参加することで成果を大きくできる会社はどこか、自分を採用しなければ損をすることになる会社はどこか、という視点で探したほうが可能性が高まります。

生み出せる成果が明確

専門職やエンジニアの転職はスキルや経験を生かして転職します。核となる経験で転職します。専門職やエンジニアはスキルや資格など基準が明確でスペックに沿った年収相場になります。 営業やマネジメントなどヒューマンスキルのウエートが高い職種は所属する場所が変化した場合に生み出せる利益が変化するので、年収を下げないためには、汎用性や通用度を生み出せる成果が具体的に伝えていく必要があります。 アピールすべき実績は会社によって違うので、転職エージェントに相談して戦略を立てましょう。

35歳転職で公務員への転職

中途採用は増加傾向

官公庁は終身雇用、年功序列という日本の伝統的なサラリーマン社会の総本山のような組織で民間企業からの転職は多くないように思えます。 実は2000年代に入り公務員の世界も中途採用が一般化しました。平成26年度の国家公務員の新人採用総数は約8000名です。中途採用者は常勤90名、任期付約500名です。 任期付も含めれば新人の約7%に相当する中途採用者がいたことになります。

公務員の中途採用者

公務員の新人は新卒者は30歳未満であれば新卒者と第2新卒者は同じ位置づけになり、中途採用は30代以降のプロフェッショナル人材が対象となります。 高い専門能力が求められる一方で、組織を管理するような中枢を担うポジションにはつきません。国家公務員については、高度な専門性や多様な経験を有する民間の人材を円滑に採用し、公務の活性化のために弾力化しています。 ○ 実務経験等により高度の専門的な知識経験を有する ○ 新規の行政需要に対応するため、実務経験等により公務に有用な資質等を有する ○ 公務と異なる分野における多様な経験等を通じて公務に有用な資質等を有する 任期付職員法に基づく採用も行われています。これは試験研究機関の研究員等を除く一般職の職員を対象とするです。 ○ 高度の専門的な知識経験又は優れた識見を有する者をその者が有する当該高度の専門的な知識経験又は優れた識見を一定の期間活用して遂行することが特に必要とされる業務に従事させる場合 ○専門的な知識経験を有する者を当該専門的な知識経験が必要とされる業務に期間を限って従事させることが公務の能率的運営を確保するために必要である場合 平成26年度には約500名の採用があり年度末で約1500人が在籍しています。

公務員の中途採用情報

公務員採用に関する情報は、中途採用も含め以下の2つのサイトがあります。。 ○ 人事院: 国家公務員試験採用情報NAVI ○ ㈶地方自治情報センター: 地方公務員採用試験案内

国家公務員(行政)

大卒程度の中途採用は以下の3パターンになります。 ○常勤/社会人試験(係員級) 平成27年度には、人事院が管理する以下の採用試験を実施しました。原則として社会人経験2年以上であれば年齢制限はありません。係長級から課長補佐級の募集なので実質的には30代が対象となります。 ・ 経験者採用試験(係長級/事務): 募集人員 若干名(注1) ・ 外務省経験者採用試験(書記官級): 募集人員 約25名(注2) ・ 国税庁経験者採用試験(国税調査官級): 募集人員 約50名(注2) ・ 農林水産省経験者採用試験(係長級/技術): 募集人員 若干名 ・ 経済産業省経験者採用試験(課長補佐級/事務): 募集人員 若干名 ・ 国土交通省経験者採用試験(係長級/技術): 募集人員 合計約30名 ・ 観光庁経験者採用試験(係長級/事務): 募集人員 若干名 ○常勤/選考採用 各省庁が書類選考、面接等により独自に中途採用を行うこともあります。応募要件は選考区分により異なります。国家公務員試験採用情報NAVIにも募集案件が掲載されます。採用人数はあまり多くありません。 ○任期付・非常勤/選考採用 任期付や非常勤職員の採用は選考により行われることが一般的です。金融庁、外務省(在外公館)など採用者数の多い官庁のウェブサイトにはよく募集情報が掲載されています。

国家公務員(司法、立法)

国家公務員の中でも司法(裁判所)、立法(衆参両院事務局、国会図書館)機関は三権分立の観点から独自に職員採用を行っています。 執行官には相応の知識と経験が求められるため、中途採用者向きの職種です。金融機関で不良債権回収を担当した人に向いています。

地方公務員

地方公務員(都道府県、特別区・政令指定都市、市町村職員)の中途採用も行われています。平成27年度は事務系41名、技術系80名、その他専門分野で34名を募集しました。

教員(東京都教育委員会)

東京都の場合、特例選考という採用ルートがあります。これは59歳以下の人を対象とするものです。翌年の4月1日までに教員免許を取得できる見込みがあれば受験可能です。平成27年度の試験合格者の7%が40代、50代です。

警察官(警視庁)

警視庁では、財務犯罪や薬物犯罪、サイバー犯罪といった高い専門性を必要とする犯罪捜査を担当する「特別捜査官」を採用しています。コンピュータ犯罪捜査官を合わせて10名程度募集していました。年齢制限は警部補クラスで40歳未満、巡査部長クラスで35歳未満です。

公務員の中途採用者の年収と待遇

公務員の給与はプロパーも中途採用者も同様です。中途採用者はキャリア(総合職)でないので幹部へ昇任しません。公務員の給与は国・地方を問わず職務級(資格)と号給のマトリックスである「俸給表」により決定されます。 職務給は課長、課長補佐、係長、係員などの職位と概ね一致するかたちで推移します。国家公務員で最も多い行政職俸給表(一)適用者の平成27年月額平均給与額は、408,996円(平均年齢43.5 歳)です。これに残業代やボーナスを加えると年収650~700万円程度です。平成27年の全地方自治体のラスパイレス指数の平均は99.0です。 都道府県の最高は神奈川県の104.1、最低は北海道の95.8です。市町村の最高は兵庫県芦屋市の104.7、最低は大分県姫島村の75.7%で434自治体が95未満です。 市町村の場合、立地や財政事情により平均的な公務員と比べかなり低い給与水準になる可能性があります。

公務員に中途採用される人の特徴

○専門能力が高い人 30代以降の中途採用者に求めることは専門能力です。特定分野の専門能力がなければ中途採用に応募することが難しいです。

○まじめな人 公務員は国や地方自治体など市民の生活の根幹を成す組織(官公庁)で働くことになります。不祥事に対する世間の目も民間企業よりも厳しいので堅実な人採用されます。

○我慢強い人 公務員は良くも悪くも効率性よりも平等性や完全性を重視します。このため民間企業では見切りをつけるような作業にも取り組みます。

○制度や序列に従順な人 公務員の業務内容は法令で厳格で民間企業以上に手続きと基準に拘るため、実質重視の人には向いていません。

○野心的ではない人 公務員には強い自己犠牲が必要です“町おこし”のような目立つ仕事で政界を目指すようなタイプは向いていません。

○体力がある人 各省庁や県庁などの本庁はかなり多忙で専門能力を期待される中途採用者は、“余人をもって代えがたい”人材となり過大な負担がかかります。

まとめ

この記事のまとめ
  • 転職の平均は35歳前後で、それ以上のキャリアチェンジは一般的には難しい
  • 年功序列の弱い中小・ベンチャーの方がねらい目
  • 公務員になることも可能なので、安定志向ならばおすすめ

いかがだったでしょうか。35歳でもキャリアチェンジはできますが、あなたがまだ20代であれば、今のうちからキャリアプランを考えましょう。もしかすると今から転職活動をするのが長期的には良いということにもなるかもしれません。 悩んでいるのであれば、早めにプロのキャリアアドバイザーに相談しましょう。

関連タグ

アクセスランキング