IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

人を助ける仕事一覧(文系/理系)|人助けがしたいならまず資格?

初回公開日:2017年03月22日

更新日:2020年06月11日

記載されている内容は2017年03月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

資格・検定

皆さんは、「人を助ける仕事」と聞いてどんな仕事を思い浮かべますか?正直、「人を助ける仕事」でない仕事などなく、全ての仕事が「人を助ける仕事」です。しかし、今回は特に「人を助ける仕事」という認識の強い仕事について見ていきたいと思います。

data-max-num-ads=8 data-matched-content-rows-num="2" data-matched-content-columns-num="4" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

「人を助ける仕事」とは

皆さんは、「人を助ける仕事」と聞いてどんな仕事を思い浮かべますか?正直な話、「人を助ける仕事」なんて数えきれないほどあります。言ってしまえば、どんな仕事も誰かしらの助けになる仕事で、誰の助けにもならないなんていう仕事というのは存在しません。 しかし、そんな中でも様々な観点から見たときに、特に「人の助けになる仕事」というものを今回はご紹介していきたいと思います。 さらに、今回は「人を助ける仕事」を文系と理系に分けてご紹介していきたいと思います。また、そういった「人を助ける仕事」をしたい人がすべきことについて見ていきたいと思います。

「人を助ける仕事」 ~文系編~

では早速ですが、「人を助ける仕事」にはどんなものがあるのか見ていきましょう。まずは、文系の「人を助ける仕事」について見ていきたいと思います。

弁護士

文系の「人を助ける仕事」の二つ目はというと、「弁護士の仕事」です。 紛争ごとや離婚など、庶民の強い味方なのが「弁護士」です。一般的に「弁護士」には、温厚で利得を求めない人が多く、依頼者の納得のいくまで弁護してくれたり、和解に奮闘してくれます。 個人事務所が多いため、特段の規制が無く自由に行動できるところも、やりがいのある仕事でしょう。また、総合的に様々な案件に対応することになるため、新しい分野にも積極的に挑戦できるというのが「弁護士」です。「弁護士」が「人を助ける仕事」であることは言うまでもありません。 また、膨大な法律に関する知識を身につける必要があるので、文系、主に法学部からこの「弁護士」を目指すことになります。

「人を助ける仕事」 ~理系編~

ここまで、文系の「人を助ける仕事」についてご紹介してきましたが、ここからは理系の「人を助ける仕事」について見ていきたいと思います。

消防士

理系の「人を助ける仕事」の二つ目はというと、「消防士の仕事」です。 常に「人を助ける仕事」の上位に入るのがこの「消防士」です。火事の出動や救急で病院に患者を運んだりと、人々の生活に大きく役立つ仕事です。また、緊急事態にスムーズな対応ができるように、日々訓練しています。 「消防士」になった人の中には、幼少の頃から「消防士」を目指していた人が多いようです。つまり、子どものなりたい夢としても人気があるということです。

看護・医療関係の仕事

理系の「人を助ける仕事」の二つ目はというと、「看護・医療関係の仕事」です。 人の手助けになっていると感じる仕事はいろいろありますが、その中でも特に「看護・医療関係の仕事」というのは、人を助けることができる仕事といえるでしょう。 病気やケガなどは、病状やケガの具合で、人の命にもかかわってきます。そういった病気やケガへの専門的な知識を持っており、実際に治療に当たってくれる「看護・医療関係の職業」というのは、それは確実に「人を助ける」といわれる仕事ですよね。 実際に、生まれてこの方一度も「看護・医療関係の職業」の方にお世話になったことのないという方はいないと思います。 ちなみに、「看護・医療関係の仕事」というのは、人体に関する知識や薬品に関する知識、また実際に医療機器を扱うための専門的なスキルを身につける必要があるので、理系の「人を助ける仕事」になります。

先生

「人を助ける仕事」の三つ目はというと、「先生の仕事」です。 「学校の先生」や「塾の講師」などの仕事も、人の助けになったと感じる事ができる仕事と言えるでしょう。「学校の先生」は子ども達に対して勉強以外にも幅広く色々な教育をする事になります。倫理観や友情の大切さ、そして進路の事など、子どものころに先生から教わることは数えきれません。 また、「塾の講師」は「学校の先生」と違って精神的な面での教育などはしませんが、志望校を受験するという際に合格できるように勉強面でフォローをします。志望校に合格できるかどうかは、その子のその後の人生にも関わってきます。そのため、「塾の講師」というのも、非常に「人を助ける仕事」に間違いなしです。 ちなみに、「先生の仕事」は、生徒に勉強を教えることが主な業務になるので、文系・理系関係なく、自分の専門分野を生かせるという点がメリットでもあります。

ガイド関係の仕事

最後に、「海外の人を助ける仕事」について見ていきたいと思います。 「海外の人を助ける仕事」の代表例としては、「ガイドの仕事」が挙げられます。海外から日本にやってきた観光客の方々に、惜しまなく日本を堪能していただくためには欠かせない職業です。一人で海外に行っても、その国の文化や特徴についてわかりやすく教えてもらえるのは、旅行者にとって非常に価値のあることです。 また、言葉の通じない海外で、唯一日頃と同じように会話のできるガイドさんがいると、安心感もありますよね。 ちなみに、「ガイドの仕事」は観光地の歴史や言語学などの知識が必要になってくるので、主に文系の職業とされます。

「人を助ける仕事」をしたい人がすべきこと

最後に、「人を助ける仕事」をしたい人がまずすべきことはというと、「自分のやりたい仕事にまつわる資格を取得する」ことです。 「人を助ける仕事」というのは、基本的に専門的な資格の取得が必要になってくる仕事が多いです。そのため、今回ご紹介した「先生」なら「教員免許」、「弁護士」なら「司法書士」など、「人を助ける仕事」がしたい場合、その仕事にあった資格を取得することが重要になってきます。

自分に合った「人を助ける仕事」を選ぶのが重要

いかがでしたでしょうか?今回は、「人を助ける仕事」に注目し、様々な観点からご紹介してきました。 最初に話したように、「人を助ける仕事」とは、今回ご紹介した仕事に限ったことではなく、仕事の分だけあると言っても過言ではありません。そのため、自分の長所を見極めて、それを生かせるそれぞれの「人を助ける仕事」に就くというのが重要で意識しなければならないことでもあります。

関連タグ

アクセスランキング