IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【2017年】確定申告の時期と期間、提出方法と過ぎてしまった場合の対処法

確定申告

個人事業主として働く方のために、確定申告の時期と期間、提出方法などをご紹介します。確定申告に対して漠然と感じていた不安が解消することでしょう。確定申告の期間は短いので、確定申告の時期の前にしっかり勉強してスムーズに申告を終えましょう。

更新日時:

確定申告とは所得を「確定」して「申告」すること

確定申告とは、1月1日から12月31日までの1年間の所得を確定して国に申告することです。会社員は会社が年末調整で税金を調整してくれます。しかし、個人事業主の場合は自分で所得を申告して、それにかかる税金を支払う必要があります。

個人事業主としての仕事が専業か副業かで確定申告のルールが変わる

個人事業主を専業としている場合、所得が38万円以下の場合は確定申告をする必要はありません。一方、副業として個人事業主をしている場合、所得が20万円以上あったら確定申告をしなくてはいけません。個人事業主としての仕事が専業か副業かで確定申告のルールが変わるので注意が必要です。

2017年の確定申告の時期は2月16日から3月15日

確定申告の時期は、申告する所得を得た翌年の2月16日から3月15日です。つまり2016年の1月1日から12月31日の所得を申告するのは、2017年の2月16日から3月15日となります。この期間内に2016年の所得を税務署に申告しなければなりません。期間内であればいつ提出しても構いません。税務署の開庁時間は8時30分から17時までです。確定申告の時期、税務署には多くの人が足を運び列を作ります。混雑を避けるなら早朝に行きましょう。 確定申告の期間に限り、一部の税務署で日曜に開庁して確定申告の相談と受付をしています。 相談会を開催しているのは主に確定申告の時期ですが、確定申告の時期は税務署が1年で最も混雑する時期で、ゆっくりと相談をするのは難しい場合があります。税務署は、確定申告の時期以外でも税に関する相談に対応してくれます。疑問を感じたりわからないことがあったら、確定申告の時期に限らず相談に行くと良いでしょう。

確定申告の期間はわずか1ヶ月

確定申告の期間はわずか1ヶ月しかありません。さらに年末年始は何かと忙しい時期です。師走の忙しい時期に入る前に、確定申告の心算をしておきましょう。 そして確定申告の期間が始まるまでに提出書類を完成させて、確定申告の期間の始めに提出することをおすすめします。なぜなら税務署に申告する際に、提出書類の不備が見つかり再提出になる場合もあるからです。万が一の再提出に備えて、確定申告期間の始めに提出しましょう。

確定申告の時期の前にすべきことは売り上げや経費などの整理

短い確定申告の期間にスムーズに申告を終えるために、確定申告の時期の前までに収入や経費などの整理をしておきましょう。特に個人事業主を専業としていて収入や経費の計算が複雑という方は、日々のお金の流れを確実に管理しておく必要があります。

確定申告の提出方法は3種類あります

確定申告の提出方法は3種類あります。1つ目は税務署に行き確定申告書類を提出する方法。 2つ目は郵送で税務署に確定申告書類を送付する方法。3つ目はe-Taxで電子申告をする方法です。

期間内に確定申告書類を税務署に持参する方法

管轄の税務署に確定申告の書類を持参して提出します。確定申告の期間内は混み合うために、書類を提出するために列に並ばなくてはならない場合があります。しかし、税務署の方に相談しながら作成することもできます。確定申告に慣れていない方や不安がある方は期間内に直接税務署に提出するのが良いでしょう。

期間内に確定申告書類を税務署に郵送する方法

確定申告の書類を税務署に郵送する方法もあります。郵送可能期間は確定申告期間と同じです。消印が3月15日に押されていれば大丈夫です。

e-Taxで確定申告をする方法

国のオンラインサービスe-Taxをつかい確定申告をする方法もあります。e-Taxで確定申告をする場合は事前申請が必要です。納税地を所轄する税務署にe-Taxの開始届出書を提出して申請します。届出書はオンラインで提出することが可能です。 e-Taxによる確定申告は最も手間が少ない方法ですが、そのシステムにはわかりにくいとこともあるため、インターネットに慣れていない方には難しいと感じるかもしれません。

確定申告の期間を過ぎてしまったら

確定申告の時期を過ぎてからの「期限後申告」は、罰則の対象です。遅れた日数分の延滞税を支払ったり、無申告加算税を納める必要が生まれます。期限から2週間以内に自主的に確定申告をした場合は、無申告加算税は上乗せされません。申告が遅くなるほどに罰則が重くなるので、確定申告の期間が過ぎたら、なるべく早く申告をしましょう。

確定申告の時期と期間は税務署のホームページで確認できる

確定申告の時期と期間は、国税庁のホームページで確認することができます。「確定申告特集」というページが用意されていて、そこに確定申告の時期と期間をはじめ、確定申告に関する基本情報が掲載されています。確定申告の時期が近づいたら、一度目を通しておくと安心です。

関連タグ

アクセスランキング