IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

映像クリエイター年収と仕事内容|映像クリエイターの資格はある?

更新日:2020年08月14日

資格・検定

この記事では映像クリエイターについて見ていきたいと思います。映像クリエイターとはクライアントが求める映像のイメージを掴み取り、芸術的なセンスや卓越した表現力、幅広いテクニックを駆使して良い作品を作り出すことができるそんな人たちの職種です。

映像クリエイターになるには

センスとテクニックがすべて

映像クリエイターになるための一般的な方法は、専門学校や大学で映像制作について学んだあとに映像制作専門の企業やテレビ局、広告代理店に入社するという方法です。就職において学歴を重視しないところもあるので専門学校や大学に行くことは必須ではありません。ですが、映像編集の際に使用する機材の種類や使い方を学んだり、コンピューターグラフィックスの技術を身につけたりすることができるので、学校で学ぶことは、即戦力として働くための有意義な経験でしょう。映像クリエイターとしての仕事に役に立つ資格というのもありますが、企業によっては学歴や資格よりもクリエイターとしての芸術的なセンスや編集のテクニックを何よりも重視していることもあります。

ステップアップの道筋

映像クリエイターの求人に募集して採用されたとしても、入社後にいきなり作品を任せてもらえることはありません。一般的には、まずは先輩のアシスタントにつき、企画の絵コンテやシナリオをを手伝ったり撮影や編集の際に使用する機材を発注したりしながら仕事を掴みます。実力が認められれば、企画の提案や映像の編集を任せてもらえるようになり、いずれは作品をメインで制作する役割を任せてもらえるようになります。 一人前になるまでにかかる時間は本人の資質や育成方針によって変わりますが、入社から数年間はアシスタント扱いということはこの業界では決して珍しくありません。先輩の働く姿を見ながら、焦らずにしっかり実力をつけていくことが大切です。また、アシスタント扱いのときは給料が低いこともあるので、入社前にステップアップの道筋を確認しておいたほうがよいでしょう。

映像クリエイターの給料・年収

高収入から低収入まで

映像クリエイターの給料や年収は、就職する企業や雇用形態によって大きく左右されます。 一般的には、テレビ局や広告代理店、大手の映像制作会社の正社員として採用されている人はとくに待遇が良く、昇進してチーフになれば年収1000万円以上の高収入になることもあります。一方で、いわゆる下請けの仕事が多い小さな映像制作会社で働く場合は待遇が悪いことが多く、正社員ではなくて契約社員やアルバイトなどの非正規雇用者として時給1000円ほどで働くケースもあるようです。映像業界は資格や学歴がなくても働くことができるぶん、とにかく徹底した実力主義の業界として知られています。よほど福利厚生の充実している企業へ就職できない限りは最初から良い待遇を期待するのは難しいと思っておいたほうがよいでしょう

や実力が収入に直結

フリーで活動している映像クリエイターの場合、収入は完全に出来高制となっています。映像の仕事を一本引き受けると数万円~数百万円の契約になり、放送するメディアや尺、そして映像クリエイター自身の知名度や実力によってその金額は大きく変わります。世界にその名を知られているような映像クリエイターの場合は、当然報酬も高額になります。 一方でまだまだ無名の駆け出しの映像クリエイターの場合、膨大な作業時間に対してわずかな報酬しかもらえないということもあります。また、アマチュアの映像クリエイターでも、動画サイトで何百万回も再生されるようなヒット映像を作ることができれば、それなりの金額の収入が入ってくることもあります。とにかくや実力が収入に直結する業界なので、映像クリエイターとして生計を立てていくのには相当な力量が必要なのです。

映像クリエイターの資格

資格よりも実力

映像クリエイターとして活動する上では、特別な資格や免許というのは必要ありません。正真正銘の実力主義です。クライアントが求める映像のイメージを掴み取り、芸術的なセンスや卓越した表現力、幅広いテクニックを駆使して良い作品を作り出すことができることが何よりも重要です。その映像が世間で評判になるか、視聴率や商品の売り上げに貢献するか、動画サイトで再生されるかどうかによって、次の仕事の依頼が決まるといっても過言ではありません。資格があるから仕事がもらえるというような世界ではないことはよく理解しておいたほうがよいでしょう。

入賞歴が強みに

この業界において資格や学歴よりも説得力があるのは、映像関係のコンテストにおける入賞歴です。日本にはさまざまなコンテストがありますが、ぴあフィルムフェスティバル、CGアニメコンテストなどの有名なコンテストの受賞をめざす人は多いようです。実際にこのようなコンテストでの入賞がきっかけとなって映像業界にデビューする人もいるのです。映像クリエイターの仕事は資格や免許が必要ないぶん、コンテストのような客観的な場で実力を証明してもらえることはとても重要なことです。コンテストで実績ができれば、就職活動をする上でも大きな強みとなるでしょう。

関連する資格

それでも何らかの映像関連の資格でもよいから取得しておきたいというのであれば、CGクリエイター検定があります。試験では、動画撮影や映像編集に関する知識やCGアニメーションの基本について問われます。デジタル化が進むこれからの社会の中で映像クリエイターとして活躍していくのであれば、優れたCGの技術を身につけておいても損はありません。

映像クリエイターの仕事内容

テレビやゲームの制作

初回公開日:2017年03月22日

記載されている内容は2017年03月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング