IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

日本のライフスタイルと魚の食べ方|

更新日:2020年11月11日

ライフスタイル

魚の食べ方とライフスタイルとはどのような関係があるのでしょう。魚の食べ方は地域によって様々です。また、ライフスタイルの中で魚を食べることを取り入れていない国もあります。それぞれの地域の魚の食べ方やライフスタイルの特徴について簡単にまとめてみました。

ライフスタイルによる魚の食べ方の違い

国や地域によってライフスタイルも魚の食べ方を様々違いがあります。日本だけを考えてみても、沖縄と東京では、魚の食べ方が異なります。旅行などに行けばそれぞれの違いについて色々感じることができると思います。沖縄では、魚を刺身で食べることはありますが、東京と比べたらその機会は少ないです。また、魚の食べ方として、どのような味付けにするかなどもありますが、これも地域によって色々です。魚の煮つけ一つとっても、ものすごく味を濃くするところもあれば、薄味の地域もあります。また、刺身で使用する醤油も関東と関西ではかなり味が違います。

ライフスタイルの意味とは

普通の意味でライフスタイルとは、生活の様式を意味します。ないげなく生活していても使用することの多い言葉です。簡単に言えば、どのような生活をしているかということです。一般的に使用するのは、この仕事は僕のライフスタイルに合っていないなどの使い方があります。また、この言葉を使用すると何か欧米の文化の影響を受けた人に見えるのが不思議ではあります。一時期ライフスタイルという言葉がはやっていた時期があり、その時は多くの方が使用していたのがライフスタイルという言葉です。ライフスタイルを自分なりに工夫してより良い生活にしたいと言うのは、多くの人の思いかもしれません。私自信を常に自分のライフスタイルを懸命に探しているのが事実です。

魚の正しい食べ方

魚の正しい食べ方は地域や、ライフスタイルで変わります。どれが一番正しいかは簡単には分かりません。また、生活している地域によってどのようにしたら正しい魚の食べ方なのかも色々です。知られているところから言うと、魚を生で食べる習慣のない地域もあります。それは、その地域のライフスタイルと密接にかかわっています。基本となる生活がどのようになり、生きて行くのに必要な食生活もおのずと決まってきます。一般的に魚の正しい食べ方は、身を残さないで全部食べることです。小さな頃から日本人であれば教わってくることです。日本人と比べて欧米の人達は、魚をきれいに食べる習慣はありません。魚の身を全部食べるのは、海に囲まれた日本ならではのならではの習慣です。

ユニークなライフスタイル

海外での魚の扱い方で面白いところがあります。それは、ライフスタイルと関係していて文化の発展とも言えます。例えば、海でとれた魚をその日のうちにすぐに海の近で販売することです。日本でもありますが、海外ではそれがスーパーの変わりになっています。生きて行くための重要なタンパク質となっています。気温の高い地域でもすぐに腐ってしまいそうな外で、市場のようなところで女性が魚を販売しています。日本と比較した場合、スーパーの代わりに市場で必要なものを全部集めているのと同じです。値段も交渉次第でかなりユニークな販売方法です。

具体的な国の違いによるライフスタイル

アメリカなどは魚をフライにして食べるのが習慣となっています。アメリカのライフスタイルからすると、カロリーの高いフライを食べるのでしょう。また、最近では日本食の影響もあり生で食べることも多くなってきましたが、魚の食べ方としては基本的には加熱して食べているようです。また、フィルピンなどでは、魚は煮つけにして食べたりします。生で食べる事はあまりありません。このように魚の食べ方は、その国のライフスタイルなどの影響を強く受けます。

魚を食べない国とは

厳密な意味で魚をまったく食べない国はほとんどありません。今では、魚の食べ方として缶詰を食べたりもします。これは、多くの国のライフスタイルに合致している食べ方です。様々な国で魚の缶詰は販売されていて食べられています。そうはいってもほとんどの国で生で魚を食べるかと言えばそうでもありません。温かい南国などでは、生では鮮度が著しく落ちるので食べません。また、もし食べても良く加熱して食べる習慣があります。さらに、熱帯魚は一般的に美味しい魚に限って食べられています。なので、国や地域によって魚をどのようにして食べるかが決まってきます。

日本のライフスタイルと魚の食べ方について

日本は特にライフスタイルの中に魚を食べる習慣があります。多い人では一日に数回食べるでしょう。朝食と夜ご飯に魚を食べたりします。日本の魚の食べ方としては、人によっては肉類よりも多く摂取する方がいます。また、昔から体に良いとされているので、鮮度さえ良ければ魚は安全な食べ物であるという認識があります。また、海外と比べると、はしを使って魚を食べるため、身のほとんどをきれいに食べる習慣があります。これは、日本の家庭では、子供の頃から全部きれいに食べるように教えてられています。

日本の独特な魚の食べ方

なんと言っても魚を生で食べる習慣が独特な食べ方です。海外でも生で魚を食べる地域も増えてきてますが、まだ習慣的に生で食べるところまではいっていません。さらに刺身をわさびで食べるのも変わった習慣だと言えます。きっと海外の人がわさびと一緒に刺身を食べたら初めてであれば驚くでしょう。特に変わった魚の食べ方としては、お酒と一緒に魚を食べるライフスタイルがあります。これは、日本では当たり前とされていますが、他の国では、自宅でそのような魚の食べ方をするところは少ないです。

初回公開日:2017年03月29日

記載されている内容は2017年03月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング