IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【自動車業界研究】現状・今後の動向・将来性から業界を考察する

初回公開日:2016年11月15日

更新日:2020年11月05日

記載されている内容は2016年11月15日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

就活

今回は自動車を開発・生産している自動車業界にスポットを当てて、業界研究をしていきたいと思います。自動車業界がどのような業界なのか、そして現在の動向はどうなっていて、将来性はあるのかどうか、さまざまなデータを元に見ていきましょう。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

自動車業界研究:現状

自動車業界研究:現状
※画像はイメージです
出典: https://unsplash.com

まず始めに、自動車業界が今、どのような状況なのかを研究していきます。自動車業界の基本的なデータを通して業界の「今」を正確に把握し、業界内で特に市場や日本経済に大きな影響を与えている企業について学んでいきましょう。

自動車業界の市場規模は非常に大きく、他の業界と比較しても大変巨大な市場であるといえるでしょう。また、市場規模に比例するかのように、労働者数も増える傾向にあります。 平均年齢・平均勤続年数に関しては、他の業界と比べて特筆した特徴があるというわけではなく、いずれも標準的と言えそうです。

自動車業界研究:動向

自動車業界研究:動向
※画像はイメージです
出典: https://www.pexels.com

次に見ていくのは、自動車業界の動向です。今、自動車業界はどのように変化し、またどのように変わろうとしているのでしょうか?課題や市場動向を通して、動向を追っていきましょう。また、自動車業界の動向を見ていくことで、将来性についても見えてくるものがあると思います。動向から読み取れる自動車業界の将来性についても考えていくので、ぜひ業界研究に役立てて下さいね。

自動車業界の現状:課題

自動車業界の現状:課題
※画像はイメージです
出典: https://unsplash.com

まずは、自動車業界が現在抱えている課題について、研究していきたいと思います。大きな市場規模とたくさんの労働者を抱えている自動車業界は、大変巨大な業界ですが、どのような問題や課題があるのでしょうか?また、その解決方法はあるのでしょうか?課題を元に、業界の将来性について考えていきましょう。

自動車業界の課題:国内マーケットが頭打ち

大きな市場を持つ自動車業界の動向は、一見すると順風満帆のように思えるかもしれませんね。しかし、近年は国内のマーケットは頭打ち状態となっているようです。2012年以降、日系自動車メーカーの業績は上向きとなっていますが、その理由は円安傾向に転じたことによる、輸出によるものと考えられています。輸出には限度がありますし、為替頼みの経営・戦略を取っている自動車メーカーも多数存在することから、このまま輸出だけで市場を拡大していけるかどうかは、先行きが不透明な状態なのです。このような背景から、国内でのマーケットが頭打ちであること、輸出による収益に依存している状態は、自動車業界全体の大きな課題と言えるでしょう。 参考資料:※3

自動車業界の課題2:日系自動車メーカーの優位性

「自動車業界の課題1」でもご紹介したように、日系自動車メーカーは輸出によって得ている収益が非常に多いと言われています。輸出によって収益が得られるということは、国際社会において日本の自動車に付加価値があるということです。日本の自動車が世界で求められるその理由は、品質や安全性の高さにあります。それこそが、日系自動車メーカーの強みであり、唯一の特徴と言われています。しかし、品質というには、他の国の技術力が上がれば、すぐに追いつかれてしまうものです。日経自動車メーカーが、国際社会においていつまで品質による優位性を保てるかが、今後の自動車業界の問題として考えられています。 参考資料:※3

自動車業界の課題3:ハイブリットカー

関連タグ

アクセスランキング