IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

CEO/社長/会長/取締役の違い|CEOと社長ではどちらが偉い?

経営

皆さんは、「CEO」・「社長」・「会長」・「取締役」という言葉をご存知ですか?知っている方が大半だと思いますが、それぞれの違いについてまで理解している方は少ないのではないでしょうか。今回は、「CEO」・「社長」・「会長」・「取締役」に注目してみたいと思います。

更新日時:

「CEO」・「社長」・「会長」・「取締役」について

皆さんは、会社の責任者と言ったらどんな人をイメージしますか?おそらく、一般的には「社長」と答える方が多いのではないでしょうか。しかし、こういったワードも耳にしたことはありませんか?例えば、「CEO」や「会長」、もしくは「取締役」。このように、会社の責任者を指す言葉って「社長」以外にもこれほどあるんです。 とは言っても、「社長」・「CEO」・「会長」・「取締役」それぞれにどんな違いがあるのかまで知っているという方は意外と少ないんです。今回は、そんな会社の責任者を表す言葉の中でも、「社長」・「CEO」・「会長」・「取締役」の特に違いが分かりづらい言葉に注目して、様々な観点から話ていきたいと思います。

「社長」・「CEO」・「会長」・「取締役」それぞれの意味の違い

まずは、「社長」・「CEO」・「会長」・「取締役」それぞれの意味について見て行きましょう。 一見同じような意味であるかと思える「社長」・「CEO」・「会長」・「取締役」の四つの言葉で巣が、一体どんな意味の違いがそれぞれあるのでしょうか?

「社長」

では早速ですが、「社長」・「CEO」・「会長」・「取締役」それぞれの意味について見て行きましょう。まずは、「社長」の意味から見ていきます。「社長」とは、皆さんが思っているように、「会社や社団などにおける最高責任者の呼称」ですが、一般的には、会社が定める職制において、第三者に対して会社を代表するとともに、会社内部で業務執行を指揮する役職のことを指します。 つまりは、社長、副社長などの肩書きは会社が定める職制に基づく名称なので、会社法には社長の設置、選任及び解任、役割・権限・義務等に関する規定はないのです。ただし、社長や副社長は一般的に会社を代表する役職の名称なので、社長に会社を代表する権限があると信じて取引をした者を保護し、取引の安全を図るため、会社法には表見代表取締役や表見代表執行役の規定があります。 一般的には「代表取締役」と「社長」は兼ねている場合が多いため、「代表取締役社長」という肩書きをよく目にしますが、「代表取締役会長」のように社長以外の「代表取締役」もありますし、「取締役社長」のように代表権のない社長も稀にあります。

「CEO」

ここまでで、「社長」の意味についてなんとなくわかってきたところで、続いて「CEO」の意味について見ていきたいと思います。「CEO」とは、日本語に直すと「最高経営責任者」のことを指し、英語で Chief Executive Officerの略語です。アメリカ合衆国内の法人において理事会(法人が会社の場合は取締役会)(Board of Directors) の指揮の下で法人のすべての業務執行を統括する役員、執行役員又は執行役(Officer、Executive Officer)の名称とされています。もしくは最高経営責任者として選任された人物のことです。 よく「統括業務執行役員」などと和訳されることもあります。イギリスにおいては、同様の職務を行う役員を「業務執行役員(英語で Managing Director、略してMD)」、又は「チーフ・エクゼクティブ(Chief Executive)」といいます。 また、非営利団体では「エグゼクティブ・ディレクター(英語:でExecutive Director、略して:ED)の名称が使われることもあります。

「会長」

ここまでで、「CEO」の意味についてなんとなくわかってきたところで、今度は「会長」の意味について見ていきたいと思います。「会長」とは、「会の長・責任者を指す言葉であり、その団体・組織を代表したり、あるいは会務を総理する役職の人」のことを指します。 しかし、「会長」というのは、先ほどご紹介した「社長」と同じように、単なる呼称であり、会社法における権力は存在しません。ただし、会社によって意味合いは異なります。特にアメリカ合衆国のような単層型の株式会社の場合には、「取締役会の議長(取締役会長)」を指すこともありますが、基本的には権限を他の社長に譲り、第一線を退いて就任する役職を「会長」と呼びます。 立場上は会社内で社長の上に置かれる役職で、社長を退いた人の名誉職となる場合が多い様です。また、定款で会長を置くと謳っている会社では、「会長」は通常社長を退いた人で、引続き社長のアドバイザー役を務めて欲しい人がその職責を果たします。

「取締役」

ここまで、「会長」の意味について見てきましたが、今度は「取締役」の意味について見ていきたいと思います。 「取締役」とは、すべての株式会社に必ず置かなければならない機関です。取締役会非設置会社においては、対内的に会社の業務執行を行い、対外的に会社を代表するものであり、取締役会設置会社においては、会社の業務執行の決定機関である取締役会の構成員のことを指します。

「社長」・「CEO」・「会長」・「取締役」の中で一番偉いのは?

ここまで、「社長」・「CEO」・「会長」・「取締役」それぞれの意味について見てきましたが、結局のところ、「社長」・「CEO」・「会長」・「取締役」の中で一番偉い役職というのはどれなのでしょうか?

「社長」と「会長」ではどちらが偉い?

では早速ですが、「社長」・「CEO」・「会長」・「取締役」の中で最も偉いとされる役職はどれなのかについて見ていきたいと思います。まず「社長」と「会長」で比べると、職制で見ると、社長は会社のトップですから、最も偉い人となります。 しかし、先ほども言ったように、「会長」は通常「社長」よりも上の立場に位置する名誉職です。組織上では社長より上の存在であるので、ここで矛盾が生じてきます。会社法としての法規上は、「会長」が代表権を持っている場合と持っていない場合があり、ただの「会長」であるのと、「代表取締役会長」ではかなり権力が違います。 会長が創業者であったり、現社長の父親であったりする場合、その人が「代表取締役会長」でなくても社長より大きな権限を有していることもよくあります。「会長」が「社長」を辞めさせて別な人物を「社長」にしたり、自分が「社長」に戻ったりすることは日本では良く見られることです。 つまり、事実上「社長」よりも立場が上の役職であり、かつ「社長」にある程度の意見を 言う権利があるという点で、「会長」の方が偉いとされることが多いです。

「CEO」と「会長」と「取締役」ではどれが偉い?

続いて、「CEO」と「会長」と「取締役」でどれが最も偉い役職なのかについて見ていきたいと思います。 正直な話、「CEO」と「会長」と「取締役」の中で、会社法上必ず各会社に一つは設けなければならない役職であり、また「会社の権利」を行使したり、正式に「会社の代表」となれるのは「取締役」だけです。 つまりは、他の「CEO」と「会長」の二つの役職は、肩書きだけというわけです。そのため、「会長」が「代表取締役会長(何人かの取締役の中のトップ)」を意味する場合を除けば、「取締役」が最も偉い役職になります。

「社長」・「CEO」・「会長」・「取締役」の違いは社会人として知っておくべきこと

いかがでしたでしょうか? 今回は、「社長」・「CEO」・「会長」・「取締役」に焦点を当てて、「社長」・「CEO」・「会長」・「取締役」それぞれの意味の違いや、立場上最も偉い役職について見てきました。会社内での上下関係や役職の違いというのは、その会社の業務や他社とのビジネスにおいても、非常に重要なことです。 そのため、社会人としてこれら「社長」・「CEO」・「会長」・「取締役」などの役職の持つ意味についてしっかりと理解をしておくということは大切です。 今回ご紹介したことが、皆さんにとって少しでも参考になっていれば幸いです。

関連タグ

アクセスランキング