IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ガレットの食べ方とマナー・ナイフとフォークの使い方

更新日:2017年05月23日

ライフスタイル

皆さんは「ガレット」という料理をご存知ですか?おそらく知っている方は多いのではないでしょうか。しかし、意外と「ガレット」の正しい食べ方についてあまり知らないという方が多いと思います。今回は、「ガレット」の由来や正しい食べ方などについて見ていきたいと思います。

「ガレット」とは

皆さんは、「ガレット」というものをご存知ですか?おそらく、一度は耳にしたことがあるという方も多いのではないでしょうか。しかし、その中にも「ガレットってどういうものなの?」という方も多いと思います。 今回は、言葉は知っていても、実際どんなものなのかあまり知られていない「ガレット」という食べ物に焦点を当てて、「ガレット」とは一体何なのか、またそれはどのように食べるものなのかについて見ていきたいと思います。まずは、そもそも「ガレット」とは何なのかについて見ていきましょう。

「ガレット」とはそば粉で作られたフランス北西部の郷土料理

では早速ですが、「ガレット」とは一体何なのかについて見ていきましょう。まず「ガレット」とは、簡単に言うと、「主にそば粉で作られたフランス北西部の郷土料理」のことなんです。意外と知らなかったという方も多いのではないでしょうか。より詳しく「ガレット」について見てみましょう。 そもそも「ガレット」とは、フランス語で「 galette」と書き、「円く薄いもの」という意味なんです。そして、料理名としての「ガレット」は、「ガレット・ブルトンヌ」という名前が実際のもので、フランス北西部に位置するブルターニュ地方発祥の料理やお菓子の名前です。クレープのもとになった料理ともいわれています。 また、ブルトン語では「クランプーズ (Krampouz)」といい、語源的にはゲール文化との関わりがあると言われています。ブルターニュ地方は雨が多く、小麦の育成には不向きな土地であり、痩せた土地でした。ここに中国原産のソバがイスラム諸国を経由して十字軍の持参により植えられると、充分に育つ作物として栽培されるようになり、貧しい農民や労働者は、近代初期までソバを利用したガレットを主食としていたそうです。

「ガレット」の種類

続いて、「ガレット」の種類について見ていきたいと思います。以下に、「ガレット」の種類についていくつかまとめてみました。 ・「ガレット・ブルトンヌ(クッキー)」 ブルターニュ地方の中でも、西部地域(バス=ブルターニュ)では、小麦粉で作るさくさくした薄焼きクッキーを「ガレット・ブルトンヌ」と呼びます。日本でも、一般的にこの小麦粉で作られた「ガレット」のことを指すことが多い。なお、日本ではより厚焼きのクッキーも同様に「ガレット」と呼ぶことが普通ですが、薄くないものはフランスではパレ・ブルトンと呼ばれ、区別される。 ・「プロイ」 北アメリカのフランス語圏、アカディア地方の伝統的なガレットです。シロップか、豚肉のパテを塗って食べるのが一般的です。 ・「ガレット・デ・ロワ」 アーモンドクリームの入ったパイ菓子のことを指します。 ・「じゃがいものガレット」 じゃがいもをつぶすか薄切りにし、円形にまとめて焼いた料理を指します。

「ガレット」の作り方

ここまでで、「ガレット」とはどういったものなのかなんとなくわかってきたところで、今度は「ガレット」が実際にどのように作られているのか、その料理方法について見ていきたいと思います。

ガレットの料理方法

では早速ですが、「ガレット」の作り方について見ていきたいと思います。以下に、ガレットの作り方についてまとめてみました。 まず、そば粉・水・塩などを混ぜて寝かせた生地を熱した平鍋またはガレット調理専用の鉄板に注ぎます。そして、こてなどで薄い円形に伸ばし、正方形に折りたたんで完成となります。 クレープと異なる点は、片面だけを焼き、生ハムなどの肉類、魚介類、おろしたグリュイエールやゴーダなどのチーズ、鶏卵、サラダなどで飾るというところです。卵は、焼いている途中のガレットの上に割り込み、目玉焼きのようにして火を通します。 また、熱いソーセージをガレットで巻いて提供することもあります (galette-saucisse)。中央にエメンタールチーズ、生ハム、卵を置いたものは「ガレット・コンプレット」(galette complète) と呼ばます。

ガレット作りにおすすめのレシピ本

さて、ここからは「ガレット作りにおすすめのレシピ本」を紹介していきます。上記の「ガレットの料理方法」ではうまく作る自信がないという方は、ぜひ活用してみましょう。きっと、美味しいガレットができるはずです!

『ガレットとクレープ 専門店のレシピ帳: クレピエが教える おいしさを引き出す素材の組み合わせと調理法』

こちらの本は、渋谷に店を構えるガレット専門店「オ・タン・ジャディス」が教えるガレットレシピ集です。ぜひ、ご自宅で本格的な味わいを楽しんでください!

『フランス・ブルターニュ地方の味をおうちで楽しむ ガレット&クレープ』

初回公開日:2017年03月21日

記載されている内容は2017年03月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング