IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

31歳の転職は難しい?後悔しないための全方法

転職事情

30代になってはや1年以上が経過した31歳。男性も女性も人生の分かれ道に立たされており、このタイミングで転職を考える人も少なくないでしょう。今回は「31歳の転職」についてさまざまな角度から検討してみました。あなたはどの道を選びますか。

更新日時:

31歳での転職ってどう?

31歳の転職は「転職自体は」難しくありません。 「転職は35歳を超えたら難しくなる」と言われますが、これは管理職として即戦力であることや、専門職として熟練されたスキルが必要になるからです。31歳〜34歳の人材にはそこまで求めていませんので、最後の「攻めの転職」ができる年代だと認識しましょう。

転職すべき31歳の特徴

31歳では自分に自信がある人、ある程度の実績、スキルがある上で尚キャリアアップを考えている人、年収アップを考えている人はぜひ転職を考えて見てください。 31歳では転職に実績や専門性、スキルなどが求められます。これを兼ね備え、年収をアップを考えている人には最適な年齢になっています。31歳の転職では年収アップ額も多く、現在自分の働きの内容に年収があっていないと感じている人もいるでしょう。 転職を恐れずチャレンジしてみてください。

31歳に企業が求めるもの

転職では歳の増加につれ、実績やスキル、専門性を求められます。 31歳という歳は20歳から抜け出し、ポテンシャルより、実績、スキルが重視されるタイミングのちょうど移行期間といっても良いでしょう。 今回、転職をする際、31歳が企業に何を求められるのかを2つ挙げたので転職を考えている人は参考にしてください。

31歳に企業が求めるもの1:実積、スキル

31歳の転職は、どの職種でもある程度の専門性、実積、スキルが求められます。 20代では専門性や実積、スキルはもちろん採用する上での1つのポイントではありますが、ポテンシャルの方が重視される傾向にあります。 しかし、それは若さという武器があるためで31歳では転職する上でポテンシャルはそこまで重視されず、専門性企画や管理の仕事では自分ならではのスキルが確立されていることが大前提になります。 そのため、転職ではそのスキルを深めるか別分野で増やすかのどちらかを選ばなければなりません。 ITエンジニアもこれまで積み重ねてきたスキルを武器にしなければ、成功といえる転職活動はできません。専門領域となりたいITエンジニア像を思い浮かべ、それを擦り寄せるためにはなにをすればいいかをハッキリさせましょう。

31歳に企業が求めるもの2:即戦力

そもそも歳に関わらず転職では、歳に応じた実力が求められ、即戦力として期待されるケースが多くその上、20代を過ぎた31歳ではその側面が強くなります。 上記でも触れましたが、31歳での転職ではポテンシャルより、専門性や実積、スキルを重視が重視されます。これは即戦力を求めている現れでもあるでしょう。 しかし、これは悪い点だけではなく、年収も求人によってはアップできるいわゆるハイキャリアの求人を狙うこともできます。自分のキャリア、実績に自信のある人年収アップを狙いは挑戦して見ましょう。

31歳が転職で失敗しないためのポイント

今の仕事は評価されなく辞めたいと考えている方も少なくないでしょう。 転職に成功したい人は自分もいかに上手く魅せることができるかを考え転職い挑みましょう。 今回は転職する上で失敗しないための方法を3つ紹介しているので参考にしてください。

31歳が転職で失敗しないためのポイント1:資格を取得する

転職で「資格」という言葉を聞くと、「資格を活かして異業種に転職することかな」と思う人も多いかと思います。もちろんそれについても後に説明しますが、31歳の転職であれば今持っている資格の上級版の取得にチャレンジしてみましょう。30代前半は専門性が求められるため、その業界内で役に立つスキルであれば学んでおいて損はしません。 例えばですが、現在外資系企業に勤務していて、TOEICの点数を持っているのであれば、800点や900点を目指してみましょう。このくらいの点数であれば若い人材に拮抗することができるため、転職でグッと有利になります。 また銀行事務をやっている人なら「ファイナンシャルプランナー」の資格を持っている人も多いかと思いますが、1級の取得を目指してみましょう。2級は多くの金融関係者が持っていますが、1級を所持する人は少ないため差別化が図れます。 また、異業種に挑戦したいのであれば、資格を取得してその業界にチャレンジするのもありです。国家資格は所持するだけで仕事になるケースも多く、新しい分野で専門性を高めることができます。 人気があるのは ・行政書士 ・司法書士 ・社会保険労務士 このあたりの資格です。全て難易度が高い資格ですが、個人事務所や法人に入ったあと、独立して子どもやパートナーとともに自由度の高いライフスタイルを過ごす…ことも不可能ではありません。 また医療系の資格はどうでしょうか。 「未経験でも所持しているだけでOK」という事業所が多く、その上自由に働きやすいということもあって女性から人気を集めています。 フルタイム勤務は体力勝負で、本当にやりたいと思えなければ続かない仕事ですが、興味があるのであれば、これをチャンスだとみてみましょう。

31歳が転職で失敗しないためのポイント2:自己分析を行う

31歳転職成功者の多くは、自分のスキル、強みの分析ができています。 まずは、自分の実績やスキルを「棚卸」します。今までの自分の経験を「棚卸」し、その上で「強み」といえるポイントを探して、求人企業に上手くアピールするのです。 あるいは、別の角度から自己分析することも大事です。「採用側が欲しい人材であることをアピールする」方法です。採用担当者が31歳に求める採用ポイントとして代表的なのは、 ・即戦力 ・実績 ・経験値 ・ポテンシャル 転職成功者はこの4つのポイントと自身のキャリアを掛け合わせアピールしています。 つまり相手の立場を考えそのニーズを汲んだうえで、自分に何ができるかを考えるのです。しっかり考えられた自己分析は、良いアピール材料になります。この点は、転職エージェントの担当者とじっくり相談しましょう。

31歳が転職で失敗しないためのポイント3:転職エージェントを利用する

上記でも触れましたが31歳の転職では専門性や実績、スキルが重視されます。 そのため、転職エージェントを利用し転職活動を有利に進める必要があるのです。 転職エージェントは、転職者に対し様々なサポートをしてくれます。 ・非公開求人の紹介 ・面接練習、応募資料の添削 ・採用条件の交渉 ・キャリア相談 などが挙げられます。 これらのサポートを上手く活用し、転職を最高させましょう。

31歳におすすめの転職エージェント3選

転職エージェントは求職者に対し様々なサポートをしてくれます。面接練習、提出資料の添削、非公開求人の紹介、企業側との条件交渉など、転職活動が圧倒的に有利になることでしょう。 しかし転職エージェントの中には自分の利益を優先しているひと、実績が欲しいだけの人がいないとは限らないため、すべてを鵜呑みにせず自分の意思を持った上で転職を考えましょう。 今回は31歳にオススメの転職エージェントを3つ紹介します。参考にしてください。

31歳におすすめの転職エージェント1:リクルートエージェント

「リクルートエージェント」はリクルートグループが運営している大手転職エージェントサービスです。リクルートは圧倒的な求人数が特徴としてあります。他にもリクルートエージェントの特徴を紹介します。 ・圧倒的な知名度とブランド力大手企業の求人が多数転職支援実績が業界トップ転職の進捗を管理できるマイページ このような特徴が挙げられます。

31歳におすすめの転職エージェント2:マイナビエージェント

「マイナビエージェント」はマイナビグループが運営している大手転職エージェントです。 首都圏&関西圏を中心に求人が多く、特に新卒の方から人気がありますが、20代からの転職に関しても実績を広げており、人気のある転職エージェントです。 また「マイナビエージェント」でしか第二新卒の募集を出していないという企業も多数あるので、20代で転職を考えている方にはかなりおすすめの転職エージェントです。扱っている職種などもジャンルが幅広いので、どんな希望職種でも必ず自分の探している物が見つかります。 「マイナビエージェント」は独自のネットワークを保有し、転職先として提携している企業が15,000社以上あります。この求人数は業界の中でもトップクラスです。 マイナビエージェントの最大の特徴は業界問わずに営業職の求人がとても豊富という点です。

31歳におすすめの転職エージェント3:ビズリーチ

31歳におすすめの転職エージェント3:ビズリーチ

ビズリーチはヘッドハンターや企業とのマッチングを図る人材データベースとしての特徴が強いサービスとなっています。 主な特徴は4つあります。 ・ハイキャリアの求人が多い年収1,000万が以上の求人が全体の1/3エージェント数が他の転職エージェントより豊富スカウト機能が充実している

31歳の転職でよくあるQ&A2選

31歳の転職では様々な疑問点が挙げられます。 そんな中今回は特に多い疑問である、未経験からの転職と公務員へ転職は可能なのかという2点の疑問を解き明かして行きます。 参考にしてください。

31歳の転職でよくあるQ&A1:未経験業界への転職は可能か?

基本的にかなり難しく、つらい道のりになるでしょう。 31歳の転職希望者に求められることは、 ・即戦力であること ・リーダーシップがあること この2つのため、未経験職種では… ・業務上のスキルが足りないため、即戦力にはできない ・同じくスキルが足りないため、リーダーシップを前会社で発揮していても、難しい と判断されます。 実際、30代前半転職者の56%が「未経験職種への転職は難しい」と答えており、異業種への転職はかなり苦戦するでしょう。 とはいっても、30代前半は異業種転職にチャレンジするラストチャンスです。30代後半になると大幅に求人は減りますし、また本格的にマネジメントスキルと専門知識を問われるようになります。30代前半であればギリギリ「ポテンシャルがある」と将来性を買われるため、それで採用されることもあります。 31歳の異業種転職では「覚悟」を決められるかがポイントになります。異業種転職をすれば、年収が大幅ダウンしたり、これまで積み重ねてきた信用が0になるリスクが生まれます。さらに、実際に求人に応募してみると書類選考の段階で落とされることも多く、転職活動時にはメンタルの強さも問われます。 それでも「あの業界に行ってさらなる飛躍を目指したい」のであれば、その時から転職活動を始めましょう。

31歳の転職でよくあるQ&A2:公務員への転職は可能か?

一般的に31歳で公務員に転職するのはきついと思われがちですが、公務員募集にはさまざまなルートがあります。そして「抜け道」を使えば30代前半でもらくらく内定をもらうことができます。民間企業や公務員の経験、それから海外青年協力隊にて4年以上勤続したことがある人の場合「経験者採用枠」を狙ってみましょう。 最近ではこの枠の募集自体が増加しており、また30代で受験可能な自治体も多くあります。一般枠で受験して公務員になるのもいいですが、その場合「行政法」や「憲法」などのような難しい筆記試験を突破しなければなりません。 それに比べれば試験対策の難易度が低くなっているため、条件が合う人は狙ってみましょう。 また、公務員と一口に言っても「国際公務員」「国家公務員」「地方公務員」の3つの分類があります。そのうち国際公務員と国家公務員はかなりハードルが高いですが、地方公務員はそんなに難しくありません。地方自治体は人手を欲しているところも多く、茨城県の牛久市や千葉県の市川市など、59歳まで公務員試験を受けられるように設定しているところも少なくありません。 59歳とまでは行かなくても、31歳であれば山形県や徳島県、それから千葉県や神奈川県などの上級公務員になることができます。もちろん市役所で募集しているところもかなり多いため、まずは気になる市や県のサイトを見て条件を確認してみましょう。

31歳が転職エージェントを使う際に注意するべきポイント

31歳での転職で一番注意するべきことは転職エージェントの言いなりにならないことです。 転職エージェントは様々なサポートをしてくれますが、転職が決まると転職エージェントに報酬が入るという仕組みになっています。また、31歳での転職では採用費用も高くその分報酬も膨らむため、急かされるケースも考えられます。 もちろん転職エージェントは有益な情報をもち、転職をする上で非常に心強いものになります。しかに上記のようなことを避けるためにも自分の意思を持って転職に望むことが大切になります。

31歳が転職エージェントで上手く行かなかった時は

転職エージェントを利用した上で上手く行かなかった時は、転職サイト、ハローワークを使いましょう。 転職エージェントを利用した人の多くが自分のペースでの転職活動を行えなっかなどの理由が挙げられます。転職エージェント側からしても定められた期限内に転職を成功させなければならない、またノルマなどもあるのでよく起こる事です。 それに対し、転職サイトやハローワークは必要最低限のサポートのもと転職活動を行えるため、自分のペースで転職活動を行えます。 そのため、あまり干渉さてたく人、他人と関わるのがしんどい人は積極的に利用し転職を成功させましょう。 厚生労働省が毎年実施している調査などもあるので、転職先を選ぶ際は参考にしてみてください。

まとめ

31歳といえば、男性・女性ともに結婚や出産を意識し始める年頃です。さらに、男性は家の購入を検討し始める年代で、女性は「バリキャリ」として仕事重視の人生を送るか、それとも「ゆるキャリ」としてプライベート重視の人生を送るか、を選ばなければなりません。 結婚や出産、家の購入やキャリアの歩み方の選択は全て人生を大きく左右するものです。31歳で転職をするのであれば、転職以外の道も考えながら慎重に検討していきましょう。ここで選んだものがあなたの人生の基盤になります。 そのために転職に対し覚悟を持ち挑みましょう。

関連タグ

アクセスランキング