IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

25歳での転職|転職するべきか?未経験からの転職は?

転職事情

25歳という年齢はちょうど今の仕事に慣れてきたと感じる年齢ではないでしょうか。このまま今の仕事を続けるか転職するべきか。25歳で転職するということに不安を感じる方も多いのではないでしょうか。そんな25歳の転職事情や有利な資格なども紹介していきたいと思います。

更新日時:

1分でわかるこの記事の要約
  • 25歳は未経験業界も狙える、転職におすすめの年齢
  • 簿記検定などの資格をとって、有利な転職活動をしましょう
  • 25歳までの平均転職回数は2回。若いうちに挑戦して理想の人生にしましょう

25歳は転職にいい年齢と聞いたことはありませんか?もしかすると、あなたの周囲にも転職した人がいるかもしれません。 今回は、25歳で転職するべき理由や、転職で有利になる資格をご紹介します。 新しいことをするには若いほうが有利です。マイナビエージェント」のキャリアアドバイザーに無料相談することもできるので、迷っているのなら一度相談してみてもいいでしょう。

25歳で転職を考えるのは正解?

25歳という年齢での転職、実はメリットがたくさんあるんです。年齢を重ねれば重ねるほど転職するのは難しくなりますしリスクも高いです。 しかし25歳は転職するのに有利な年齢と言えます。会社や職種によっては18歳~30歳の方募集という求人誌も少なくありません。18歳~30歳の間の、ちょうど良い年齢が25歳です。 今の会社で、やりがいが感じられないなど思っている方は、転職をするのに25歳は良い時期ということです。

未経験への転職は25歳がチャンス!

25歳で未経験への転職というのには不安があるかもしれません。 しかしあなたは今の仕事が本当に自分に合っていると思いますか?合っていないと思う場合20代がラストチャンスです。 30代に突入してしまうと未経験への転職は厳しくなってしまいます。転職するのに有利な年齢は25歳・26歳・27歳だそうです。 今から未経験への転職を考えるのも成功のもとになりますよ。一度プロの無料相談に行ってみてください。

25歳での平均転職回数

25歳での平均転職回数は、どれくらいなのでしょうか。また20歳~25歳・25歳~30歳などによっても違ってくると思います。では平均転職回数を紹介していきたいと思います。

20歳~25歳までの平均転職回数

20歳~25歳までの平均転職回数は2回くらいです。20歳で働き始めた方は高卒ですから5年ほどの勤務になります。計算すると2年に1度のペースですね。 25歳までに転職しておくということは将来のことを考えると良いことなので転職を考えだしたら、「まだ2年しか勤務してない」などは考えないで自分のやりたい職種についてみるのも1つの道ですよ。 まずは転職サイト転職エージェントに登録だけしてみるのもおすすめです。見ているうちに面白そうな仕事が見つかるかもしれません。 若いうちに色んなことにチャレンジしていきましょう!

25歳~30歳まで~平均転職回数~

25歳~30歳までの平均転職回数は3回くらいです。20歳~25歳までの平均転職回数より1回だけ多いという計算になります。 25歳~30歳までは転職するのに良い年齢なので「もうこんな年齢だし。」と後ろ向きな考えではなく「25歳~30歳まではこの会社に勤めていた」自分を褒めて前向きに転職を考えましょう。年齢がもう少し上がってしまうと転職は厳しくなってきてしまいます。 できる時期にやりたいことをしましょう!

25歳で転職を考える理由とは?

「転職はしたいけど、なかなか勇気が出ない、一歩前へ踏み出せない、もう25歳だし。」と考えてしまう方も多いと思います。そしてずるずる仕事をして転職を先延ばしにしてしまうという方、多いのではないでしょうか。 しかし25歳というのは、これからチャンスの幅を広げていける年齢です。そして転職を決める理由、ここが重要なポイントかと思います。この理由に当てはまるものがあれば転職を考えるのも1つの道だと思います。 では、その理由を紹介していきたいと思います。

①収入が少ない

25歳ということもあり、まだ収入が少ないということが結構あります。しかし本人たちは、「もう25歳だからこそ、もう少し安定した収入を得たい」と考えます。 このまま収入が少ないままなら、もう少し収入を得られる企業に転職を考えるべきだと思います。

②今の仕事が自分に合っていない

こればっかりは会社に勤めてみないと、わからないことですよね。ですが自分に合っていない仕事をするということは、すごく苦だと思うんです。 合わない仕事だと行くのも憂鬱になってしまいます。そうすると体だけではなく心にも負担がかかってしまいます。 今の仕事が自分に合っていないと思うのであれば自分の体と心の健康も考えて転職するのも明るい未来への道だと思います。

③結婚を考えている

これは特に男性の方が多いと思いますが①で書いた収入が少ないという理由や、今働いている職場環境・仕事内容も含まれてきます。 もう25歳という年齢ですので、お付き合いをしている相手との結婚を考えたとき今の収入でやっていけるのか、今の仕事内容をこれから先もずっと続けていけるのか。結婚をしてから転職するということは、とても大変なことです。 結婚したときに家族を養っていける企業へ転職しておくと、安心してお付き合いもしていけます。

④人間関係のストレス

どんな仕事をする上でも人間関係は付き物ですよね。しかしあまりに人間関係がストレスになる職場のようでしたら転職を考えるべきです。 ②でも書きましたが仕事に行くことが憂鬱になってしまいます。人間関係のストレスで体を壊してしまっては元も子もありません。 自分が気持ちよく過ごせる職場を探していきましょう。

25歳高卒の場合の転職

今では高卒での転職も、そう珍しいものではありません。しかし25歳、同じ年齢という中では、どうしても高卒・大卒と比べられてしまうのが現実です。 なので25歳高卒で転職したいと思っている方の場合は、以前勤めていた会社の年数が長いほうが有利になってきます。資格など持っていない方でも3年以上勤めているのであれば認めてもらえるので大丈夫ですので安心してくださいね。 まずは「マイナビエージェント」で相談してみましょう。今の自分にレベルも把握することができ、効果的に転職活動を進めることができます。

25歳・男女共通~採用されやすい転職先~

まずはじめに、採用されやすい求人ということは離職率が高い企業ということです。そのぶんハードな仕事内容だったりするところもあります。 しかし、それだけ人手が足りていないので求人に出す企業がたくさんあり、その中で自分が「いいな」と思ったものを選べるメリットもあります。そして働いてみたら離職率は高いけれど「自分には合っている」と思う仕事を見つけられるかもしれません。 では、25歳・男女共通の採用されやすい転職先をご紹介していきたいと思います。

①建設躯体工事職

いわゆる、とび職・鉄筋作業員などです。力が必要な仕事ですので肉体労働には自信がある・座っているだけのデスクワークより体を動かして働きたい・部活をやっていたという方にはオススメですし有利だと思います。 そのことを面接の際に言ってみるのも採用されやすいポイントです。

②警備員

警備員とは人を守る仕事です。人の役に立つということに、やりがいを感じるという方は、この仕事に向いているのではないでしょうか。 しかし暴力団員・アルコール中毒者・麻薬中毒者は警備員になることはできません。責任感の強い方が向いている職種と言えます。

③歯科医師・獣医師・薬剤師

こちらは専門分野になってきます。資格を持っていて活かしたい方・これから資格を取りたい方にオススメな求人となっています。特に今は高齢者が増えたことから薬剤師数が、とても増えてきているので今後も活かせる仕事内容となっています。 人や動物の世話をすることが苦にならない・やりがいを感じる・好きという方は向いていると思います。 また、責任感が強い方が向いているのではないかと思います。

④土木・建築工学技術者

建物の土台を作るのが土木工事、また建物がない道路建設なども土木の仕事内容です。それらすべてを把握し計画・設計・施工・管理をスムーズに行える状況にしておくのが土木工学技術者です。 また、建物の強度や安全面を配慮しながら施工を考え管理していくのも建築工学技術者の仕事です。 どちらも、まだ建っていないもののことを考えながら作っていく仕事ですので、やりがいを感じたい・達成感を味わいたいという方にオススメです。

⑤事務職

一般的な事務職ですが、会社を支えるにはなくてはならない職業です。また、事務職といっても様々なものがあります。一般事務・会計事務・販売事務・営業事務などたくさんの種類があります。 一般事務は受付・電話応対などがあります。会計事務は銀行などの窓口での、お預かりや経理などです。営業・販売事務は商品の仕入れや金融機関、イベントの際の予約係などです。 事務職といっても、これだけたくさんありますから自分に合っている事務を探してみてください。

⑥介護士

高齢者が増えていく中で介護士は、とても重要な職業となっています。求人を見てみると「無資格OK」と記載されているところが多いです。最初は無資格で入っても、その後入社して研修などを行い希望があれば資格取得も可能なようです。 働きながら資格を取りたいと考えている方にはピッタリだと思います。しかし介護士として向いていない性格の方も居ます。潔癖症・せっかちという方には、あまりオススメできません。 お年寄りでも一緒に楽しめる・話すのが好きという方には向いている職業です。

⑦接客業

接客業と、ひとくちに言っても様々な接客業があります。飲食店・アパレル販売員・ホテル・結婚式場・スーパーのレジなどたくさん種類があります。 接客業をする上で1番基本となるのが「お客様第一」ということです。接客業は「お客様あっての仕事」ですから黙々と作業したい方にはオススメできません。 人と接することが好き・「ありがとう」と言われると頑張れる・人と接することで、やりがいを感じられるという方には向いている職業だと思います。

⑧建設・採掘職

建設職とは大工・石工・左官・畳織・ブロック積み・タイル従事者・配管従事者などをする仕事です。採掘職とは砂・砂利採取従事者・石切出従事者・採鉱員などです。 こちらの職業は必要な資格というものが特になく入社してからそのスキルに応じて資格取得ができるようになっています。 資格は必要ありませんが入社する際に1番大切なのは「健康である」ということです。この職業は冷暖房など完備されていませんし、重たい荷物や危険な高さに登ったりすることがあるので病気を持っている方にはオススメできません。 「健康だけが取り柄」という方には向いている仕事です。

⑨サービス職

サービス職とは、介護職員・看護助手・美容・クリーニング・調理・駐車場・管理人など、たくさん種類があります。こちらは女性の方が多い職業です。 接客業とも少し似ていますが、接客業よりさらに細かい作業を行っていただく仕事です。大雑把な方や、少し手を抜いてしまうという方にはオススメできません。完璧主義者とまではいかなくても雑にしないで、きちんと作業をこなせるという方には向いている仕事です。

⑩土木職員

土木職員とは道路・河川・ダムの工事や地下に埋設するガス・水道・電気など地下に埋設する仕事や区画整理・用水路・排水路の整備などです。また土木職員は建設機械を運転したりもします。 土木職員は人々の暮らしの中で、なくてはならない存在です。運転が好き・人の役に立つ仕事がしたいという方には向いている仕事内容だと思います。

就職に有利になる資格!

25歳で転職する際に「資格を持っていないから不安」という方も多いでしょう。そして就職の際に持っていると有利になる資格を知っておくことで仕事の幅も広がると思います。 さらに面接担当者から見て資格取得者は好印象になることが多いのだとか。まだ25歳なので20代のうちに資格を取っておくことは良いことだと思います。 目指している仕事があるのなら、「Brush up!」であなたにあった資格をみつけましょう。 では就職に有利になる資格を紹介していきます。

①簿記検定

簿記検定は、経理に関する仕事に必要なだけでなく様々なビジネスシーンで活かせる資格となっています。会社の数字を読み取る作業ですので、すべての仕事において持っていると、まわりの人たちから「助かる」と思われる資格です。 簿記検定は3級・2級・1級とあり1級は難関ですが3級からはじめて徐々に2級・1級へとチャレンジしていくのも良いでしょう。 2級以上持っておくと未経験の仕事への転職の際にも役立ちますよ!

②宅地建物取引主任者

宅地建物取引主任者の資格というのは経験・学歴・年齢の制限がなく、誰でも受験することができます。 不動産の賃貸・売買の仲介は宅地建物取引主任者の資格を持っていない方でもできるのですが最後の重要事項の説明においては宅地建物取引主任者だけが説明することができます。 また、この職業は不動産で働きながら資格取得することもできるので「資格も取りたいけど早く働きたい」と考えている方にはオススメの仕事だと思います。

③TOEIC

TOEICの受験資格は年齢・学歴・国籍は関係ないので誰でも受験することができます。TOEICとは、国際コミュニケーション英語能力テストのことです。 身近なものからビジネスシーンにおけるすべてのものに対し英語でのコミュニケーションを行い能力を測るというものです。またTOEICにはスコアというものがあり、転職する際に取っておくと有利なスコアは710点となっています。 将来は海外で仕事をしてみたいと考えている方や、様々な国籍の方たちと交流を持ちながら仕事がしたいという方にはオススメな資格です。

④インテリアコーディネーター

インテリアコーディネーターとは気持ちよく過ごせる空間を作る人のことです。お客さまから好みのもの・家族構成・予算を聞きながら、それに合ったプランを考え内装などを計画していく仕事です。 こちらも受験資格は年齢・学歴・経験は関係ないので誰でも受験することができます。インテリアコーディネーターの資格を持っていれば仕事は、もちろんプライベートでも活かせます。 自分の部屋を模様替えしたりするのが好きな方にはオススメな資格となっています。

⑤MOS

MOSとはマイクロソフトオフィシャルのアプリケーションを全般的に使えるという証明をするもので、それらを証明することができるのがMOS=マイクロソフト オフィス スペシャリストといいます。こちらも受験資格は年齢・国籍に関係なく誰でも受験することができます。 MOS資格取得者は会社でパソコン専門として働くことができるので、人に頼りにされたい・どんどんスキルアップしたいという方にはオススメな資格です。

⑥ネイリスト

こちらも受験資格は年齢・学歴は関係なく誰でも受験することができる資格となっています。 ネイリストは「ネイリスト技能検定試験」というものがあり、その中から3級・2級・1級とわかれています。基本3級というのは初級レベルでネイルケアなど正しく行える方に与えられる階級となっています。2級を取得できるとサロンでの勤務が可能になります。1級は世界で通用するような腕の持ち主となります。 サロンによって「無資格でもOK」と記載されているところがありますが、あまりオススメはしません。無資格なので1年は雑用ばかりでお客様にネイルすることはできません。 なのでサロンでお客様にネイルをしたいのであればネイリスト技能検定試験2級以上取得してから勤務するのがオススメです。また、ネイリストは自分の爪もオシャレにしなくてはいけないのでオシャレが好きな方には嬉しい仕事ですよ。

⑦医療事務

医療事務は女性に人気が高い資格となっています。そして「短時間からOK」というところも多いのが魅力の1つです。 さらに高時給なので人気が高いんですね。医療事務の仕事内容としては医療機関での受付・患者さんの退院・入院手続き・保険証のコピー・診察券発行などです。 また、こちらも受験資格は不問ですので誰でも受験することができます。正確なデータを入力するため、間違いを見落とさない、しっかりしている方に向いている資格です。

⑧調剤薬局事務

医療事務とも少し似ていますが、働く場所が違います。医療事務は病院ですが、調剤薬局事務は処方箋を出しているドラックストアなどでの勤務となります。 仕事内容としては、処方箋の受け取り・お薬手帳のお預かり・窓口・会計・薬のお渡しなどです。薬を扱っているのでミスをしたら大変なことになってしまいます。 責任感の強い方が、この資格を取るのに向いているでしょう。

⑨ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーとは、お金に関する豊富な知識からお客さまのプランなどを見積もりしたり設計するのが仕事です。銀行や証券会社での説明・案内などをしていただきます。 お金に関することなので信頼関係をきちんと築けていける方に向いていると思います。

⑩保育士

保育士の受験資格として、大学に2年以上在学していて単位数が62単位以上の方が対象となります。子供と一緒に、様々な行事や成長を見られる職場ですので、子供が好き・人の世話をするのが苦にならない・子育てをしたことがあるという方には向いている仕事です。 受験資格の条件は少しありますが、子供と触れ合うことが好きな方にオススメな資格です。

転職は若いうちに!

この記事のまとめ
  • 25歳は未経験業界も狙える、転職におすすめの年齢
  • 簿記検定などの資格をとって、有利な転職活動をしましょう
  • 25歳までの平均転職回数は2回。若いうちに挑戦して理想の人生にしましょう

若いうちの転職はメリットがたくさんあります。若いうちにしかできないことだって、たくさんあります。 年を取ってから「あの時ああしていれば良かった」とならないように動いて素敵な人生を歩んでいってください!

プロのアドバイスでより良いキャリアデザインを

1年を通してみたときに、各月で企業側からの需要の高まる時期も存在します。 また、毎年企業が求めている人材も変化しているので、「今はどんなスキルの人が求められいているのか」「今自分はどのレベルの企業に転職可能なのか」という点を知ることが必要です。 転職エージェントと情報交換を行うことは、これからのキャリアでも有意義になるでしょう。まずは「マイナビエージェント」に登録してみてください。 また、本格的に転職をするときは複数のエージェントに登録することをおすすめします。「マイナビエージェント」以外は、こおすすめエージェントランキング。も参考にしながら、登録してみてください。

関連タグ

アクセスランキング