IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

オーラのある人の特徴と性格|オーラのある人になるには?

更新日:2020年11月08日

ビジネスマナー

オーラのある人、憧れちゃいますよね。誰しも1度はこうなりたいと思ったことがあると思います。でも、どうやったらオーラのある人になれるんでしょう?そもそも、オーラのある人とはどんな人なんでしょう?その疑問について解説します。

オーラのある人

「オーラのある人になりたい!」そう思ったこと、ありますよね。個性を重視される社会では、どんな形であれ自己主張が出来ることは大事です。それに、オーラがある、と言われたら、それだけでなんとなく嬉しいもの。また、リーダー気質の人や、人の上に立つような人は、みんなそれぞれオーラを持っています。だから、オーラのある人になろう!オーラのある人になりたい!とは誰でも思うこと。でも実際、オーラのある人というのは多くないものです。では、どうすればオーラのある人になれるんでしょうか?歳を取ればいいのか、それとも実績を出せばいいのか。実は、別にそれらは直接オーラとは関係しないんです。

オーラって何?

そもそも、オーラとは何なのでしょうか?そこから考えていかないと、オーラのある人にはなれません。 Wikipediaにはこう書かれています。

オーラとは、生体が発散するとされる霊的な放射体、エネルギーを意味する。転じて、ある人物や物体が発する独得な、または霊的な雰囲気や、なんとなく感じる力、威圧感なども指す[1]。なおオーラという言葉は、「微風」「朝のさわやかな空気」を意味するギリシア語 αὔρα(アウラー)、「風」「香気」「輝き」などを意味するラテン語の aura(アウラ)に由来する。

また、こうも書かれています。

現代日本では、人間の存在感や風格がある様子を指して「オーラがある」と表現することがある。単に「人間の雰囲気」という意味でも使われる。

オーラのある人になりたい!

皆さんが憧れる「オーラのある人」というのは恐らく、後者の引用のことですよね。つまり、皆さんのなりたい人というのは「存在感や風格のある人」のこと。「オーラのある人」と言われると、なんだか天性の才能のような気がして、もともとオーラのない人には真似出来ないように感じますが、「存在感や風格のある人」であれば、工夫と努力次第でなれる気がしてきますね。実はその通りです。その方法をこれから説明していきます。

オーラのある人の特徴

まず、オーラのある人になるためには、オーラのある人の特徴や性格をひも解いてみる必要があります。どうしてオーラがあるのか、それを理解すれば、すぐにオーラを身につけられるでしょう。まず、オーラのある人の特徴について考えてみましょう。

オーラのある人には「人を惹き付ける魅力」がある

オーラのある人は、往々にしてチャーミングで、「この人についていきたい」「この人なら信頼できる」という人物であることが多いです。誰からも注目されていて、何もしなくてもその人のもとに人が集まってくる……そういう人は、だいたい「オーラのある人」という評され方をします。確かに、そういう人にはオーラがあるという印象がありますよね。魅力的で、誰からも愛される存在。それがオーラのある人の特徴と言えます。

オーラのある人は堂々としている

オーラのある人は、堂々としていて、見ていて安心している人でもあります。自分の失敗を恐れず、どんなときも物怖じしない姿勢。他人がそれを見ると、「あいつは度胸があるな」「あいつは肝の据わったやつだ」という印象を持ち、結果的にそれは先ほど言った「風格」や「存在感」につながります。そしてその風格や存在感は、オーラとしてその人の雰囲気に付加されていきます。

オーラのある人には、「物事をやり遂げた経験」がある

オーラのある人には、必ず「物事をやり遂げた経験」があります。「物事をやり遂げた経験」というのは、誰しもが持っているようで、意外と持っていないものの1つです。確かに、自分の今までを思い返してみて、「物事をやり遂げた経験」があるかと言われれば、あまりないように感じる人が多いでしょう。 「物事をやり遂げた経験」というのは、そのまま自信へとつながります。自信とは読んで字のごとく「自分を信じること」。自分を信じている人は、常に自信に満ち溢れ、堂々とした態度を取ることができます。ひいてはそれが周りから一目置かれることにつながり、オーラのある人として扱われる要因になるのです。それが成功経験であるとより自信に満ち溢れた人物であることが多いです。

初回公開日:2017年03月21日

記載されている内容は2017年03月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング