IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

デバッカーの年収と仕事内容|デバッカーの働き方は辛いの?

初回公開日:2017年03月30日

更新日:2020年01月31日

記載されている内容は2017年03月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

職種研究

デバッカーとはどんな職種でどんな職業なのか知っていますか?デバッカーとはその名の通り、デバック作業を行う人のことです。今回は、デバッカーの仕事内容や働き方、デバッカーになる方法などについてまとめました。デバッカーに興味のある方は、参考にしてみてください。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

デバッカーとは

デバッカーとは
※画像はイメージです
出典: https://static.pexels.com

あなたが普段何気なく利用しているアプリやゲーム、それらをバグ(仕様に無い、誤った動作)無く仕様通りに作るのはとても大変なことなのです。どんな凄腕のプログラマーでも、どうしてもバグは出ます。そのためこのバグを取り除く作業(デバッグ)はどうしても必要になります。 そして、このデバッグ作業を行う人達は「デバッカー」と呼ばれ、IT業界やゲーム業界を言わば裏方から支えているのです。読者の方の中にも、デバッカーとして働いてみたいという人はいるのではないでしょうか?しかし一方で具体的にどんなことしているのか分からない、そもそも簡単に就ける仕事なの?と思う方もいることでしょう。今回はそうした、「何をしているのか」「どうすれば就けるのか」を見て行きたいと思います。

デバッカーの仕事内容

バグは許さない

デバッカーのお仕事と聞くと、プログラミングのような難しいスキルが必要そうですが、実はそんなことはありません。プログラミングなどの特殊な技能は必要とされない場合が多いです。そのお仕事は端的に言えば、「ユーザーのあらゆる要求に対して、仕様通りに動くか調べること」です。 製品としてリリースされた後、ユーザーがどのような入力をするかは一切わかりません。数字を入力してくれと書いてある部分に、ひらがなを入力する場合だってあるのです。そうした場合におかしな動作をしないよう、デバッカー達は何パターンもある入力を可能な限り試していくわけです。特に技能は必要ないですが、代わりに根気を要求するお仕事、といった感じでしょう。 デバッカーへの転職・就職を考えているなら、エージェントへ相談してみましょう!複数のエージェントに登録し、求人を比較しながら就職活動を進めるのがおすすめです。

内容は地道

では具体的にどのような内容のお仕事をしているのでしょうか?基本的には、延々と、かつ様々なパターンのデータを入力し、それに対する出力が仕様に合っているかを繰り返していきます。 例えば発売前のゲームの場合、「薬草を何度も使い、HPが30回復することを確かめる」「モンスターとひたすら戦闘し、ダメージの量が正しいか調べる」などです。「マップの端や段差へ向かって延々と歩き続ける」というのもありますね。また他にも、レースゲームでの逆走など、普通に遊ぶ場合はやらないようなことをしたりします。 こうした作業を続けていくと、「HPが100回復してしまった」「マップの端から突き抜けて本来行けない場所へ行ってしまった」などのバグが見つかることがあります。こうしたバグをプログラマーに報告し、プログラマーは報告を元にゲームを修正していきます。本当に地味で地道な作業ですが、製品として世に出すにはどれも欠かせない作業です。実際、地道なバグ修正を怠ったばかりに散々な評価を受けたゲームがあります。

テスターをする場合もある

テスターをする場合もある
※画像はイメージです
出典: https://static.pexels.com

デバッカーはバグを探すのがお仕事ですが、時としてそもそも仕様がおかしい場合があります。入力する内容が多すぎたり、画面のレイアウトが見づらい、ゲームの難易度が高すぎたりする場合です。 こうした「仕様通りだけど問題になるケース」があり、これも実際多いです。そのためデバッカーがテスターを兼ねる場合があります。このような場合、テスターとしての意見を求められることもあります。自分の意見が反映されるかもしれないので、しっかり答えていきたいところですね。

面白い発想や経験を活かせるかも?

デバッグ作業をするとき、プログラマーとしてはとにかく想定外の動作をデバッカーにしてもらい、その上でプログラムがどう動くかを見たいわけです。そのため、いわゆる斜め上な発想が上手な人はそうした想定外の入力を見つけるのも上手な場合が多く、向いているのではないでしょうか。 他にも、プログラミングやエンジニアなどの経験もデバッカーをする上で役立つことがあります。プログラムの内部がどうなっているかを逆算することで、バグが発生するケースを予測できる場合があります。また、プログラムが分かるというのは技術的な話ができるということでもあります。デバッカーの仕事を円滑に進める上で助けになるのではないでしょうか。もっとも、これに関しては相当に高度な内容ではありますが…。

デバッカーになる方法

デバッカーになる方法
※画像はイメージです
出典: https://static.pexels.com

関連タグ

アクセスランキング