IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

法事の挨拶文はどう書く?|回忌別の法事の挨拶のおすすめ文例

ライフスタイル

法事の挨拶というのは、どんなことを話せば良いのでしょうか?法事の挨拶となると、人に聞きにくいですよね。今回は、法事とは何か、一般的な法事の挨拶文や種類別法事の挨拶文例などについてまとめました。法事の際の参考になれば幸いです。

更新日時:

法事とは

そもそも法事はどのような意味があるのか?

法事は、故人の冥福をお祈りし、その霊を慰めるために行われ、主に仏教の世界で行われる行事となります。仏教用語では、「追善供養」と言われています。最近では、「法事」もしくは、「法要」と言ったりし、意味の理解に戸惑う場面がありますが、それぞれ意味があります。 まず「法要」は、お寺の住職に御経を読んでもらう行為を言います。「法事」は、法要後の食事会などを含めた全体の行為を言いますので、言葉の使い方には注意していきましょう。今回は、法要後の食事会を含めた全体の「法事」にて行われる法事の挨拶について紹介していきます。

法事(法要)の種類について

法要は、故人が亡くなってから、7日ごとに行われるのが基本となっています。初七日(しょなのか)、二七日(ふたなのか)、三七日(みなのか)、四七日(よなのか)、五七日(いつなのか)、六七日(むなのか)、七七日(なななのか)といった感じです。日数でいくと、7日目、14日目といった感じになります。それぞれの日数を掛け合わせると覚えやすいと思います。(7×7=49日等) 仏教の世界では、故人が亡くなってから7日間かけて三途の川を渡るとされています。そこで閻魔大王様が、その故人が生きている時の行いによって天国に行けるか、地獄へ行けるかを裁判しているといいます。そして、49日目に最終的な判断が下されます。七日ごとに法要が行われる理由とは、裁判が行われる際、住職の方といっしょに御経を唱え、ちゃんと成仏できるよう祈るということが、主な目的になります。 49日法要が終了した後、「年忌法要」が行われ、決められた年ごとに法要が実施されます。代表的なもとすれば、1回忌、3回忌がありますが、その後も、7回忌、13回忌と続き、最終的33回忌で弔い上げという形になります。地域によっては、50回忌で弔い上げとなる場合もあります。法要の種類について上げさせていただきましたが、その中で実際に法事を執り行うのが、49日、1回忌、3回忌が一般的です。地域によっては、7回忌、33回忌も実施するところもあります。今回法事の挨拶の紹介については、代表的な49日、1回忌、3回忌、7回忌、33回忌を取り上げ紹介します。

法事の挨拶文例と注意点(49日の例)

法事の挨拶の種類について

法事を自宅で行う場合や、斎場で行う場合など、場面によって法事の挨拶回数は違ってきますが、一般的に喪主が法事の挨拶を行う場面は4つあります。 ・開始を告げる法事の挨拶 ・終了を告げる法事の挨拶 ・法事終了後実施するお斎(食事会)の始まりを告げる法事の挨拶 ・お斎の終了を告げる挨拶 これより、各場面で行う法事の挨拶文例を交えて紹介します。なお、ここでは、49日を例としてご説明致します。

開始を告げる法事の挨拶文例

本日は、お忙しい中、お集まり下さいまして、まことにありがとうございます。これより父「○○」の49日の法要を執り行いたいと存じます。ご住職、宜しくお願いします。 注意点 あくまでも始まりの挨拶となりますので、あまり長くならないよう注意してください。

終了を告げる法事の挨拶文例(会食がない場合)

本日は、ご多忙中にもかかわらずお集まり下さいまして、まことにありがとうございました。おかげさまで父の49日の法要を無事終えることができました。父も私たちの姿をみてきっと安心したことと思います。父亡き後、今日まで多大なご厚情を賜りながらゆっくりお礼を申し上げることができず、誠に申し訳ございませんでした。この場をお借りして改めてお礼を申し上げます。 本来であれば皆様と一緒に粗宴を囲みながら父を偲びたいところではございますが、遠方からおこしの方も多いため、本日はこれでお開きとさせていただきます。心ばかりのものを用意してございますのでお帰りの際には、どうかお忘れなきようお持ち帰り下さいませ。 本日は誠にありがとうございました。 注意点 参列者へのお礼を必ず入れるようにしてください。

終了を告げる法事の挨拶文例(会食がある場合)

本日はお忙しい中をお集り頂きましてありがとうございました。おかげさまで父の49日の法要も無事終えることができ、父も安心していることと思います。心ばかりではございますが、別室にてささやかな席をご用意しております。お時間の許す限り、どうぞゆっくりなさっていってください。本日は誠にありがとうございました。    注意点 会食が控えているため、あまり長くならないよう注意してください。ただし、会食の席に寄らず帰る方もいらっしゃるため、その方への配慮の言葉も入れるとより親切な言い回しになります。

お斎の始まりを告げる挨拶

本日は誠にありがとうございました。こうして皆様に供養の席におつき合いを頂くことができ、父は本当に幸せだったと改めて感慨を深くしております。ささやかではございますが、父の思い出話でもしながら召し上がっていただければ、何よりの供養になると思います。どうぞ、お時間の許す限り、ごゆっくりおくつろぎください。それではご唱和願います。「献杯」 注意点 法事の開始挨拶同様、あまり長くならないよう注意してください。故人を悼み、盃を上げる際は、「献杯」(けんぱい)といいます。間違えて「乾杯」と言わないよう注意してください。また献杯の挨拶は他の方が実施する場合もあります。その際は事前に依頼をしておきましょう。

お斎の終了を告げる挨拶

皆様、本日はお忙しい中を最後までおつき合い下さいまして本当にありがとうございました。皆様から父の思い出話を伺い、改めて父を身近に感じることができました。父もきっと安心して見守ってくれることと思います。なごり惜しい部分もございますが、これにてお開きとさせて頂きたいと存じます。どうかこれからも変わらぬご支援のほどよろしくお願い申し上げます。本日は誠にありがとうございました。 注意点 故人を偲ぶ言葉を加えるとともに、出席頂いた方々への感謝の言葉を必ず話すようにしましょう。

種類によって変わる法事の挨拶

一回忌

これ以降紹介する法事の挨拶文例については、代表的となるお開き時の文例を紹介していきます。    文例 本日はお忙しい中をお集り頂きましてありがとうございました。おかげさまで父の一周忌の法要も無事終えることができ、父も安心していることと思います。そろそろお時間となりましたので、これにてお開きとさせて頂きたいと存じます。ささやかではございますが、お手元にお礼の品をご用意いたしました。お荷物になってしまい恐縮でございますが、どうぞお忘れ物の無いようにお気を付けてお帰り下さいませ。本日はまことにありがとうございました。

三回忌

文例 遺族親族を代表いたしまして一言御礼のご挨拶を申し上げます。本日は、お忙しい中父〇〇の三回忌法要にご参列賜り、且つまた過分なるご香料を賜りまして誠にありがとうございました。父が亡くなってから早いもので2年の歳月が流れました。私たち家族の悲しみは拭うことはできませんが、父の分まで一生懸命生きていこうと家族で励ましあっています。皆様におかれましては今後ともなお一層の、ご厚誼を賜れば幸いです。最後になりますが、皆様のご健勝をご祈念し挨拶と変えさせていただきます。本日は誠にありがとうございました。

七回忌

文例 本日はお忙しい中、亡き○○の7回忌法要にお越しいただき、 誠にありがとうございます。生前親しくお付き合いして頂きました皆様にお集まりいただけて、○○もさぞ喜んでいることでございましょう。早いもので○○が亡くなり早○年が経ちました。 ○○が亡くなってから慌ただしく時が流れてしまいましたが、今では悲しみも少しずつやわらぎ、穏やかな気持ちで思い出をたどれるようになりました。その間、皆様からあたたかい励ましをいただき、心より感謝いたしております。本日は誠にありがとうございました。

三十三回忌

文例 本日はご多用の中、遠近各地よりお運び頂き誠にありがとうございました。本日○○の33回忌のご仏縁で、ご住職の教えを聞かせて頂き、昔の日々を思い出すとともに、今後も家族そして親族一同力を合わせお互いに助け合っていくことが父への供養だと考えております。お互いに老いゆく身であり、去らねばならぬ身である事を改めて実感しながら、一期一会を心に刻みつつ、御礼の言葉に変えさせて頂きます。

関連タグ

アクセスランキング