IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

手取り17 万円で生活可能?(一人暮らしは?家賃は?貯金は?子どもは?)

年収・給与

手取り17万円で生活って出来るの?そもそも手取り17万円って多い?少ない?どうすれば余裕のある生活が出来るようになる?今回は手取り17万円で生活していく為の方法、家賃や貯金の仕方等のアドバイスを書いていきました。この記事を参考にして、生活を変化させましょう。

更新日時:

手取り17万って多いの?少ないの?

あなたの給料は手取り20万以上ありますか? 世間から見ると手取り17万と言うのは少なく、1人暮らしや結婚を諦めなくてはならない金額なのでしょうか?

手取り17万は決して低くない!

手取り17万円の場合、税金や年金の控除前の額面金額はおおよそ22万円と言ったところでしょう。 その場合、1年間の月額給料は22万円×12ヶ月=264万円、これに普通の会社であれば年2回のボーナスを合わせると年収300万円は超えてると思われます。 もしボーナスが1回につき1ヶ月分なら年収308万円ですが、1回につき2ヶ月分なら352万円となり20代の平均給料よりも少し高いぐらいになります。仮に年収300万円ちょっとだとしても300万円未満の方々が約30%以上いると考えれば決して低い手取り額ではありません。

手取り17万円で一人暮らしは出来るのか?

世の中には手取り17万円未満の人でも一人暮らしをしている人がたくさんいます。つまり、手取り17万円で一人暮らしはそれほど困難ではありません。ただ、家賃が高い家に住んでる、お金のかかる趣味をしている、服もたくさん購入したりいつも外食にする、となるともちろん厳しくなります。

シミュレーションしてみよう!

例:20代男性の場合 ●食費:3万円 ●ネット、携帯代:1万円 ●水道等の光熱費:9千円 ●保険:6千円 ●交際、趣味:5万円 ●服、その他雑費:1万5千円 合計12万円 男性なので外食も考慮し、交際費を多めにしてみました。もし奨学金や車のローンの返済がある方はその分交際費をカットする対策も必要です。

例:20代女性の場合 ●食費:3万円 ●服、化粧品等雑費:4万円 ●携帯、ネット代:1万5千円 ●保険:1万円 ●光熱費:8千円 ●交際費:5万円 合計14万4千円 化粧品や服等男性よりお金がかかりやすい女性は男性より出費が多くなりがちです。食事は自炊してお弁当を持参する、いらなくなった服はオークションに出す等工夫が必要です。 このようにシミュレーションすると大体月々どの程度の家賃に住めるかが見えて来ます。

手取り17万円だと結婚は無理?

男性で手取り17万円だと、中には結婚を諦めている人もいます。先程のシミュレーションを見ると手取り17万円で奥さんと子供を養っていくのはなかなか簡単とは言えません。しかし、世の中には手取り17万円でも幸せな家庭を築いてる方々もいらっしゃいます。

共働きは恥ずかしくない!

自分の給料が低いから奥さんにも働いてもらうのは格好悪いと思ってませんか?「自分が奥様を支えてやらないと」と思い込んでませんか? 全ての女性がそのように考えているでしょうか?結婚とは1人でするものではなく夫婦でするものです。夫が生活費を全て持ってこなければならないというものでもありません。夫婦で助け合っていくことが大切なのです。

手取り17万円で家賃をおさえる為には?

社宅をチェックしよう

自分が勤めている会社が社宅持ちならば社宅がオススメです。安い所は2LDKで1万円台のところもあります。高くても大体4万円以下のところが多く、自分でアパート契約するよりも断然お得です。 社宅には会社によっては独身専用のところもあれば家族専用の社宅もあります。まずは同僚で社宅に住んでいる人に住み心地やトラブルがないか聞いてみるのが良いでしょう。

一人暮らしなら郊外や地方暮らしを狙おう

一人暮らしでも既婚者でも、家賃の高い都心より、郊外や地方暮らしを狙いましょう。特に既婚者の場合は、都心でマンションを購入するより郊外で一軒家を買う方が子供が生まれた後も穏やかで良い暮らしが出来ます。

手取り17万円で少しでも貯金をするコツ

1:食費や雑費を削る

まずは自炊を心がけ、一人暮らしでも余った食材は冷凍する等の工夫をしましょう。スーパーへ行く時もメモに書いたもの以外は買わない、スーパーのタイムセールや賞味期限が近い特売品を狙う等を活用しましょう。 雑費は服や化粧品等気づけば月々その他なのに数万円の出費が膨れ上がっていませんか?服を買っても既に着てないものも多いのでは?クローゼットの中の服はまず見直して、数年着てない服をリサイクルショップやオークションに売りましょう。 その上で必要な服だけ追加で買いましょう。「必ずこれじゃないと」と決まっている化粧品はドラッグストアよりネットでまとめ買いの方が安く買えることもあります。

2:天引き貯金

手取り17万円の方が貯金をする時は、生活費の中から余ったお金でするのではなく、給料日に自動的に自動貯金される天引き貯金をして行きましょう。会社で財形貯金をやっているところは会社で申し込み出来ますし、銀行や郵便局でも手続きが出来ます。

3:車を持たないor減らす

手取り17万円等関係なく、車を持つとどうしてもガソリン代だけでなく、2年毎の車検代や維持費、保険代等がかかってきます。その為、一人暮らしの人は自転車や電車、カーシェアの利用を考えましょう。 既婚者の方については一家に1台はおでかけで必要となってくると思うので、夫婦で2台持ってる人は1台に減らせないか検討しましょう。

4:固定費の見直し

この固定費こそ一番注目して欲しいところです。固定費とは毎月必ず金額が決まっている支出のことです。主なやり方としては、 ●家賃をもっと安いところに引っ越す ●駐車場代がもっと解くな場所はないか探す ●ネットのプロバイダーを見直す ●スマホのプランを見直す ●電気代の使用アンペアを見直す ●保険や年金(国以外のもの)を見直す が、あります。 特に保険等は入った時の状態で放置してませんか?もしかしたら必要のない特約等も付いていたり、と調べると同じ内容で他の安い保険会社が見つかるかもしれません。

手取り17万円だと予定外の出費に対応出来ない

手取り17万の場合、計画的にお金を使わないとあっという間に無くなってしまいます。しかし、計画的に収支のバランスを整えても予定外の出費が必ずあります。この予定外の出費はとても辛い出費です。手取り17万円で一人暮らしを行っている方は、この予定外の出費にも対応出来るように毎月わずかでも浮いたお金を貯蓄に回したいものです。

手取り17万円で暮らすのは簡単なことではありませんが工夫次第では問題なく生活することが出来ます。電気をこまめに切る、外食をしない、節水をする等細かく見直していきましょう。無駄な出費を0にするのが大前提です。ですが、月に一度は好きなものを食べたり飲んだりする息抜きも必要です。

それでも、予定外の出費に対応できない場合は、カードローンやキャッシングという方法もあります。詳しくは下記の記事で説明しているので参考にしてください。

娯楽や趣味を我慢することで浪費対策をする

上手に浪費対策をすれば貯金する事も可能です。しかし、その為には毎日常に浪費対策の事を考えなければなりません。会社帰りに友人とご飯を食べる、飲みに行く事も出来ないので生活に潤いが無くなってしまいます。浪費対策も大事ですが、収入を増やす対策を考えた方が良いかもしれません。

まとめ

手取り17万円で生活していく方法を書いて来ました。 浪費対策をしながら計画的に生活すれば普通に生活は出来ますが、自分の趣味や娯楽に費やすお金はあまり無いと言えます。もっと余裕のある暮らしがしたいという事であれば、浪費はもちろんですが、手取り17万円では心もとないので収入を増やす方法も考えていった方が良いかもしれません。

関連タグ

アクセスランキング