サウンドクリエイターとは?給料と仕事内容|なるにはどうする?

就活ノウハウ

サウンドクリエーターとは、一体どんな職業なのでしょう?サウンドクリエーターになるためには資格は必要なのか、どんな勉強をすればよいのか、サウンドクリエーターに必要な道具などご紹介します。この仕事が気になっていた人はぜひチェックしてください!

更新日時:

サウンドクリエーターとは?

このごろ時々耳にする「サウンドクリエーター」という職業。名前からして「音楽を作る」というのはわかりますが、具体的にはどんな仕事なのでしょうか? サウンドクリエーターとは、ゲームやアニメ・映画音楽などを作る仕事です。「作曲家」や「サウンドディレクター」とほぼ同じ意味で使われることもあります。この仕事には絶対これが必要!という資格は特にありませんが、作曲する能力はもちろんのこと、DTMを使いこなせることも必要です。この仕事につく人は、サウンドクリエーターの専門学校や音楽大学を卒業し、ゲームの関連会社や音楽・アニメ・映像などの制作会社に就職することが多いようです。

若手が活躍できる職種

今どきの職業ということで、若い人が活躍できる仕事でもあります。しかし才能がものをいう業界でもありますので、企業や個人の才能・勤務形態によっても、給料にはかなり差が出てくるようです。コンテンツ産業が成長する中、今後ますますサウンドクリエーターの需要は増して、フリーランスで活動する人も多くなっていくでしょう。

サウンドクリエーターの雇用状況って?

サウンドクリエーターの雇用形態は、正社員・契約社員・アルバイトといろいろです。勤務場所は、おもにゲーム・音楽・アニメ・映像などの制作会社、パチンコ・パチスロの会社です。フリーランスで働いている人もいます。今やゲーム市場は、1兆円以上の売り上げを誇る日本ですから、その分ゲームのBGMも要るようになるわけですが、サウンドクリエーターの採用人数は、残念ながらそれほど多くはありません。特にゲーム会社の大手は、人気も高く大勢の応募者がくるため、入社は相当な狭き門になっています。 なかにはアピールで、複数の会社にデモテープを送る応募者もいます。サウンド制作の実務経験があることは強い武器になり、学生時代アルバイトしたということでも、役に立つでしょう。

サウンドクリエーターの給料面はどうなってるの?

ではサウンドクリエーターの給料面は、どのような感じなのでしょうか?大手のゲーム会社に就職したケースを考えると、サウンドクリエーターの初任給は、専門学校・短期大学の卒業者なら18万円~21万円程度、大学卒業者であれば21万円~24万円程度がのぞめるでしょう。 平均年収は300万円~400万円というところですが、大手メーカーの正社員ならば、入社して5年もたつと400万円~500万円、10年経過すると500万円~800万円はもらえるようです。 もちろんフリーランスで活動すれば、1,000万円以上の年収も夢ではないのです。しかしデジタル機材が普及していますので、ハイクオリティを見込まれながら、納期まで短く単価が安い仕事が増加しているのも事実です。

どんな人がサウンドクリエーター向き?

サウンドクリエーターになる人の適性ですが、楽器が演奏できなくてもだいじょうぶです。デジタル機材がこれだけ発達している時代ですから、デジタル機材が使いこなせて、作曲能力があればよいのです。またサウンドクリエーターは分業になることもあり、作曲者とサウンドプログラマーに分かれることもあります。サウンド担当以外のメンバーとも、共同作業をすることもあります。 作曲やプログラミングと同じぐらいに、スタッフとの作業も時間をかけますので、多くの人と円滑にコミュニケーションできる能力・協調性や折衝能力もあるとよいでしょう。音楽以外のジャンルにも好奇心を持って、あれこれ関心がある人がふさわしく、多趣味な人ですと、その分曲の発想が豊かになるといわれています。

サウンドクリエーターの勉強方法は?

さてサウンドクリエーターになるには、どんな勉強をすればよいでしょう?はじめにも触れましたが、この仕事ではDTM(DAM)が使いこなせることが必須です。DTMについて勉強することが、サウンドクリエーターになりたい人がするべき、第一歩といえるでしょう。

DTMを学べる学校

というわけで、いくつかDTMのことを学べる学校をご紹介します。気になる学校があったら、チェックしてみてくださいね。

バンタンゲームアカデミー

プロに要求される、ジャンルの幅広さ・対応力・クオリティの三大要素を学べる学校です。バンタンゲームアカデミーでは、DTMに特化した勉強をすることで、即戦力で活躍できるスキルをつけることが可能です。現役のプロ講師による授業も、少人数で受けることができ、じっくりと先生の話も聞くことができますよ。

魁!打ち込み道場(美学校)

電子音楽を中心として、DTMによる音楽の制作方法を総合的に学習できる講座です。ゲスト講師を招いてのワークショップも魅力で、豊富な実習を数多くおこなうことができます。月に2回で夜間の講座となっていますので、社会人になってから、サウンドクリエーターをめざす方にもおすすめです。

EYS音楽教室

初心者でも大丈夫!と大きく門戸をひらいている学校です。無料体験レッスンもおためしで受けることができ、欠席したときの補講も無料で受けることが可能です。レッスン会場は、東京のほか、横浜・川崎・名古屋・大阪・神戸にも教室がありますよ。

A to Z studio

ソフトの使い方のいろはから、作曲・アレンジのしかた・レコーディングなど、サウンドクリエーターに必要なスキルを、完全にマンツーマンで勉強できる学校です。講師は現役のプロがせいぞろいし、あなたを手厚くサポートしてくれます。

詳しくはこちらのリンクから

DTM•DAW•作曲•総合レッスン A to Z studio

東京音楽大学

1989年、日本初のポピュラー音楽を勉強できる4年制大学として、スタートした映画・放送音楽コースがこちらです。商業音楽を作曲できる人材の育成に力を入れており、作曲・アレンジやスタジオレコーディングなどの実践を通じて、即戦力となるためのカリキュラムが充実しています。

DTMに必要な機材は?

DTMに必要な機材もたくさんあります。まずパソコンは大前提ですが、そのほかにもありますので、ご紹介します。Macユーザーであれば、無料のDAWソフトが入っていますので、それで事足りますが、Windowsユーザーはそうではないのです。

DAWソフト(作曲ソフト)

このソフトは、楽器演奏を録音し、トラックのミックスダウン、マスタリングなど、音楽制作をすべておこなうことができるソフトウェアです。DTMには不可欠です。DAWはいろいろ種類があり、特に初心者はどれにしようか迷ってしまいますが、有名どころは大きな差はありませんので、好きなクリエーターが使っているものを、自分でもチョイスするなどでよいかと思います。

オーディオインターフェース

パソコンで録音する場合、エレキギターやベースなどの楽器を、パソコンにつなぐときに必要なのがオーディオインターフェースです。機種により、対応OSや録音品質・処理スピードが違うので注意しましょう。

モニタースピーカーとヘッドホン

トピック4885/要素144873

スピーカーは自分が作ったトラックをミックスダウン、マスタリングするために必要です。業務用のスピーカーを使うとよいでしょう。ヘッドホンは、ボーカルを録音するとき、自分の声がオケに入らないように装着します。夜間の制作にも役立ちますね。

機材はセットで購入もOK

こういったDTMに必要な機材は、一式オンラインでも購入できますよ。長いあいだDTMセットでも、人気を持ち続けているのがこちらのセットです。パソコンのみならず、iPhoneやiPadにも対応しており、スマホで気軽にやってみたい方にも最適です。

サウンドを愛する人には楽しい仕事

サウンドクリエーターは企業に勤務している場合、平常時は残業は少なめで、忙しいときには残業が月に50時間前後になることもあるでしょう。決算前の3月は特に忙しいことが多いです。音楽が好きで、ジャンルを問わずさまざまな音楽に触れたい人、作りたい人には、この仕事は向いているのではないでしょうか?ゲームやアニメ音楽を作りたかったのに、パチンコのサウンド制作に回ることもあるなど、なかなか厳しい現実もありますが、それでも音にたずさわっていたい人には、適職です。

関連タグ

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)