IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

サウンドクリエイターとは|仕事内容・給料|5つの資質

更新日:2022年07月31日

職種研究

サウンドクリエーターとは、一体どんな職業なのか、サウンドクリエーターになるためには資格は必要なのか、どんな勉強をすればよいのか、必要な勉強はあるのかなど、サウンドクリエーターに関する情報を細かくご紹介していきます。これを機会にどんな職業なのか知りましょう。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

若手も活躍するサウンドクリエイター

サウンドクリエイターは、若い人が活躍できる仕事としての職業ですが、才能や勤務形態によっては、給料にかなりの個人差が出てきます。最近ではコンテンツ産業が成長しているので、今後ますますサウンドクリエーターの需要は増していき、フリーランスで活動する人も多くなっていくと言われています。

サウンドクリエイターとは

サウンドクリエーターとは、ゲームやアニメ・映画音楽などを作る仕事です。「作曲家」や「サウンドディレクター」とほぼ同じ意味で使われることもあります。仕事に必要な資格は特にありませんが、作曲する能力はもちろんのこと、DTMを使いこなせることも必要です。

サウンドクリエイターになるためには

サウンドクリエーターになるためには、DTM(DAM)が使いこなせることが必須です。DTMについて勉強することが、サウンドクリエーターになりたい人がするべき、第一歩といえるでしょう。

サウンドクリエイターの給料

サウンドクリエーターの給料は、平均年収は300万円~400万円というところですが、大手メーカーの正社員ならば、入社して5年もたつと400万円~500万円、10年経過すると500万円~800万円はもらえるようです。 もちろんフリーランスで活動すれば、1,000万円以上の年収も夢ではないですが、デジタル機材が普及していますので、ハイクオリティを見込まれながら、納期まで短く単価が安い仕事が増加しているのも事実です。

サウンドクリエイターの就職状況

サウンドクリエーターの就職状況は、残念ながらそれほどよくはありません。特にゲーム会社の大手は、も高く大勢の応募者がくるため、入社は相当な狭き門になっています。サウンド制作の実務経験があることは強い武器になり、学生時代アルバイトしたということでも、役に立つでしょう。

サウンドクリエイターの雇用形態

サウンドクリエーターの雇用形態は、正社員・契約社員・アルバイトといろいろです。勤務場所は、主にゲーム・音楽・アニメ・映像などの制作会社、パチンコ・パチスロの会社です。その他にも、フリーランスで働いている人もいます。

サウンドクリエイターの将来性

サウンドクリエイターの将来性ですが、ゲームや音楽がある限り職に困ることはないでしょうが、才能や実績が大事な世界なので、実力がない人は仕事が無くなり失業してしまう人も居るでしょう。さまざまな音楽に関しての勉強や努力をしている限り、将来は有望でしょう。

エンジニア直伝! クリエイターのためのミックス&マスタリング最新テクニック (サウンド&レコーディング・マガジン)
エンジニア直伝! クリエイターのためのミックス&マスタリング最新テクニック (サウンド&レコーディング・マガジン)
次のページ:サウンドクリエイターに向いている人の特徴
初回公開日:2017年03月19日

記載されている内容は2017年03月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング