IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「温厚・温厚篤実」の意味と使い方・類語|温厚な人の特徴と性格

更新日:2020年08月14日

言葉・雑学・歴史

温厚な人は人から好かれやすいですし、一緒にいて安心できる存在と言ってもいいでしょう。誰でも攻撃的な人よりも温厚な人と一緒にいたいと思うものです。温厚な人が怒るところをあまり見ませんが、なぜ我慢できるのでしょう。そこで温厚な人の性格や特徴について紹介します。

温厚・温厚篤実の意味と使い方

温厚とは「穏やかで情に厚い」という意味があります。温厚篤実(おんこうとくじつ)とは、「穏やかな性格の持ち主で、情け深い人」という意味になります。温厚は情に厚い人ですが、篤実は新設で誠実な人という意味があります。使い方としては「あの上司は温厚篤実な人なので部下に慕われている」などと使われます。

温厚の類語

温厚の類語としては、心が広い、余裕がある、落ち着きがある、ゆとりのある、おおらか、穏やかなどが使われます。

温厚な人の特徴や性格とは?

温厚な人は周りの人から好意的に思われることが多く、人付き合いも良好なことが多いものです。そんな温厚な人の特徴や性格とはどのようなものなのでしょうか。

イライラしない

人のことを悪くいうことがない

温厚な人の特徴としては、人に対して優しく接することができます。そのため人に対して寛容な心を持っているので、人のことを悪く言うことはありません。周りの人が悪口を言っているとつい自分も言いたくなりますが、そもそも人に対して悪い印象を受けることがないので悪口を言うこともありません。自分に対して攻撃してくる人に対しても、あまり気にしないで適度に対応することができるので、人に対して憎しみや恨みを抱くことも少ないです。争いを好まない性格なので、自分から敵を作るような発言はしない特徴を持っています。おとなしい性格でもあるので、自分から他人を攻撃することは少なく、またストレスも溜めにくい性格なので周りの人に対しても優しくすることができます。周りの人も優しい性格の人に対して攻撃的な態度をとることも少ないので、人間関係も自然と良好になりやすいです。

いつでも自然体で笑顔でいる

温厚な性格の人の長所

温厚な性格の人の長所としては穏やかな心を持っているので、誰とでも良好な関係を築きやすいという特徴を持っています。いつでも笑顔で自然体でいる人には、気軽に声を掛けることができます。そのため敵を作ることなく誰とでも仲良くなりやすいので、協調性を持って仕事をすることができます。会社でも温厚な人がいると職場も明るくなるので、輪の中心となります。仕事ではストレスがつきものですが、温厚な人がいれば仕事もしやすく楽しく作業ができるので、仕事にもプラスの影響があります。 温厚な性格の人は人に優しくできるという特徴も持っています。そのため協調性を必要とする仕事においては、仲間と協力して仕事をすることができます。温厚な人は人当たりがいいので、一緒にいても居心地がいいと感じるでしょう。本人よりも周りの人の方が仕事がしやすいと感じることが多いでしょう。温厚な性格の人の長所はその人柄によって、周りの人が好感を持ちやすいとう特徴を持っています。

温厚な性格の人の短所

温厚な人の端緒としては、その人柄によって騙されやすいという短所があります。人当たりがいいのと優しい性格なので、人に騙されやすいという特徴があります。誰にでも優しくしてしまうことから、悪い考えがある人も近づきやすい特徴があります。温厚な性格の人は例え騙されたとしてもそれほど相手を憎むこともないでしょう。そのため騙されやすいという特徴があるので、そのまま温厚な人の短所となってしまいます。

温厚な性格になるための方法

温厚な性格の人になりたいと思っても、なかなか簡単にはなることができません。だからこそ温厚な人の周りには人が集まってきますし、人に好感を持たせることができます。自分でも温厚な人になりたいと思ったら、どうすればいいのでしょうか。

好き嫌いをしない

ストレス発散をする

初回公開日:2017年03月19日

記載されている内容は2017年03月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング