IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

陰湿な人の特徴と性格|陰湿な職場・上司の共通点と対処法

更新日:2020年11月10日

コミュニケーション

「陰湿」この言葉を読んで、あなたはどんな感情が湧きましたか?また、「お疲れさまでした」と言われた時に、重々しく、「本当に疲れた・・・・。」という人もいるかもしれません。お疲れの原因になりうる、”陰湿”について一緒に考えてみましょう。

今日も一日お疲れさまでした

「今日も一日お疲れさまでした」と言われたら、あなたは、「大変だったけど充実してたな」と達成感を感じますか?それとも、「本当に疲れた」と疲労困憊した気持ちになりますか?もちろん、多少苦労はあっても達成感を感じて夜を迎えられればいいことです。 でも、そうではない場合は疲れた原因を考えて、布団に入っても寝付けなかったりもします。胸が重くて、すっきりとしないい気持ちは尾を引いてしまいます。その原因をどうにか処理する方法はないのでしょうか。

心が疲れる原因の1つ、“陰湿”をどう扱えばいい?

いん しつ 【陰湿】1.日が当たらず,暗くてじめじめしている・こと(さま)。 2.人の性格や事柄が陰気で,晴れ晴れした気持ちにさせないさま。

まずは陰湿について知る心構えを

なぜ、陰湿な人はそのような行動に及ぶのでしょうか。陰湿なことをする人の側を離れている時間まで、そんなこと考えたくないですよね。それは、ごく自然な心の動きです。しかし、一度抱えた悶々とした感情に蓋をしてしまうのは、体にいいはずがありません。 学生時代を思い出して見てください。受験や定期テストで傾向と対策を練ったことはなかったでしょうか。下準備をして挑んだテストは、いい結果が出ましたよね。それと同じで陰湿に対しても、同じように傾向と対策を練ってみましょう。

観察者になろう

まずは、研究者をイメージして見ましょう。研究者は物事を観察し、実験し、分析をしています。観察をするときに、先入観や自分の感情を挟んでいては正しく物事を観察ことはできません。彼らは目の前で起きている実験や事象の”事実”を淡々と”観察をする”のみです。 そこで、あなたも陰湿な人を淡々と観察してみましょう。そのためには一旦、ちょっと我慢して自分の感情は脇に置く必要があります。なぜ陰湿な人がこのような行動をとっているか、冷たく相手を観察するスタンス作りから始めてみましょう。

なんでそんなに陰湿なことをするの?

陰湿さの正体を暴く

陰湿なことをする人は、どうしてそのようなことをするのでしょう。心理学の言葉で、投影という言葉があります。

受け入れがたい感情や衝動、観念を自分から排除して他の人がそれらを抱いていると見なすことを言う。

投影には、いい投影もあればよくない投影もあります。今回は、陰湿なのでよくないの投影について考えてみましょう。投影とは、相手があなたに対して自分の欲求が満たされていない部分を、搾取して自分の欲求を満たそうとしているのです。そうすることで、自分自身の心の欲求を満たそうとしているのです。 そんなことをされる方は、たまったもんじゃありませんよね。でもその怒りを一旦脇においてください。どうして、あなたを投影のターゲットとして認定したのでしょう。ここでもう一度投影の定義に戻ってください。相手は、欲求が満たされていない部分をあなたに満たしてもらおうとしているのです。相手が持っていないものを、あなたは持っていることになります。つまり、あなたに対する嫉妬心からそのような行動をとっているのです。 無意識かもしれませんが、あなたが自分より優れているということを、陰湿な行動をすることで表現していることになるのです。

陰湿な人の本当の姿

それでは、もうひと段階深く、陰湿な人の心理を分析してみましょう。満たされない気持ちをあなたにぶつけることでは、何の根本解決にはなりません。しかし、彼らは誰かに認めてもらいたいのに、認めてもらえない気持ちを抱えて陰湿な行動を起こします。 誰かに認めてもらえず苦しんでいる彼らの本当の姿が見えてくるはずです。誰に認めてもらいたいかは、十人十色です。あなたかもしれませんし、あなたを認めている他の誰かかもしれません。または、自分自身で自分を肯定できていない部分もあるのかもしれません。自己肯定感が本当に高い人は、自分で自分を受け入れることができています。羨む気持ちは持っても、人に晴れやかではない気持ちを持たせるようなことはしません。自分も頑張ろう!というパワーに転化できるのです。陰湿な人は、その反対の行動をとっているのだと考えてください。

陰湿なことをされても落ち込む必要性はない

初回公開日:2017年03月21日

記載されている内容は2017年03月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング