IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

確定申告の還付金はいつ振り込まれる?提出方法によっても異なる振込日

確定申告

確定申告の還付金は、いつ頃に振り込まれるのでしょうか?今回は、「いつまで待っても確定申告の還付金が振り込まれない!」とお悩みの方必見の情報をご紹介しています。還付金の振り込みまでの目安となる期間や、還付金が振り込まれない場合の対処法などをまとめました。

更新日時:

確定申告の還付金は、いつ頃振り込まれるのか

確定申告には、納付の場合と還付の場合、2つのケースが存在しますね。納付の場合は税金を納めることになりますが、還付の場合はこれまでに多く払い過ぎた税金が返ってきます。 やはり、お金を受け取ることができるというのは、嬉しいことですよね。 しかし、還付の確定申告をきちんと提出したものの、いつになったら還付金が手元に返ってくるんだろう? そんな疑問を抱いている方も、多いのではないでしょうか? そこで今回は、確定申告の還付金がいつ振り込まれるのか?いつまで待てば良いのかについて、考えていきたいと思います。

還付金がいつ振り込まれるかは、確定申告をした時期にもよる

結論から言うと、確定申告の還付金がいつ振り込まれるのかについては、確定申告を提出した時期によって、若干変わってきます。 国税庁のwebサイトには、還付金を振り込むまでに、記載内容の確認や審査などを行うことから、還付金の振り込みまでにはある程度の日数が必要と記載されています。 「特に、2月・3月の所得税及び復興特別所得税と消費税及び地方消費税の確定申告期間中は、大量の申告書が提出される時期(※1)」とあることから、納付の確定申告の提出期間に申告を行った場合は、還付金が振り込まれるまでの期間が特に長いと考えられます。 とはいえ、上記の最も確定申告が提出される時期であっても、「おおむね1か月から1か月半程度(※1)」とされています。

還付金がいつ振り込まれるのかは、確定申告の提出方法によっても異なる

確定申告と言うと、書類を作成して提出するのが一般的と思われがちです。 しかし、最近では「e-Tax」という方法もあり、e-Taxで提出した確定申告の方が、早めに還付金が振り込まれる可能性があります。 そもそも、「e-Tax」とはどのようなシステムなのでしょうか? e-Taxは、国税電子申告・納税システムとも呼ばれており、ネットを通して自宅から確定申告などができるシステムです。 仕事などで税務署に足を運ぶことが難しい人にとっては、大変有難いシステムですね。 このe-Taxを使って確定申告をした場合は、3週間程度(※1)で還付金が振り込まれるそうです。

いつになったら還付金が振り込まれるのか?実際には、1カ月~1カ月半よりかかる場合も

国税庁のwebサイトに、書類として確定申告を提出した場合は、最も忙しい時期でも1カ月~1カ月半前後で還付金が振り込まれると掲載されていました。 e-Taxの場合は更に早く、3週間程度で還付金が振り込まれます。 しかし、これらの期間はあくまでも1つの目安に過ぎません。実際には、上記の期間を過ぎても振り込まれず、「いつになったら還付金が振り込まれるんだろう?」と疑問を抱く方も、少なくないようです。 実際に、「2月下旬に申告しても、5月上旬の振込(※2)」となった方もいるようです。 特に、確定申告の提出期間が終わりに近付いてから提出すると、還付金が振り込まれるまでの期間も長くなるという意見もあります。 このように、期間が終わりに迫ってからの提出や調査に時間がかかる場合となると、確定申告の還付金が振り込まれるまでの期間が長くなる可能性があるようです。 1カ月~1カ月半以上かかる場合もあるので、振り込みまでの期間が多少変動しても、「いつになったら振り込まれるのか?」と、あまり不安に思う必要はないでしょう。

いつまで経っても還付金が振り込まれない場合は、税務署に確認

国税庁では、還付金が振り込まれるまでの明確な期間をwebサイトに記載しているものの、その期間は前後する可能性が大きいという結論が出ました。 そのため、1カ月半を過ぎたからといって、「還付してもらえない」とあまり不安に思う必要はありません。 とはいえ、しばらく待っても連絡や還付金の振り込みがない場合は、税務署に確認してみましょう。 提出した確定申告に不備があって、還付金の振り込みが出来ていない場合もあります。そのような場合は、確定申告の修正などが必要となるかもしれません。 いつになっても確定申告したはずの還付金が振り込まれない場合は、頃合いを見て税務署に問い合わせてみると確実ですよ。

修正申告について

上記で、提出した確定申告に不備があると、還付金がいつまで待っても振り込まれないケースをご紹介しました。 では、確定申告を提出してから、不備や誤りがあったことに気付いた場合、どのように対処すれば良いのでしょうか? 結論からお話しすると、もし誤りや不備に気付いたのが確定申告の提出期限内であった場合は、「訂正申告」という申告をすることが可能です。 また、提出期限を過ぎてから不備などに気付いた場合は、「修正申告」をすることができます。 いつまで経っても還付金が振り込まれない時は、これらの申告などが必要になるかもしれません。 どちらの場合も、確定申告の不備などに気付いた段階で税務署へ連絡し、指示に従うようにしましょう。

いつまで待っても還付金が振り込まれない時は、問い合わせてみる

いかがでしたでしょうか?今回は、確定申告の還付金はいつになったら振り込まれるのか?またいつまで待っても振り込まれない場合はどうすれば良いのか?についてご紹介しました。 税務署では、たくさんの確定申告を取り扱っている為、確かに確認や調査にはある程度の時間が必要でしょう。少なくとも、国税庁のwebサイトに掲載されている1カ月~1カ月半程度(※1)は、様子を見ながら待ってみてはいかがでしょうか? しかし、確定申告に不備があって、還付金を振り込めない可能性もあります。そのような場合は、いつまで経っても還付金を受け取れないかもしれません。ある程度の期間を過ぎても、税務署などから通知や連絡、還付金の振り込みがない場合は、問い合わせて確認してみることも大切です。 「還付金はいつ頃振り込まれるのか?」という問いに対して、日付や期間は断言できない結果となりましたが、1カ月~1カ月半程度(※1)を目安に待ってみることをおすすめします。

※1:「特に、2月・3月の所得税及び復興特別所得税と消費税及び地方消費税の確定申告期間中は、大量の申告書が提出される時期」「おおむね1カ月~1カ月半程度」「3週間程度」

※2:「2月下旬に申告しても、5月上旬の振込」

関連タグ

アクセスランキング