IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

文系SEの勉強方法・志望動機・苦労すること|理系SEとの違い

就活の悩み・不安

文系SEは理系SEと比べると、デメリットはあるのでしょうか?また文系SEは、SEになるために、どのように勉強すればよいでしょうか。文系だからSEは無理ということはありません。文系でSEをめざしたい人は、ぜひともチェックしてくださいね。

更新日時:

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

SEの仕事とは?

SEは「システムエンジニア」を略した言葉です。SEの仕事はプログラマと混同されることも多いのですが、正確に言いますと仕事の範囲にちがいがあります。プログラマは、その名称どおり、システム開発のプログラミングをメインに担当しますが、SEはシステム開発全体を見すえ、上流の工程を担当することが多いです。 SEの仕事は、最初にクライアントにヒアリングを実施し、どんなシステムが必要であるかを把握します。つぎにクライアントのリクエストをまとめ、開発するための「設計」をおこないます。そしてSEはスケジュール全体の管理を担当し、システム開発が予定どおりに終了するように調整を随時していきます。 システム開発終了後も、クライアントの意見を聞いて、改良をつづけるのもSEの大事な仕事で、システムが利用されればされるほど、サーバが混雑することも予測できますので、サーバの増設・混雑を避けるなど負荷対策をしておくことも必要です。

会社の規模によってはプログラマとの兼任も

会社の規模にもよりますが、プログラマとSEを兼任する場合もあります。しかし文系のSEは最初から兼任するのは負担が大きいと言え、まずはSEのみに集中するとよいでしょう。

意外と多い?文系のSE

理系SEが多いというのが、一般的なイメージかもしれませんが、実は文系SEは意外と多いのです。現在活躍中のSEでも、文系SEが半数を占めているとも言われています。飲食業や営業職から転身する人もすくなくないようです。

理系SEとはちがう強みも

もちろん学生時代から、プログラミングを学んでいた理系SEには強みがあります。しかし文系SEにもちがう武器があるのです。先ほど書いた通り、SEにはクライアントと話をして、どんなシステムが必要かというのを吸い上げる力が要ります。ニーズを聞きだしてシステム設計をしなくてはなりませんので、人と上手にコミュニケーションできる能力も求められます。 文系SEでは、語学力やコミュニケーション能力が高いことが、大きなメリットになります。それに加えてプログラミングの知識もつければ、文系SEの活躍の幅は一気にひろがります。

文系SEの志望動機

では文系の人がSEをめざす志望動機には、どんなものがあるのでしょうか?またどのように履歴書などに書けばよいでしょうか。

【例】経営・商学部の場合

大学で商学部(経営学部)に入学したのは、ビジネスに関心があったからという方が多いことでしょう。しかし実際にメーカーや小売業に就職をすると、その会社だけの世界に閉じこもってしまいがちになってしまいます。そこでシステムを開発することで、いろいろな会社のビジネスの手助けができて面白いのではないか…と志望する人もいるようです。

スキル面より熱意でアピールする

どうしてもスキル面では理系におとることは間違いないので、ここは情熱でアピールします。これまで自分がしてきた経験を考えて、どうやって文系SEとして活躍できるかという展望をのべましょう。また実務経験がなくても、IT系の知識や経験があれば、それを存分に伝えるようにします。 SEがどういう仕事かを深く理解し、なぜ自分が文系SEになりたいかということを考え、自分でもすでにいろいろSEに役立つ勉強をしていることも伝えます。志望動機を考え、書き上げたら、できれば現役のSEさん・IT業界に知り合いがいる場合は、その方にチェックしてもらいましょう。

文系SEは、どんな点に苦労するのか?

やはりSEには必要な専門用語の知識や、論理的な思考にむずかしさを感じる人も多いです。しかし足りない点は、自身の努力や勉強で埋めることができます。決してあきらめず、自分を切磋琢磨していきましょう。

文系SEの勉強方法

SEになるうえでの勉強は、「英語学習」似ているとも言われます。文系で英語ができる人は、自分で思考し勉強をつづけられる人でもあります。意味を理解して読解することをおこたらず、わからない単語は調べて、繰り返し学習することで習得できるのです。やはりプログラミング言語については知っておいた方がよいでしょう。プログラマほどくわしい知識はいらないかもしれませんが、知っておいた方がより仕事がスムーズに、効率よく進むはずです。

プログラミング学習方法・学校に通う

プログラミングの勉強方法には、専門学校に通うというやり方があります。学校法人・専門学校のHAL(東京・大阪・名古屋にあります)では、マイクロソフト社など有名な会社からのバックアップもうけて、IT業界のスペシャリストを育てるための、万全なカリキュラムが設定されていますよ。オープンキャンパスも毎月開催中なので、学校見学も可能です。

プログラミング学習方法・オンラインで学ぶ

オンラインで学習する長所は、通学する必要がない・自分のペースで進めることができる・質問もオンライン上ですぐできるなどがあります。現役のSEとマンツーマンで、レッスンしてもらえるオンラインスクールもありますので、独学で学習するのに限界を感じた方は、オンラインスクールを利用するのはいい方法です。 【TechAcademy】 オンラインで現役SEの指導をうけ、Ruby・Ruby on Railsなどのプログラミング言語を学べます。累計受講者は5000名を超える、人気のオンラインスクールです。

【デジハリオンラインスクール】 年間3000名以上が受講している、業界大手のオンラインスクールです。主婦や仕事と両立してプログラミングについて学びたい方には、ライフスタイルに合わせて、講座をえらべて便利です。

プログラミング学習方法・プログラミングブートキャンプ

ブートキャンプとは、もともとアメリカで「新兵訓練施設」を意味しましたが、今は訓練自体をもさすようになりました。プログラミングブートキャンプとは、数日~数ヶ月でプログラミングをマスターできる短期集中訓練型学習サービスです。独学で学習することを考えると、お金はかかりますが、効率的に学習ができ、スキルアップも可能です。 【CodeIncubate】 少人数で現役SEから手ほどきをうけられます。2ヶ月でみっちりとプログラミングについてレクチャーされ、この養成プログラムを経て、SEへと見事転身した方も多いです。

【ELITES CAMP】 なんと4日間で、プログラミングスキルが身につけられる、夢のようなキャンプです。年齢・職歴・経験不問で、プログラミングを勉強したいという強い思いを抱く方に、おすすめしたいシステムです。

【TECH::CAMP】 「人生を変える1ヶ月」と銘打って、最高のプログラミングスキルをつけられるように、指導してくれます。無料のプログラミング学習会も開催していますので、どんな感じか、まずのぞいてみたいという方には最適ですよ。

文系SEは使えない?

理系のSEと比較すると、文系のSEは即戦力にならず役に立たないのでは?という声もあるかもしれません。しかし実際に入社し、理系SEと文系SE両方にアンケート調査をしたところ、どうもそんなことはないようです。

出世のスピードは変わらない

理系のほうが出世するのかと思いきや…意外とそうではないようです。過半数のSEが「差は感じない」と回答しています。しかし残念ながら、給与面では理系の方が優遇されていると感じる文系SEもいました。

入社後に頑張るのは文系SE

就職するときには理系が有利でも、その後文系SEは頑張って勉強する人が多いようで、「できなくて当然なので、研修も気負いなくうけられた」という前向きな意見もありました。語学力・コミュニケーション能力では文系SEが上回り、入社も3年目となれば、それぞれが活躍する場を見つけ、まさに適材適所、文・理系関係なくSEの仕事をやりがいにしている人もたくさんいます。

管理職になったときに差はあるの?

出世し、管理職についたとき、文系SEと理系SEで差が出てくるのでしょうか?特に違いがないとする人も多い中、理系出身の管理職の専門知識には「やはりかなわない」とする人もいます。反面「コミュニケーション能力・文章力にかける」と指摘する人も。文系SEの管理職の場合、「もっと専門知識を持ってほしい」との声も上がっていますので、やはり文系のSEはプログラミングの勉強が必要と言えるでしょう。

熱意があれば文系SEでも大丈夫!

SEに文系出身者が半数という数字には、おどろいた方も多いのではないでしょうか?調べてみると「文系理系はSEにはそれほどは関係ない」という意見が多数でした。ですが足りない知識について懸命に勉強し、理系の人に追いつく気持ちで熱意を持って、SEの仕事にのぞむことが大切ですね。その情熱こそが、よいSEになれる近道です。

おすすめの「エンジニア転職サイト・エージェント」

良質な求人情報が期待できそうな、エンジニアにおすすめの転職サイト・転職エージェントランキング形式でご紹介します。 IT業界やエンジニア職に特化した転職サイトを中心にまとめていますので、転職を検討しているエンジニアの方は、ぜひ参考にしてみてください。

関連タグ

アクセスランキング