IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

人事評価コメントの書き方と例文|上司が評価すべきポイント

更新日:2020年06月10日

ビジネススキル

この記事では人事評価に対するコメントについて書いていきます。皆さんの中には人事評価のコメントを考えるのに苦心したという方もいるでしょう。そんな多くの人が悩んでしまう人事評価の書き方や文例とともにそのあるべき姿についてみていきましょう。

スキルアップのため、セミナーに参加するという目標を設定したが、体調不良により全ての回に出席できなかった場合

「体調不良による欠席はありましたが、出席した際には的確に内容をまとめたレポートの提出を行うなど、知識を積極的に習得しようとしていたと思います。来期もセミナーに参加する場合は、日程調整が可能なものを選ぶなどし、出席するようにしましょう。」

人事評価シートの有効活用

人事評価シートを正しく活用するためには、記入のポイントを押さえ適切な言葉で返すことが大切です。しかし、集計や資料作成など、人事担当者には大きな負担がかかります。人事評価シートを効果的に活用しモチベーションや業務効率の向上へつなげましょう。また、評価コメントはきつい言葉を使用しないよう十分に注意してください。ストレートな物言いは、被評価者の向上心を損ねる恐れがあります。なるべく柔らかい表現を使用して書くようにしましょう。

人事評価の上司コメントは公平かつ愛情を込めて

人事評価のフォーマットは会社によって異なりますが、これまで述べてきたようにポイントは、人事評価部分と行動部分に分けて整理して考えること。そして、人事評価は公平かつ愛情を込めてコメントしてあげるのが基本です。いい人事評価コメントを書いて、部下のやる気と成長を引き出してあげることが重要です。

人事評価総括

これまで、人事評価についてみてきましたが、いかがでしたでしょうか。人事評価と一口に言っても色々と考えながら取り組まなければならない物ということは解っていただけたのではないでしょうか。また、人事評価一つにしても、扱い方で、今後の部下のやる気やひいては業績といった大きなことに関わってくるというのも見てきました。 ここでは、自分に置き換えて考えていただきたいのですが、自分が、新人のころに上司や先輩に「入社したてのころに比べてよくなった」や最近の活躍は目を見張るものばかりだね、これからも期待しているよ」といった風に言われてうれしかった経験があるのではないでしょうか。この人事評価シートも同じで、直接言うのではなく書面で伝えることもあって気恥しさも少しは和らぐのではないでしょうか。 それに、本来は部下一人一人が見る体で配布されているものですが、やはり、人間ですから、同僚と見せ合うこともあるでしょう。そういったときに自分はそんなつもりではないにしろある部下には甘く書いていたりすると、部下全体の士気にかかわってくるでしょう。ですので、この記事を参考にしつつ自分の考えを加えて書くのが良いでしょう。

今の仕事を続けていいのか不安に感じる

「仕事は楽だし、楽しいけれど、本当にスキルがついているか不安…」と思われる方も多いのではないでしょうか? じつは、転職の理由として「将来への不安」をあげる人は多く、転職理由としてもポピュラーなものなんです。 「転職すれば解決するのか分からない」「自分に原因があるかも…」 そう考えてしまうあなたには、マイナビエージェントに相談することをおすすめします。 マイナビエージェントなら、あなたの将来のキャリアプランや、習得すべきスキルまで相談にのってくれます。また、あなたのキャリアプランにあった職場の情報やスキルも教えてくれるでしょう。 もちろん、利用や登録は無料なので、悩みを相談するだけでも大丈夫! まずは無料会員登録してみましょう!

関連タグ

アクセスランキング