IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

雰囲気のある人の特徴と性格・雰囲気のある人になるには?

更新日:2017年05月19日

ビジネスマナー

なぜかはわからないけど目を惹く人、話していて独特の魅力を感じる人には「この人は雰囲気があるな」と思ったことが誰しもあると思います。雰囲気のある人の魅力を分析して、そんな魅力的な「雰囲気のある人」に少しでも近づけたらうれしいですよね。

雰囲気のある人とは

雰囲気のある人にはどんな特徴があるでしょうか。落ち着いていて醸し出す空気感が周りの人とは少し違っているように感じますよね。ビジネスにおいて雰囲気のある人はきっと周りからも一目置かれている存在ではないでしょうか。雰囲気のある人だと思うとき私たちはその人に対してはっきりとは良く分からないけど何かしらの魅力を感じています。その雰囲気を作り出している「魅力」を具体的に考えてみましょう。

ビジネスで頼れる”雰囲気のある人”

雰囲気があって頼れる存在があなたの周りにはいますか。その人は魅力的で素敵ですよね。その魅力はどういったものなのでしょうか。

対応に隙がない

仕事の内容にしろ、ちょっとした日常会話にしろ、雰囲気のある人ってあまり隙が無いように感じませんか?隙が無いといっても敵意をだして目をぎらぎらさせているとかそういうことではなく、こちらからのちょっとしたアクションにも面倒がらずにスマートに対応してくれるという意味です。なかには無茶ぶりや突然のジョークにもセンス良く対応しちゃう人もいるのではないでしょうか。 対応のスマートさはその人の経験値や知識に大きく影響されます。またその人の性格もあるでしょう。人嫌いでわからないことを聞かれると不機嫌になってしまうような性格の持ち主は周りからは白い目で見られているかもしれませんよ。 こういった経験値や知識、性格、価値観などは一日にして変わるものではありません。経験値はそれまでの人生でどれだけいろいろな状況に身を置いてきたか、そこで何を考えて学びとってきたかだと思います。思考の深さも関係していそうですね。知識は一番早く身につくでしょう。努力次第というところです。性格は自分を見直すことと価値観を変えることですから相当な意識改革をしなければなりません。それも自分自身でしなければなりませんから大変な努力が必要になります。雰囲気のある人は思考も深いということですね。

自信がある

雰囲気のある人は自信を持っているようにみえます。自信を持つことは人を引き付ける魅力となり、自信を持っている人は素敵だと思いますよね。自信のある人は努力をしていて準備ができているから自信があります。努力をする過程や準備をする過程、その過程で味わう苦労や得る知識・経験値も雰囲気を作り出す一因となるのでしょう。 準備万端にする、ということは言い換えればテストをしても満点を取るということです。これだと大げさですが、ある程度の準備をするにはかなり危機感をもたないとできないと思います。準備ができていて自信のある人は危機管理能力が高いのではないでしょうか。

いろんな考えや立場があることが分かっている

雰囲気のある人は「達観」ができていて、世の中にはいろんな考えを持っている人がいて自分に攻撃的な人もいれば自分と同調する人がいることが分かっています。また単にそれだけではなく、達観した上で自分の考えをはっきりさせていて、行動に一貫性があります。そして攻撃的な人に対する対応も大人です。 しかし達観だけして「いろんな考えがあるよね」だけで終わらせてしまい、自分の意見を持たない人は魅力的な雰囲気のある人にはなれなません。

余計なことは言わない

雰囲気のある人は余計なことは喋らないと思います。それは単に口数が少ないというよりは本当に余計な事、例えば下世話な話などはしないといったほうが正しいでしょうか。噂話や下世話な話をしているとき、あるいはそれを見たとき聞いたとき、その人に魅力的な雰囲気を感じたことはないと思います。 一方でとても親しい関係の同僚など、愚痴を言い合ってるときや誰かの噂話をしているときは残念な人だけれど、仕事の時は頼りがいがあって尊敬できる、という人がいるのではないでしょうか。その場しのぎで雰囲気のある人を演じたければ余計なことは言わないように口数を減らすように意識してみるといいかもしれません。また、口数が少なければなにか深く考えているのかな、と思われるかもしれません。

頼りがいがある

ビジネスにおいて雰囲気のある人は、いざという時に頼りがいがある、と思うのではないでしょうか。普段から自信があって話し方にも落ち着きのある雰囲気のある人は頼りになりそうだと思うのは当然です。そういうときにもスマートに対応してくれたら素敵ですよね。

さばさばしている

悪く言えば協調性がないと思われる人でも一部の人からはさばさばとしていて魅力的だと思われるような人がたまにいます。そこには、信頼できる人とだけ深く仲良くなれればよいという価値観に基づいた一貫性のある行動があると思います。 要は人付き合いを選べる人。そういう人は人付き合いをうまく断れない人からすると魅力的に思えるものです。また人付き合いを選ぶ人は、誰にでも頼るというスタイルは取らず、自力でこなそうとする人が多いと思います。言い換えれば、自力でこなすことができるから、人付き合いを選べる、ともいえると思います。すなわち実力があるのです。実力があるから周りからも遠巻きではあるかもしれませんが認められるような人ではないでしょうか。 また行動を人のせいにはしません。自分の信念に即して行動して、人と衝突することがあっても人のせいにはしない人、さばさばしていて気持ちがいいですよね。またそういう人は何を言われても気にしていない気にしない心構えと態度で、やはり落ち着きがあります。こういう人物はほんの少数だとは思いますがやはり雰囲気のある人だなと思うのではないでしょうか。 また、陰で何か言われてないかをいちいち詮索したりそのことを本人に直接確認したりするのではなくまわりくどい方法でたとえばいやがらせなどで仕返しするようなひとには魅力は感じないですよね。さっぱりとしたさばさばとしたやり方を選ぶような人はやはり魅力的ですよね。

初回公開日:2017年03月16日

記載されている内容は2017年03月16日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング