IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

場合別製造業の志望動機の書き方|高卒/新卒/転職など

書類選考・ES

製造業への志望動機のポイントは何でしょうか。本当に採用側が求めている、製造業における理想の人物像とはどのような人なのでしょうか。ひょっとすると、あなたの様な方を必要としているかもしれません。ここでは特に志望動機について記載してみました。

更新日時:

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

製造業の志望動機の書き方

製造業の志望動機には色々な内容が考えられます。例えば、その会社の製品を惚れこんでどうしてもその会社で製造業の仕事をしたいなどがあります。またはその会社の社風が好きで志望することもあるでしょう。いずれの場合にしても、もの作りが好きであるといった内容が大切になってきます。具体的には、「御社で、電子機器について学び、その知識や技能を仕事で活かす業務をしたいと思って御社を志望した」といった内容です。このように具体的な志望動機を好まれます。相手がこの人なら製造業でもやっていけると判断してもらえるような書き方が重要です。一般的な志望動機と違うのは、たとえ単調な作業でも好きで長時間やっていけることがポイントになってきます。製造業における必要とされる人の資質というのはある程度決まっているのが現状です。

本当に製造業が好きかどうか

当たり前の事かもしれませんが、志望動機を記載する時に本当に製造業が好きかどうかを確認しましょう。製造業は安定した会社の中で決められた内容の仕事をたんたんと行っているイメージがあります。ですが、実際には極めてシビアな点もあったりします。どんな仕事でも良い点ばかりではないです。品質管理の視点で言えば、出来た製品の品質を上司が厳しくチェックすることもあるでしょう。時には全部やり直しなどといわれる事もあります。製造業でもっとも厳密に管理されているのが品質です。ここで大切なのは、何を言われても前向きにとらえることが出来るかどうかです。そういった意味で製造が本当に好きかが問われます。製造業向きでない人の中には、職人的な技能を必要とする製造業なので向いてない人もいます。

未経験の場合の志望動機の書き方

製造業で未経験の志望動機を記載することは、考え方次第で難しくはありません。経験はないけど、やる気は誰にも負けないといった記載でも書類審査を通過することもあります。未経験であれば、それなりに工夫して考えることです。自分なにの志望動機であればそれだけで人事の目をひくことができます。目指している製造業としての仕事内容をリサーチして、志望動機として使える情報を集めることから始めるのも良いでしょう。 書き方としては、「以前から大変興味のあった御社の機器に関する製造業務をしたいと思い御社を志望しました。」などがあります。この言葉に付け加えるように、その会社の製品の情報等も一緒に志望動機に入れても良いです。採用側が、自分の会社について良くしらべている人がいて、「面接を是非してみたい。」と思ってもらえれば問題ない志望動機になります。

何が製造業で必要とされているか

製造業で必要とされている資質はものを製造するにあたり、その人に製造を任せても問題ないかどうかです。何か問題がありクレームとなった場合、その会社全体の問題となります。下手をすれば取引先が減ることになるか、お客が離れていきます。 なので志望動機で記載することも相手に信頼してもらえるような書き方が良いです。製造業とは様々ありますが、食品の製造を行っている会社では、特にゴミなどが製品に混入しないように気を付ける必要があります。そのような現場で、業務を任せられるのは常に確実な作業をしてくれる人でしょう。志望動機もそうですが、提出する書類には、矛盾のないような丁寧な文章がいいです。そうすることで採用者は、この人なら製造業務を任せても大丈夫だと判断します。

新卒・転職・中途の場合の志望動機

新卒の場合は特にやる気を全面に出すことです。会社訪問をして情報収集して自分なりに全力でその会社について調べることです。その後、志望動機をまとめればより良い文章が書けるでしょう。転職や中途採用では、今までの経験をどういかすことで、その会社に貢献できるのか具体的に記載できると良いです。具体的には、「今までつちかってきたディスプレーに関する技術について更に勉強して御社で品質の高い製造業務をしたいと思い御社を志望しました。」といったところです。これを見て、採用者が自分の会社に入ったあなたをイメージしてマッチしてくれば、内定につながります。

製造業の採用側の考えとは

採用側の考え方は、その人を採用したらどのような製造業のキャリアプランがあるかを考えます。ですので、新卒や、転職ではまるで考え方が違う所があります。新卒では特にその人の人間性を重んじます。また、やる気もかなり重要視されることがあります。それに対して、中途採用ではその人の持っている製造業における技術を確認しようとします。もし中途採用で採用して入社した後にどのように会社内でパフォーマンスをしていくか厳密に考えるでしょう。または、その人が入社することで、その人自身が満足のいく結果になるかも考えるでしょう。あとは、良く言われることですが会社全体でみて足りない年代の人を集めようとする傾向はあります。

高卒での志望動機

これは製造業であれば工業高校と普通高校では志望動機が変わってきます。工業高校出身の方は、自分の勉強してきたことを更に勉強して製造業務をやりたいと言って問題ありません。それに対して、普通高校の方は自分の好きな分野は製造業の中にあり、これから経験や勉強をして製造の現場で働きたいといった内容の志望動機が良いでしょう。いずれにしても高卒の場合、大卒や他のキャリアの人と比較してマイナスになるポイントはそれほどないと考えて良いです。会社とは、様々なキャリアをもった人を採用します。なので高卒の方は自信をもって志望動機を記載すればそれで伝わります。

高卒の強みについて

高卒の強みはなんと言っても若くて吸収が早いことにあります。まだ10代であり、なんでも吸収できる年代です。志望動機もそのような内容を含めると人事も喜びます。また、志望動機の中に体力には自信があるといった事を記載すると製造業ではとても喜ばれます。時にはシフト勤務で長時間働くケースもあるので採用側が気にしていることは、健康面でもあります。入社前から、この人は体力的に大丈夫なのかと心配されるようでは、採用になることは難しいでしょう。どうしても高卒の方で製造業の仕事をしたいのであれば、体力には自信があり、毎日きたえていますといった内容で丁度良いかもしれません。

文系から製造業への志望動機

一般的でないように思われがちですが、文系から製造業へ就職される方はいます。文系だからといって製造業への就職ができないと言う事はありません。志望動機は、文系の勉強をしてきたが、製造の現場に興味があり就職を希望していると言えば問題ないです。それでは何が人事の見ていることかと言えば、採用した後に製造現場で本当にずっとやっていけるのかを気にします。文系の方が製造業に志望動機を出す時は、製造業を良く勉強して自分なりにどのような仕事なのか的確にイメージできていることが大切です。そうすれば、人事も理解を示してくれて採用にいたるケースも沢山あります。

考え方次第で変わる志望動機の内容

文系の強みをいかして製造業への志望動機を考えるとどうでしょうか。自分は文系の勉強をこれだけやってきたので、製造業で働くことになったら更に勉強し、一日でも早く現場で仕事を任されるような人になりたいと記載したら良いでしょう。また、コミュニケーションをとるのが得意なので製造業の現場でもその能力を発揮して品質を向上させる、といった志望動機も良いです。一番大切なことは、文系だから駄目という考え方です。誰でも初めは素人であるので、文系の方を変な目で見たりはしません。とにかく前向きな姿勢で志望動機を書けば、きっと共感してくれる会社はあるはずです。

関連タグ

アクセスランキング