IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

家で出来る高収入な仕事・家で高収入な仕事するための資格

更新日:2020年11月05日

就活

仕事はやりたい、お金は稼ぎたいが、外出はできない。そんな人のために、家でできる仕事をご紹介します。紹介しているお仕事のほとんどは、今すぐにでも始められるもの、知識や資格がいらないもの、公募されているものです。家でできる仕事を始めたいなら、ご参考にしてください。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

家でできる仕事

もともと出不精だ、病気になった、時間がない、本業が忙しい、通勤電車が苦手などの理由があっても、お金稼ぎしたいこと、働きたいことってありますよね。そんなみなさんのために、本日は在宅ワーク、つまり、高収入の家でできる仕事についてあれこれご紹介します。みなさんの参考になれば嬉しいです。

SOHOとは?

Small Office/Home Office(スモールオフィス・ホームオフィス)、略してSOHO(ソーホー)とは、「パソコンなどの情報通信機器を利用して、小さなオフィスや自宅などでビジネスを行っている事業者」といった意味で使われる場合が多い。

家でできる仕事一覧

以下に挙げているお仕事は、家でできる仕事で、かつ、資格のいらないものです。 なるべく一般に公募されているアルバイトを挙げてみました。ご参考になれば幸いです。

ライター

インターネットの記事やDMを書くライター業務があります。 これらは家でできる仕事なので、です。 (一般にマイナビのようなサイトで公募しています。その場合、ほとんどはパソコン所有以外に資格はいりません) それも、(もちろん締め切りはありますが)自分のペースで、自分の裁量で仕事をこなすことができます。 (特に、お身体を崩して療養中の、求職者の方にです) 文章が上手い・タイピングが早い・もともと執筆ジャンルに詳しい(たとえば、音楽を趣味にしている人が音楽の記事を書くとか)と仕事を楽に進めることができますが、それ以外の方でも、雇い主と相談して契約さえできれば、書くことはできます。

デメリット、厄介な点がいくつかあります。まず、単純作業でなく、仕事のやり方にかなり自由度があるので、その分面倒なこと・迷うことも多いのです。それから、仕事の見通しがつきにくい・スケジュールが立てにくいということがあります。 こういった仕事は進むときは非常にスイスイ進むのですが、一度手が止まってしまうような壁にぶち当たると、なかなか切り抜けることができなくなります。そのため、「○日後には仕事が終わるだろう」という予定が立てにくい、立てても変更することが多いというのがあります。 しかも、仕事は大抵先方から依頼されることが多いので、ただ自分が暇だからという理由ですぐに受注できるわけではないのですね。それから、かなり時間を食います。もちろん家でできる仕事なので、通勤時間はさほどかからないのですが、文章内容を考える・資料を集める・推敲するといった作業はかなり面倒です。 どんなに小さなお仕事でも、どんなに文章が上手い人でも、5分やそこいらではできません。 それから、こういった手間がかかる割に、実入りが少ないのが実情です。在宅ワークと普通の単発アルバイトを時間単位で比べたら、前者は後者のおよそ10分の1、といったところでしょうか。そのため、資料整理の手間を省いてインチキ記事を書くライターもいます。そういったサイトが炎上することも。 もちろん、そういうことをしないライターだってたくさんいますし、していないライターはいつかバレます。みなさんもライターを稼業にするときは是非気を付けてください。

アンケート

調査する側、される側、どちらも現時点ではかなり人手が不足しているそうです。”調査する側”を在宅でアルバイトするのは非常に難しいですが、される側なら簡単にできますよ。デメリットとしては、実入りが少ない、個人情報を出すのに抵抗がいるところでしょうか。

模試採点

試験や通信添削などの採点のアルバイト、色々なところで募集していますね。こういったところの中には、家でできる仕事もあります。「答案用紙に丸つけする」というと、勉強が苦手な方には敷居が高いように思われますが、ご安心を。 こういったお仕事にはマニュアルがありますので、実際には採点の過程でわからなくなることは少なく、流れ作業のように仕事できます。工場で作業しているようなものですよ。メリットとしては、比較的いつ終わるかわかりやすいところです。工場で作業しているようなものと言いましたが、それはつまり、時間ごとの量がある程度決まっていること。数時間ほど仕事の数をこなせば、「自分はこれくらいのペースで仕事できるんだ。とすると、一時間でウン千円稼げるぞ」と見通しがつきやすくなります。 デメリットは、単純作業が多いことです。大抵の人は何時間も同じ作業を繰り返していると、頭が働かなくなってしまいます。こういった作業は、「10分暇ができた」というときにやるのが最良かもしれません。

次のページ:家でできる仕事の注意点
初回公開日:2017年03月17日

記載されている内容は2017年03月17日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング