IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

経理の志望動機の書き方|新卒/転職の面接で志望動機を話すコツ

書類選考・ES

経理という仕事は事務職の中でも専門性が高く人気の職種の一つです。経理の求人に応募をしてみたい、でも志望動機などをどう書いていいのかイマイチわからないという人もいると思います。本稿では、そういった経理の求人や志望動機などを中心に記載をしていきます。

更新日時:

経理の求人の志望動機の書き方

経理の志望動機の書き方としては、まず、何故自分が経理という仕事に就きたいかということが最も重要となります。ただ単純に事務の仕事がしたいから、興味があるからという理由だけでは、採用担当者の心に刺さりません。新卒の場合の志望動機はどう書けばいいか、転職の場合の志望動機はどう書けばいいか、未経験の場合の志望動機はどう書けばいいかということを下記に順に説明をしていきます。

新卒の場合の志望動機の書き方

新卒の場合は、当然、経験がありませんので、自分なりになぜ経理がやりたいかということを素直に記載することが大切です。学校で学んだ簿記の授業が楽しかったから経理がやりたい。経営学を学んでいて、経理という立場で経営に近しい位置で仕事がしたい。純粋に数字が好きという理由でも構いません。経理の仕事がしたいという気持ちを伝えるとともに何かプッシュの材料をいくつか用意しておくことが大切です。

転職の場合の志望動機の書き方

転職の場合は、即戦力であることが求められますので、新卒のように興味本位などで記載をしても採用担当者の心には刺さらないです。転職の場合は、過去に自分が経験したことで転職先に貢献できるということが大切です。経理の経験者であれば、過去にどういった経験をしているか、年次決算を行っていたか、月次決算を行っていたか、専門的に債権や債務の管理をしていたかなど、過去の経験とその企業が欲しがっている人材とマッチさせることが大切です。経理の全体を見ることができる管理職クラスの人間を求めている企業に対し、部分的な専門性をプッシュしてもマッチはしません。志望動機は企業が求める人材像とうまく合わせるようにしましょう。

未経験の場合はどうする?

新卒であれば、経理の経験はもとより、社会人としても未経験ですので、その経験というのは問わないのですが、中途採用であれば、未経験というのは、それだけでも採用の門戸が狭くなります。ましてや、経理という専門職で経験者が優遇される中で、未経験の人間が採用を勝ち取るというのは、なかなかハードルが高くなります。未経験であれば、まずは未経験でも自分が経理という仕事に対しての適正があることや売りとなる資格や経理でキャリアを積んでいきたいというプラスの材料をとにかく並べるしかありません。年齢にもよりますが、経験が無くても、企業側で育成をするという枠もありますので、未経験であってもそこの枠に入り込むことができれば、採用への道が進みます。

志望動機の例文

志望動機の例文としては、下記のようなケースがあります。 新卒の場合の経理の志望動機 「自分は学生時代に経営学を学んでいました。経営というのは非常に興味深く、特に簿記を中心とした財務諸表の分析などは非常に勉強になりました。自分としてはこういった経営に近しい立場でキャリアを積んでいきたいと思いますし、また、御社のような上場企業であれば、開示業務などに携わることができますので、経理を志望いたしました」 未経験の場合の経理の志望動機 「簿記の知識を生かせることができる仕事でありますし、私自身この分野でキャリアを積んでいきたいと思っております。独学で簿記の資格を取得できたのも、この職が自分に適しているという裏付けであり、この仕事でキャリアを積んでいきたいという情熱の表れであると思います。貨幣は世の中にとって絶対必要不可欠なものであり、企業を動かす大切な要素の一つだと思っております。これに携わることで会社に貢献したいと思い志望いたしました」

なぜこの会社かを志望動機に入れる場合

経理の仕事がやりたい。正直、経理の仕事ができれば、会社はどこでもいいという考えはあるかもしれませんが、そこの会社に応募をしたという理由が無ければ採用にとってマイナスになってしまいます。会社を選んだ理由としての志望動機は、上場会社であれば、上場会社は財務諸表の開示などが求められていますので、そういった業務に携わりたいため、上場企業であることを選んだことや、そもそもその会社の理念等に共感ができるということも大切です。非上場会社であっても会社の理念や志はあります。そういった点を強調することも大切ですし、その会社が社会貢献をどのように行っているかなどの点を強調することも大切です。ですので、志望動機は大きく2つに分かれ、まずは経理としての志望動機、次にその企業を選んだ志望動機となります。最初はどのように書くかを考えるのに時間はかかるかもしれませんが、一度作成し、パターンを作ってしまえば、あとはそれを応募する企業に合わせて、うまく作り変えていけばよいのです。

面接での志望動機を話すコツ

面接で志望動機を話す点で注意をしないといけないのは、まずは、履歴書を丸暗記で話をしないことです。そのまま読んだところで面接官は手元に履歴書をもって面接をしているわけですので、見ればわかるということになってしまいます。あとは、履歴書や職務経歴書と矛盾していることを話さないことです。書面と口頭が違うと言うのもどちらが正しいのか面接官にとってはマイナスポイントとなってしまいますので、注意をしましょう。面接というのは面接官との会話が重要です。一方的に話をすることもいけませんし、黙っているだけでもダメです。うまく会話をし、志望動機などをアピールしていきましょう。

面接でなぜ他部門ではなく経理かと聞かれた時

経理を志望して、志望動機をしっかり書いているにも関わらず、面接で面接官から経理以外の仕事ではどうか?営業をやってみないか?などと聞かれることもあると思います。そういった場合、本当に自分が経理をやりたいかという自分への問いかけにもなると思います。経理という仕事の志望動機を書いていますが、そういった提案をしてくるのは、何か意図があるかと思います。しかしながら、自分が経理しか考えていないのであれば、そう答えていいですし、経理が志望だけど、その会社に入社することの方が自分にとっては大切だということであれば、他部署から経理への異動はあるかということを逆に質問してもいいかもしれません。面接官の言う通りに誘導されるのではなく、やはり自分は経理を志望しているという強い芯を持つことが大切です。

志望動機や履歴書に書くべき資格

経理の志望動機や就職の材料として有効な資格は何と言っても簿記の資格です。簿記の資格を保有しているのであれば、積極的に志望動機や履歴書に記載をしましょう。新卒であっても中途であっても日商簿記2級を取得していれば、それだけで経理の採用というのは他より有利に働きます。また、最近の経理業務というのはパソコンやシステムを使用することが多いので、IT系の資格などもあれば、記載すべきです。簿記とIT、それに加えて事務系の資格などがもう一つあれば、採用において、なお有利に立てるでしょう。もし、転職で未経験であれば、こういった資格を志望動機としての売りにすることは非常に重要となります。

経理にとって最も大切な資質

経理の志望動機のアピールとして、自分が経理に向いているという資質をアピールする方法もあります。経理に向いている資質、それは、正直で嘘をつかず、正義感が強く、口が堅いことです。経理というのは、お金を扱うので、不正が起こりやすい部署でもあります。会社のお金に手を付けるということは横領という立派な犯罪になりますので、どれだけ能力が優れていて経験があっても、信用できない人を経理というポジションには置きません。また、口が堅いことも重要です。経理というのは会社の数字を扱う大切な仕事です。人の給与や会社の業績なども見ることができます。そういった情報を飲み会の席でつい口がすべって言ってしまったではそれは経理としては失格となります。ですので、上記のような資質があるというエピソードが自分の過去にあるのであれば、さりげなく記入しておくべきです。

経理志望を勝ち抜く

いかがでしょうか? 経理志望の方で悩んでいる方は、ぜひ本記事を参考にしてくださいね。

関連タグ

アクセスランキング