IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

社内文書の書き方と例文|宛名の書き方・社内文書の種類

更新日:2020年05月18日

書き方・例文

社内文書を書くことが出来ると「できる人」と思われるなど良い印象を持たれることもあります。会社の事務をしている人など、初めて社内文書を書く人など様々だと思われます。その文書の書き方を今回は例文を挙げながら説明していきます。

社内文書の書き方がわからなくて困っている人の声

社内文書を書くのに困っている方たちはたくさんいます。 「今度社内で使われる文書を作成しなくちゃいけないんだけど、書き方がわからない…」 「社内文書ってなんなんだ?社外文書となにが違うんだ?」 「急遽、直属の上司に一週間という短い提出期間内で報告書を提出しなくちゃいけなくなったんだけど書き方がわからない…教えてほしい!」などといった困っている声をたくさん聞きます。 社内文書を社内で書かなければならない場合や、フォーマットを作成しなくてはならない場合などいろいろありますよね。その中で書き方やルールを説明する前に「社内文書」の意味やどんな時に使われるのかなど詳しく説明していきますのでぜひご拝読お願いいたします。

社内文書の概要、社内文書の意味、社内文書はどんな時に書くのか

社内文書の意味とは?

社内文書とは企業内で取り扱われる文書のことを言います。また、「ビジネス文書」とも言われています。様々な用途や種類が存在しています。後々社内文書の種類について説明していきます。 社内文書と似たような「社外文書」というものもありますが、社内文書は社外文書と違ってもっと簡素的に、堅苦しくない文面を基調とした文書とも言えます。では次に社内文書はどんな時に扱われるのか説明していきます。

社内文書はどんな時に使うのか?

社内文書はどんな時に使われるのかいくつか例をあげると、社内の誰かや社内全体に「指示」や「命令」がある場合や「報告」「連絡」がある場合などたくさんの機会に書かれ扱われています。書く人もたくさんいて事務所の人や、工場の工場長が工場員に向けて指令やルールを示したいときに作成したりと種類や書く人が多いのが社内文書です。では次に社内文書の種類を詳しく掘り下げて説明していきましょう。

社内文書の種類

指示や命令をしたい時の社内文書の種類

指示や命令を社内で出したい時に使われる文書を挙げると4つあります。 それはこちらです。 ・通達書 ・指示書 ・稟議書 ・提案書 上司が部下などに指示や命令を出す時や、事務所で提案された事柄などを社内に発信したい時などに使われる文書です。

報告をしたい時の社内文書の種類

報告や届願、上申を社内にしたい時に使われる社内文書は3つほどあります。 それはこちらです。 ・報告書 ・届出書 ・上申書 営業などで外に行き仕事をしてきたことを上司や社長に報告する際には報告書の提出をするなど、目上の人たちに提出するものが多いようです。

連絡をしたい時の社内文書の種類(おねがいやお知らせしたい場合)

連絡や調整をしたい時に使われる文書の種類を挙げると4つほどあります。 それがこちらです。 ・通知書 ・照会書 ・回答書 ・案内書 書く文書の文字の並びからだいたい意味は分かってくると思いますが、社内での連絡事項や案内を文字に示したい時に使われています。

データを共有したい時の社内文書の種類

データや会議内容を記録、保存 したい時に使われる社内文書を挙げると2つほどあります。 それがこちらです。 ・議事録書 ・帳票類書 会議などの内容を文書にしたものを議事録と言いますよね? そうです。それを議事録書と言います。 他にもデータなどを記録したい時などに使われています。 いかがでしたか? 以上が主な社内文書の種類となります。 では次にそんな社内文書の書き方を説明していきたいと思います。

初回公開日:2017年03月14日

記載されている内容は2017年03月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング