IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

皇宮警察官の仕事内容・年収|皇宮警察官になる方法

更新日:2020年11月06日

就活の業界・企業研究

天皇皇后両陛下を護衛する仕事である皇宮警察官ですが、単に護衛するというだけでなくその業務は幅広く行われています。この記事では皇宮警察官の仕事内容や組織体制、そして皇宮警察官になるために求められている適正や人間性を解説していきます。

正義感が強い

皇宮警察官は天皇皇后両陛下や各皇族殿下をお護りし、さらには日本の文化と伝統を守る仕事です。そのため、とても責任とプレッシャーのある業務であり、簡単な気持ちで務まることはありません。正義感が強く、自分の仕事にしっかりとした使命感と責任を持てる人が適正があるといえるでしょう。

礼儀が身についている

皇室の御方々はもちろんのこと、国賓や海外からの重要なゲストを間近で見る機会が多いのが皇宮警察官です。失礼のないように、しっかりとした礼儀が身についていることが重要です。言葉使いや立ち振る舞いなど、人間性が高く礼儀作法を重視している人でないと皇宮警察官は務まらないでしょう。

日本文化に精通している

茶道や華道などの日本文化に関心のある人も向いているといえるでしょう。皇室の御方々はこれらの文化にとても精通していらっしゃるため、皇宮警察官も同様の教養が求められるからです。皇宮警察学校でも華道や茶道、短歌や書道を習うため決して幼い頃から身についている人だけが務まるわけではありませんが、自分から興味や関心を持ち学んでいく人がより深い教養を身につけることができるでしょう。

忍耐力がある

一般の警察官とは違い、皇宮警察官は一般市民と直接触れ合う機会はほとんどありません。皇宮警察の仕事は立番中は長時間じっと立ち続けていなければなりません。不審者の侵入を防ぐため、地味ですがじっと見張る必要があります。そのため、体力や忍耐力も求められる仕事です。

関連タグ

アクセスランキング