IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

皇宮警察官の仕事内容・年収|皇宮警察官になる方法

更新日:2020年11月06日

就活の業界・企業研究

天皇皇后両陛下を護衛する仕事である皇宮警察官ですが、単に護衛するというだけでなくその業務は幅広く行われています。この記事では皇宮警察官の仕事内容や組織体制、そして皇宮警察官になるために求められている適正や人間性を解説していきます。

皇宮警察官になるには+皇宮警察官の給料・年収+音楽隊/騎馬隊に入るには+採用試験と難易度

皇宮警察官の仕事

天皇皇后両陛下や皇族の護衛と皇居や御所、御用邸などの警備を行うのが皇宮警察官の仕事です。警察庁の附属機関である皇宮警察本部に所属する、国家公務員と同じ身分です。皇宮警察官は日本の歴史を象徴する皇室行事と深く結びついた職業であるため、日本文化について深い教養が求めらます。また、皇族をお護りする誇り高い仕事でもあります。 皇族の御方々をお護りすることが仕事であるため、武装は許されていますが逮捕権を持っていないのが一般の警察官と異なるところです。皇宮護衛官の業務は大きく分けて2つあります。

パトカーや白バイで天皇皇后両陛下などをお護りする「護衛」

天皇皇后両陛下や各皇族殿下をお護りする任務が「護衛」です。お護りするのは日本の皇族だけではなく、海外からの国賓や大使が皇居に参内する場合も護衛を行います。

不審者の侵入を防ぎ、宮中行事を無事に終わらせる「警備」

皇居や御所、御用邸など皇室関連施設に不審者が入らないようにする業務が「警備」です。一般参賀などの儀式や宮中行事の際に、平穏に終わらせるために警備することもこの業務です。

皇宮警察官の給料・年収

皇宮警察官の給料は国家公務員の一般行政職より高い水準となっており、平均年収は約630万円と発表されています。大卒の初任給は21万円程度、高卒の初任給は18万円程度となっています。初任給こそ差がありますが、昇給については大卒と高卒では差がないようです。 他の公務員と同じく勤務年数によって昇給していきますが、階級が上がることで給料もUPしていきます。また、住居手当や扶養手当などの各種手当も受け取れるほか、ボーナスも年2回支給されます。

皇宮警察官の主な組織

皇宮警察の組織は大きく分けて3つに分かれています。また、専門性のある特殊部隊も存在します。業務はそれぞれ異なっていますが、日本文化の象徴ともいえる皇室をお護りするという使命は変わりません。

警務部

皇宮警察本部の人事や総務を担当するいわば取りまとめの部門が総務部です。警務部には音楽隊もあり、皇室行事などで演奏を行います。

警備部

皇室関連施設の警備を行う部門がこの警備部です。皇居はもちろんのこと、京都御所や桂離宮、正倉院にある皇室用の財産の警備を行います。皇宮警察には専用の消防自動車があり、火災が発生した場合の消火活動も警備部が行います。 皇室行事の警備の企画も行うほか、管轄内での消防も担当する皇室警備のスペシャリストといえる部門です。

護衛部

天皇皇后両陛下や皇族各殿下のご身辺の警備を担当するのが護衛部です。白バイのほかに騎馬で護衛に当たることもあります。また、護衛の際には各都道府県警との打ち合わせを行います。また、皇族が学校に通われる場合も同伴し学校内で警護を行います。 皇族の御方々は多くの文化教養を持ち合わせていらっしゃるため、護衛部にも高い教養が求められています。そのほか乗馬術やスキー、テニスの技術、そして語学力といった幅広い知識や能力が必要とされているのが護衛部です。

関連タグ

アクセスランキング