IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

寿司職人の年収と仕事内容| 寿司職人の仕事の海外からの反応は?

初回公開日:2017年03月29日

更新日:2020年08月14日

記載されている内容は2017年03月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

職種研究

皆さん大好きなお寿司ですが、お寿司を握る寿司職人になるための学校があるらしいです。弟子にならないと握れないと思ってたんですがそうでもないようですね。海外でのSUSHIは高く日本人の寿司職人さんより海外の方が給料が高く驚きました。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

寿司職人になるには(学校/修行など)

寿司職人になりたい

寿司職人になるには当たり前ですが寿司を握る技術が必要、ということになります。では、どこでそれを学ぶことができるのか、といいますと二通りのパターンがあります。昔はほぼ一つしかなく、要するに既存のお店に弟子入りして学ぶ、ということでした。しかし、今では学校があります。もちろん、店に弟子入りして、というルートも今でもありますから、それはなんともいえないのですが、今では学校に行くことがお勧めできるといえるでしょう。その証左ともいえるのが寿司職人育成の学校を出て、ある程度修行をした後に店を出した人がすぐに世界的に認められた、ということがあったからです。 もちろん、これは個人の資質という側面も強くあるのですが、それでも一流の、認められる寿司職人になるのには10年単位での修行が必要、ということが必ずしも是というわけではない、といえるようになってきたわけです。キチンとした寿司職人育成のカリキュラムによって、技術的に見つけることができるのであればそれにこしたことはないでしょう。ですから、現在では寿司職人になりたいのであればまずは専門的な学校に行くことができるような時代になっているのです。

費用について

そもそも何年制の学校にいくのか、と思うでしょうが多くの場合、1年程度です。半年、というところもあります。費用ですがこれは特に一定であるわけではなのですが大よそ100万円以下、というところが多いです。別途で包丁などを買ってくる必要性がありますが、寿司職人として技術を身につけることができるのであればこれはかなりコストパフォーマンスがよいといえるでしょう。カリキュラムは様々ですが、握りはもちろん、巻きや魚の仕込み、目利きなどの基本的な寿司の技術はもちろんのこと、衛生管理、接客技術に関することもカリキュラムに入っているところが多いです。寿司職人として知っておくべき魚、というのはとても多いです。当然、それごとに捌き方がありますから、それぞれに覚える必要があります。期間としては非常に短いのですが、とても濃厚、濃密な修行メニューとなっていますから、基本的にはとてもお勧めできるのが学校で学ぶことなのです。現代の寿司職人としての目指し方としては最適であり、最高であるといえるでしょう。

修行期間・修行は厳しい?

店での修行と学校で学ぶこと

いくら学校で学んで、店に勤めてそこでの働きもある意味では修行となることでしょう。ですから、間違いなく、学校で寿司職人としてのスキルを身につけていたとしてもまだまだ実地で学ぶことはいくらでもあります。そうした期間はまさに修行期間といえるでしょう。昔は、三年経つまで包丁は握れないとかいわれていたものですが、現代ではそんなことはないです。特に寿司職人育成の専門学校にいっているとなりますと即戦力としての期待があります。もちろん、店舗でないと学べないことはいくらでもありますから、それを学ぶ機会があるのは素晴らしいです。 そして、それは人によって数年単位になることもありますし、既に寿司職人としての基本が出来ているので数ヶ月もあれば店での学ぶべきポイントをおさえてしまう人もいます。修行の期間はまさに人ぞれぞれであるといえますが、そもそも寿司職人は常に修行の身、という意識を持っている人が多いです。まして、今では学校で学ぶことができるのでいつまでが半人前なのか、というのはなかなかわかりにくくなっているのは確かです。厳しいことは厳しいのですが基本が学校で出来ている場合、そこまで怒鳴られるようなやり方で見て学ぶ、ということもなくなっていますし、昔よりは遥かに楽になっているとはいえるでしょう。もちろん、昔ながらの店で一から働かせてもらいながら学ぶ、となりますとどうしても罵声、怒声の中で修行していくことになりますから、これは精神的にも厳しいと思う人は多いでしょう。

寿司職人の仕事の海外からの反応

海外のSUSHI

既に寿司はSUSHIとして海外でもかなりがある日本食になっています。そうなってきますとやはり特別なもの、本場のものを、という需要も出てくるわけで、日本の寿司職人に作って欲しい、という要望が強くあります。寿司職人の技は世界的にも高く評価されています。昔は10年単位の修行で、という意識がやはり強かったのですが、前述の通り、寿司職人育成学校の卒業者でかなり早く一流として認められたということもあり、高く評価されていることは確かですが、昔のように何年も何年も修行を重ねて、というのが必須条件ではなくなっているのは確かです。 あくまで重要であるのは技術そのものであり、来歴ではない、ということです。有名店で修行した、ということよりも海外の人たちは寿司職人の具体的な寿司に対する技術と知識に評価を置いているわけです。間違いなく、寿司職人の技術は海外で高く評価されているのですが、今の時代はまさに目の前に出て来る寿司、握られた寿司のみが評価の対象になっています。若くても優れている人は優れている、と正当な評価を受けることができるようになっているのです。

寿司職人の給料と年収

雇われる身か独立か

寿司職人の給料ですが、平均値はデータとしてしっかりとあります。およそ、平均年収としては400万円程度になります。一流となりますと700万円~1000万円程度はもらうことができるようです。高給寿司店の板長が年収を暴露していましたが、この人が2000万円弱程度でしたから、大よそ正しい数値といえるでしょう。ちなみに実は海外で働く寿司職人のほうが年収が高いです。海外の求人を見る限りでは寿司がのニューヨークでは、最低700万円~になります。 中国でもなのですが、こちらは発展している都市である上海の求人ではおよそ400万円~650万円程度になります。中国も発展著しい国ではありますがまだまだ物価が安く、そこまで日本から見て高給というわけではないのです。但し、中国国内から見ればかなりの高給の部類に入ります。ともかく、寿司職人の給料は決して悪くないです。そして、海外に出ることができるならば、それがお勧めできるほどに今はアメリカなどで大になっています。日本の寿司職人、ということだけでもブランド力があり、重宝されることは間違いない程度には仕事がありますし、高給取りになります。

寿司職人を目指しませんか?

まず、寿司職人は昔のように店に弟子入り、というのがそこまでお勧めできるような時代ではなくなっている、というのをよく理解しておきましょう。現在、寿司職人を目指すのであれば間違いなく、寿司職人育成学校に行くことがベストになります。加えて、キャリア的なことを考えるのであれば英語の勉強もしておいたほうがよいでしょう。海外に進出、飛び出していくことも考慮しておく価値があります。 それほどまでに世界的に寿司がになっています。寿司職人になるために10年単位の修行、という時代ではなくなっています。1年程度の修行で技術的には身につけられることが証明されているからです。もちろん、これは個人の才能という側面もありますがまず目指してみる場合には考えておく価値がある部分といえます。また、寿司職人は雇われるのが多いですが、最終的に自前の店を持ちたいと考える人が多いです。それができるほどの技術であり、がある料理でもあるわけです。海外に店を持つことも不可能ではありませんから、最終的なキャリアの方向性して意識しておいたほうがよいでしょう。飲食の仕事の中でも職風の強い仕事ではありますが、現代は何事も効率化されており、カリキュラムで学ぶことができるほどになっています。十分に目指すための道のり、道筋がはっきりと明確になってきているといえるのです。

関連タグ

アクセスランキング