IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

世帯分離のメリット・デメリット|高齢者の世帯分離の手続き方法は?

更新日:2020年11月11日

ライフスタイル

世帯分離、普段使わない難しそうな言葉ですが、世帯分離というのをすると国民健康保険にメリット、デメリットがあるらしい。高齢者の方は介護費用と保険料が安くなる可能性があるお得感満載の事が記事に書いてあるので是非参考にしてみてください。

世帯分離のメリット・デメリット

世帯という単位

あまり意識していない人が多いのですが、世帯という単位で日本の行政サービスなどを受けています。要するに同じところに住んでいる人たち、ということです。同じ家で一つの生活共同体として住んでいるのであれはそれは世帯になります。つまりは、世帯とは家族であることもありますか、同棲であることもあります。別に血縁関係、姻戚関係、婚姻関係がない場合でも一つの世帯になることはできます。 そして、世帯分離とは、この同じ家で暮らしていて1つの世帯を住民票に記載されているメンバーによって、2世帯以上に分ける行為をいいます。これが世帯分離といわれる行為になります。例えば、親と子供が一緒に生活をしていればこれは一つの世帯となっているでしょう。しかし、子供が親の世帯から独立する場合に単独世帯になることが可能なわけです。これは同じ家に住んでいようと問題なくできる行為になります。親世代と子世代が一緒に住んでいても生計を別、ということはよくあるでしょう。そうなりますとその家には世帯主が2人いる、ということになります。そうするのが世帯分離になります。世帯分離をすることにはメリットもありますし、デメリットもありますからこれは注意しておきましょう。しかし、検討してみる価値がある行為でもあるのです。

国民健康保険はメリットにもデメリットにも

一般的に世帯分離をしますと国民健康保険の側面から見るとデメリットなる、とされています。国民健康保険には上限がありますから、そうであればわけてしまうとそちらに余計にかかるからです。しかし、例えばもう一人の世帯構成員が低収入であれば国民健康保険は減免されることがありますから、お得になることもあります。要するにその一つの稼ぎ次第で世帯分離を国民健康保険はメリットにもデメリットもなる、ということになります。但し、世帯としては認められても国民健康保険は赤の他人では一緒には出来ない、という条件もありますから注意しましょう。

同居が条件

基本的に世帯という単位は同居をしていることが条件になります。逆に世帯分離は同じ住所に複数の世帯にすることが可能ともいえます。

扶養から離れることと条件

世帯分離をすることによるデメリットとして意識してしまうのが、扶養から外れてしまうのか、ということですが、これはにしっかりとした認定の基準があります。まず、条件として、被保険者によって主として生計を維持されていること、というのがあります。つまりは、世帯分離されていても基本的には問題はないです。但し、これは国民健康保険の話であり、それ以外の場合は団体によって扶養となる定義が違うことになりますから、注意しましょう。外すまえに確認をすることです。ちなみに収入に関する条件としては、年間収入130万円未満(60歳以上又は障害者の場合は、年間収入※180万円未満)、同居の場合 収入が扶養者(被保険者)の収入の半分未満というのがあります。同居の場合、ということからもわかるように同居でない場合もよいことがあるわけです。

高齢者の世帯分離のメリット

高齢者の場合

高齢者の世帯分離というのは、実はいくつかのメリットがあります。その一つとして存在しているのが、介護費用が安くなるメリットです。介護に必要な費用や医療費というのは、世帯の収入によって保険が適用されるからです。ですから、高齢者の世帯分離というのは、保険料を安くすることができるメリットがかなりの確率で存在しています。つまりは、同世帯の家族に収入があればあるほど介護の費用というのは嵩むことになるからです。自己負担が大きくなっていく、ということです。 ですから、そのために世帯分離をするのです。そうすることによって、介護の費用を、自己負担の部分を軽くすることができるメリットがあります。一応のデメリットとして、世帯が異なるようになりますとそれぞれに住民税などが課せられることになりますが、高齢者、特に年金収入のみなどですとほぼ発生しないようなことになりますから、これを考えてみても基本的に高齢者世帯は世帯分離をするメリットのほうが大きいといえるのです。

別に悪いことではない

こうしたことを理由に世帯分離をすることを悪いこと、よくないこと、と考えている人が意外といますが、気にしないでよいです。別にまったく違法的な行為ではないです。グレーゾーンギリギリというわけでもないです。完全にシロです。まったくの合法になります。そもそもどんな形で課税するのか、負担をするのか、という方向性の問題ですから、これは別に悪いことではないのでそれは心配することはないでしょう。そもそもメリットのみならずデメリットも少なからず存在しているわけです。 それが前述の住民税の別課税、ということがまず一つとしてあります。つまりは、どんな形で課税を受けるのか、というのはこちらの手続き自体で任意にある程度できるようになっているわけです。国がそれを認めないのであればそもそも世帯分離という行為を介護を理由に行うことを禁止すればよいのです。しかし、そうしていないわけですから、これはまったく悪いことではありませんから、その心配はすることはないでしょう。実は少なからずそうした心象を持って、やるのを躊躇う人がいるのですがまったく気にすることではないです。安心して実行するようにしましょう。

世帯分離の手続き方法

具体的な方法

初回公開日:2017年03月29日

記載されている内容は2017年03月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング